★MotoGP2017日本GP ロッシ「フルウェットならペースは悪くないはず」

レースに向けてあまりポジティブな内容がないロッシ選手。ウェットコンディションでのレースとなると、雨がかなり激しく降って、路面に大量の水がない状態だと、しっかりしたグリップを発揮するのは難しいとのこと。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「昨日の転倒はラッキーでした。ハイサイドだったんですが、バイクが自分の下にきました。少し痛みがありますが、大丈夫です。足はあまり打ってないのでね。指を少し怪我しましたが、これは転倒すればいつも起こることです。かなり大きな転倒でしたから、ラッキーでしたよ。転倒したのは最高のセッティングのレースバイクでした。ですから、あのバイクを予選で使用するのが重要だったんです。でもダメージが大きすぎて大変でした。」

「今朝はいい形でスタートしたんです。フルウェットでかなりセッティングを改善出来ました。驚いたとは言いたくないですが、良いラップが出来たので嬉しかったですね。エレクトロニクスというのは金曜から土曜にかけて、そして土曜から日曜にかけて作業するんですが、これはより明確に何をするかがわかっているからなんです。ただ、大きなステップはバランスとリアセッティングに関するものです。」

「残念ながらFP4では大きく変更はしていませんが、コンディションのせいで苦戦しました。路面の水が少ない状況ではいつものようにリアグリップに苦戦しました。ですからそうした意味もあってQ2ではリスクを冒したんです。既にドライラインが見えていましたから。ただ路面はその時点ではまだかなり濡れていて、トラックも早く乾きませんでしたね。」


「ですからかなりゆっくり走る必要がありました。そしてこうやってゆっくり走っているとタイヤの温度が下がるのが早くて、通常の温度に戻すのにかなり時間がかかるんですよ。トラックの温度が低いことで、路面が乾くのに時間がかかりました。30分後もトラックも似たようなコンディションでしたね。」

「12位スタートというのは非常に厳しいですね。最も需要なのはコンディションです。もしフルウェットであれば自分達のペースはそこまで悪くないと思います。ただ、路面の水が少ないとペースは良くないでしょう。ザルコはエクストラソフトを履いて良い走りをしましたね、それに彼の乗っているM1のほうがウェットでは良い走りが出来ます。こういった物事の組み合わせでしょう。」

「今朝は自分も良い走りが出来ました。なぜかはわかりませんが、もしザルコのようにしっかりとした練習走行が出来て、後半にエクストラソフトを履いていたらどうなっていたでしょうね。ただ、いずれにしても53秒台は無理だったでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link