★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「こんな状態ではタイトル争いは出来ない」

やはりウェットでのリアグリップに苦戦する結果となったビニャーレス選手。あらゆる手段を用いて改善しようとしているようですが、現状は解決策が見えていない様子。もてぎを落とすと、タイトル争いから脱落の可能性も強まります。

Sponsored Link

マーべリック・ビニャーレス

「あらゆることを試しましたが、何も助けにはなりませんでした。今年はずっと同じトラクションの問題があります。ベストを尽くしましたが、今のバイクではこれ以上のことは出来ません。タイトル争いをしているわけですから残念ですよ。ただ、こんな状態では無理ですね。トラックに出る度にライバルがポールポジションを獲得したりする中、10位、11位とかなんですから、タイトルが逃げていくように感じます。」

「今年はずっとウェットで苦戦しています。そしてこうしてレースを、アッセンやザクセンリンクのように11位グリッドから迎えるわけです。厳しい1年ですね。コンディションが完璧は無い時は特にそう感じます。レインでは何も出来ません。スムーズに乗っても、アグレッシブに乗っても、ブレーキングを遅らせても、早くしても、問題は常に同じでトラクション不足なんです。自分もチームもベストを尽くしています。バイクを機能させるべく作業をしているんですが、現時点では不可能に思えます。この2日だけでなく、同じ問題をここ1年ずっと抱えているんです。」


「解決出来るとは思いませんが、とにかく挑戦してみます。バイクに関しても車高を上げたり下げたり、ホイールベースを長くしたり短くしたりしていますが、最終的に問題は常に同じなんです。今朝バレンティーノはウェットでかなりスピードがありました。非常に驚きましたね。彼らは異なるセッティングを使用していたので、自分も試してみたんですが、変わらずスピンが出てしまいました。」

「FP4では他のライダーの後ろで”うん。これは無理だ”と感じました。ライバル達と同じラップタイムで走り、バトルすること、これが出来ないんです。数周のうちの彼らは前にいってしまうんです。明日どうなるかですね。出来る限り良い天候を望んでいますし、その中で何かを試せるでしょう。」

「ザルコはあんなに速いのは自分にとっても謎です。どうなってるのかはわかりませんが、自分は自分の仕事をして最高の結果を目指すだけです。明日出来るのはいつも通りベストを尽くすことだけです。そして良い天候を願っています。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017 Red Bull KTM 2017年カラーのカウルで走行を開始
★MotoGP2017アルゼンチンGP ザルコ「バウティスタに付いていけなかった」
★MotoGP2017 データから見るアルゼンチンGP
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「COTAは自分にとってベストのコース」
★MotoGP2017アメリカGP10位 ミラー「ホルヘがミスをすることを願っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「Ducatiの戦闘力を上げるためにはどんな事もする覚悟がある」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「エンジンに狂ったように蹴飛ばされることはなくなった」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「チャンピオンシップは再び接近している」
★ニッキー・ヘイデン 事故から2日経過も容態は好転せず
★MotoGP2017ドイツGP ドヴィツィオーゾ「フロントのグリップ不足に苦戦」
★KTM ミゲル・オリベイラ「MotoGPマシンに乗るのは全てのライダーの夢」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストリアGPプレビュー
★MotoGP2017ケーシー・ストーナー Ducatiのバレンシアテストに参加
★MotoGP2017 9/26時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017 Ducati”サラダボックス”の中身はマスダンパー?ジャイロスコープ?
★MotoGP2017日本GP ドヴィツィオーゾ「これからの4戦がタイトル争いで重要」
★MotoGP2018 マーべリック・ビニャーレス「今年は恐らく最も苦しんだ1年だった」