★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」

日本GPで優勝したドヴィツィオーゾ選手の決勝プレスカンファレンスでのコメントの抜粋です。「最後まで諦めなかった」「リスクを取っていないと言われるがそうではない」「ライディングしながら色んなことを考えている」など、MotoGPクラス随一の頭脳はライダーであるドヴィツィオーゾ選手らしいコメントです。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

レース序盤はあまり良い感触がなかったんですが、諦めませんでした。これが自分のレースにおける鍵でしたね。ターン11のブレーキングで彼を捉える事が出来るというのはわかっていました。ターン10で彼の後ろで立ち上がり、自分のバイクのほうが彼のバイクよりもブレーキングで良いことはわかっていたんです。でも、そこから先にまだコーナーが2つありましたから、まだ何かが起こると思っていました。自分はあの2つのコーナーでは非常にスピードが遅かったんです。それに後ろのいたのがマルクでしたからね。ですからその後の左コーナーをワイドに走って彼のラインを塞ぐ形にしたんです。あれは実に良い戦略でした。ああしてしまえば、彼は(※最終コーナー)バイクの向きを変えるスペースがありませんから。」

「今回の優勝は本当にエキサイティングです。マルクと戦うのはいつもスリリングですし、今回の勝利はチャンピオンシップにとっても実に重要な戦いでした。彼をチャンピオンシップで負かすというのは本当に難しいと思いますが、木曜も話したように最後まで挑戦しようと思っています。」

「正直今日はチャンピオンシップのことは考えていませんでした。バトルも素晴らしいものでしたし、スピードも限界でしたから。これがこのスポーツの素晴らしいところで、自分達の今日のメンタリティーも良かったですね。自分達のレースへのアプローチの仕方も良かったと思いますし、しっかりとレースをコントロール出来ました。集中していましたし、2人とも練習走行から良い仕事をしていたと思います。このコンディションにしっかりと準備出来ていたと思います。」

「フィリップアイランドはもてぎとは異なりますし、マルクのお気に入りのトラックの1つですよね。ですから難しいレースになるでしょう。彼はいかなるコンディションでもいかなるトラックでも速いですから。でも昨年は良いレースが出来ましたし、今年はさらに戦闘力があります。現在はリラックス出来ていて、今はチャンピオンシップ争いをしているという妙な状況にいるんです。もしチャンピオンシップ優勝が出来るとしたら、到底本当のこととは思えないでしょうし、もしチャンピオンシップを逃すとしても、今まで素晴らしいチャンピオンシップを送ってこれたと思えます。ですからリラックしてチャンピオンシップに挑む事が出来ますし、大事なことは残りの3つのトラックでスピードを発揮することです。フィリップアイランドは天候も含めてあらゆる事が起きるでしょう。ただ、いずれにしても自分は今週の前からリラックスして挑めていますし、同じような形で戦っていきます。」

「確かにマルクと比較すると彼よりはリスクを取っていないと言えます。他のライダーと比べてもそうと言えるかもしれません。ただ、それが実際のところでもないんですよ。自分は常に快適にライディングしているように見えるかもしれませんが、自分もリスクを取っているんです。もちろんレース中盤はマルクやダニロのようには速くなかったというのは確かです。ただ自分はその中でも諦めずリスクを取ることを選びました。自分のバイクはバランスが良くて、レースの前にバランスを良くするにはどうするかを理解していました。これはウォームアップの中では出来ていなかったことで、こうした事を理解していたからこそレースでスピードを発揮することが出来たんだと思います。」

通常どの程度フロントタイヤがロックしているかというのは、あまりチェックしないほうが良いんです。というのも、自分のフィーリングに沿ってライディングをしたほうが良くて、ミシュランの場合はフィーリング以上にロックしている場合があるんですよ。データをチェックしてそれを眺めてもいい気分にはなりませんからね。ただ、ウェットでフロントがロックするという事はほとんどありません。ドライでは何度もロックしてますけどね。

自分はライディングしながら色んな事を考えているんです。ターン11で彼をオーバーテイクした時は、既にオーストリアのことを考えていましたし、既に最終コーナーの戦略について考えていました。ライディングをしている時というのは集中して色んなことを一瞬で考える事が容易に出来るんです。ですから最終コーナーではあのラインを選択しましたし、自分が望むようにコーナリングすることが出来ました。ただ、これが自分のライディングのキャラクターで、自分にとってはそれほど驚くようなものではありません。

「実際色んな部分で学習はしているんです。今年に関しては自分の結果、そしてこうしたバトルが多くの人を驚かせたと言えるでしょう。でも、自分自身は他の人のように驚いてはいません。というのも、自分のキャラクターなどはずっと変化していなくて、今年に関していきなり何かが変わったということではないんです。唯一の違いは今年はチャンピオンシップ争いをしているということで、これは昔から他のライダーとバトルをしている時も同じなんです。当然どのライダーも学習を続けてより成熟していきますし、色々な状況に少し良い形でアプローチすることが出来るようになっていきます。ただ自分の今年のレースへのアプローチというのは、そこまで変わってはいないんです。細かいことの積み重ねと良いバイクがあれば、こうした結果を得ることが出来るんです。ですから過去とそこまで変わったということではないんですよ。」

「(今シーズンは)多くのレースが素晴らしかったと思いますね。最高のレースの1つはシルバーストーンでした。残念ながらマルクはエンジンに問題を抱えていましたけどね。もし彼がバトルに加わっていれば、さらに最高のレースとなったでしょう。ただ、いずれにしても今年は本当に多くの素晴らしいレースがありました。あとはムジェロですね。あれは自分にとっては最高のレースでした。もう1つは間違いなくオーストリアですね。あと今回のレースも最高でした。2人だけのバトルではありましたけど、最後の6周は本当に凄かったと思います。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「ここで新しいフロントタイヤを試すのは面白いだろう」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017 ロッシが今年10度目のタイトルを獲得出来ると言える理由
★MotoGP2017ヘレスGP FP4結果
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント アプリリア
★MotoGP2017フランスGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「腹部と胸部にまだ痛みがある」
★MotoGP2017カタルーニャGP イアンノーネ「どこまで競争力を発揮出来るか」
★MotoGP2017カタルーニャテスト ロッシ「新しいシャーシでライディングが楽しくなった。」
★MotoGP2017 8/8時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ミサノテスト ポジティブなテストであったと語るモビスターヤマハ
★MotoGP2017イギリスGP 7位ペドロサ「フロントグループについていけなかった」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ今週末のレースを欠場、代役はなし
★MotoGP2017ミシュラン サンマリノGP決勝レースリリース
★MotoGP2017サンマリノGP レースウィークでの転倒数の新記録となる140の転倒を記録
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★MotoGP2017アラゴンGP予選2位 ロレンソ「Q2にダイレクトに進出しなくて良かった」
★MotoGP2017マレーシアGP ペドロサ「良いセットアップが見つかれば戦力は高い」
★MotoGP2017マレーシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳