★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「こういう形で作業を続けていきたい」

日本GPの決勝プレスカンファレンスから、マルケス選手のコメントの抜粋です。今年は誰がチャンピオンシップ優勝するかわからないと語るとおり、ドヴィツィオーゾ選手とのポイント差は縮まっており、残り3戦で11ポイントとなりました。フィリップアイランド、セパン、バレンシアでの2人のバトルにも注目です。

Sponsored Link

マルク・マルケス

誰がチャンピオンシップで優勝するかわかりませんが、レインコンディションで今日のような戦いをするのは素晴らしいですね。自分にとって今日は2位でも良かったんです。チャンピオンシップにおいてはまだ自分のほうが前にいますから。多くのリスクを取りましたし、今日はレース前から彼がここでは強いことがわかっていたので難しいレースになると思っていました。いずれにしても挑戦はしましたし、ウェットコンディションで良いフィーリングで走る事が出来ました。今日は路面の水が多い状態で厳しいレースでしたが、その中でリスクを冒して走りました。」

「しかしドヴィが非常に速いのがわかりました。ターン8ではミスがありましたが、あの時点でバイクはもうかなり振られている状態だったんです。その後はターン11のブレーキングで抜かれてしまいましたが、あれは彼のほうがブレーキングポイントで強いというのが理由です。かなり離されていたんですが、最終コーナーでトライしました。結局はオーストリアと同じような状況になってしまいましたけど、素晴らしい2位で、こういう形で作業を続けていきたいと思います。」

ターン3に関しては申し訳なかったと思っています。彼のラインを塞ぐ形になってしまいましたからね(笑)(※ドヴィツィオーゾ選手も横で笑い出す)ターン3にはカメラは無かったと思いますけど、自分は彼からかなり離れた場所でブレーキングを開始したんです。インに入れば彼を抜けると思ったんですが、あれは限界の走りでした。それ以降のバトルはクリーンでしたし、大いに楽しむ事が出来ました。これで、もてぎという自分が数年苦しんでいたサーキットでのレースが終わりました。これからは自分が普段楽しんで走ることが出来ているサーキットに向かいます。」

「チャンピオンシップはもう決まったようなもんだという人もいますけど、16ポイントだったものが、今や11ポイントです。非常に優勝するのは難しくて、ドヴィも実にコンスタントに走っています。レインコンディションでも彼は非常に強いですよね。オーストラリア、マレーシア、バレンシアも全てレインコンディションである可能性もありますよね。ただ、一番重要なのはいかなるコンディションであっても、自分達がトップにいるということなんです。出来る限り最高の形で進めていきたいですね。」

今年は22回、23回くらい転倒していますけど、これは自分がプッシュしているからなんです。これはプッシュをしていないからではなくて、常にプッシュを続けていて、全てのポイントが大事になると思っているからなんです。ただ、今年は非常にタフなチャンピオンシップになっていて、どのトラックでどのバイクの戦闘力が高いのかを理解する必要がありますし、これは気温によっても変化してきます。それにバイクのセットアップ、今日のように路面の水の量などによって変わってきます。そういった意味で素早く対応する必要があるんです。ですから自分も多くのリスクを冒している状態です。今年は誰がチャンピオンシップ優勝するのかはわかりませんが、自分達は多いに学んで成長していると思います。今年は自分達のフィーリング以上にプッシュをしている状態ですから。

「昨年は自分達のバイクはウェットコンディションでかなり良い動きをしていました。今年はより難しいと感じますけど、ラップタイムは出ているんです。最後のブレーキングポイントではバイクを信じる必要があって、そうしてブレーキをリリースする必要があるんです。本当に怖いと感じる瞬間は何度もあって、何度もハイサイドするかもと思う瞬間があるんです。ただそこでバイクを信じる必要があって、自分達は素晴らしいセットアップを見つける事が出来ています。それに自分達はどのサーキットでもスピードを発揮出来ていますから嬉しく思っていますし、これがチャンピオンシップでは重要なことなんです。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「予選順位を改善し良いセットアップを見つけたい」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「より2016年に近いアプローチで走る必要がある」
★MotoGP2017ヤマハ マッテオ・フラミニが語るロッシと電子制御
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★ホンダ・レーシング マクギネスの怪我を受けて今年のノースウェスト200から辞退
★MotoGP2017フランスGP マルケス「今回のル・マンもどうなるかわからない」
★MotoGP2017イタリアGP ニッキー・ヘイデン選手のチャンピオンシップ優勝マシン「RC211V」などを特別展示
★MotoGP2017オランダGP ドヴィツィオーゾ「コンスタントに速く走ることを考えていた」
★MotoGP2017ドイツGP アレイシ・エスパルガロ「ダッシュボードメッセージには危険性もある」
★MotoGP2017ブルノテスト アレイシ・エスパルガロ「トップスピードは上位のバイクに接近している」
★MotoGP2017ミシュラン チェコGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オーストリアGP ビニャーレス「これからのレースでは表彰台獲得が重要」
★MotoGP2017オーストリアGP6位 ビニャーレス「チャンピオンシップ争いをするにはリアのグリップ低下が課題」
★MotoGP2017イギリスGP 予選2位ロッシ「レースペースは良いとは言えない」
★MotoGP2017サンマリノGP マルケス「今までと同じメンタリティーで挑む」
★MotoGP 2018年の暫定カレンダー発表 史上初の全19戦開催へ
★MotoGP2017アラゴンGP予選1位 ビニャーレス「序盤から最後までプッシュすることが重要」
★MotoGP2017 来年以降のプレシーズンテストなどのあり方が変更される見通し
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「フィジカル面ではもう問題ない」