★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」

日本GPのプレスカンファレンスから、ペトルッチ選手のコメントの抜粋です。今回のレースではエクストラソフトタイヤを履くというギャンブルを冒し、「初優勝出来るか?」と思ったとのことですが、常に問題である2人のライダーによって、その希望が絶たれてしまいました。残り3戦でどこまで存在感を発揮出来るかに注目しましょう。

Sponsored Link

ダニロ・ペトルッチ

「トップを走っている時は初優勝出来るかと考えていたんです。ただ、毎回問題が2つあって、これはいつもドヴィとマルクという2人の存在なんです。ただミサノとアッセンの表彰台よりも今回は嬉しいです。あの時は最終ラップに初優勝を逃しましたから。今回に関しては最終ラップで優勝を考えるのは不可能でした。今日はエクストラソフトを履くというギャンブルを冒したんです。」

「当初バイクは非常に良いフィーリングだったんですが、100%でプッシュしないようにしていました。その時点で後続と2秒以上の差がありました。ただ後半になってタイヤがスピンを初めてしまいました。特にストレートではスピンとスライドがひどくてスロットルを全開にすることが出来なかったんです。ドヴィとマルクは今日は本当に素晴らしいレースをしたと思います。最後の最後までプッシュしていて、後ろから彼らのバトルを見るのは楽しかったですね。この結果には満足しています。」

「正直素晴らしいシーズンになっていると思います。残念ながらノーポイントで終わったレースが多いのが残念です。優勝争いと関係ないところで転倒したり、バイクが故障したり、とにかく来年に向けて良い形で準備は出来ています。来年はもう少し良い形でチャンピオンシップ争いが出来るでしょう。現時点では今年のチャンピオンシップに満足しているんです。残りは3戦ですが自分も好きなトラックですから、良いレースにしたいと思います。」

「自分はフロントがロックするのが嫌なんです。これは自分がフロントにかなり荷重をかけて乗るからなんです。ですからフロントがロックしているというのは、自分にとっては問題なんです。データを見る限りではドヴィのほうがブレーキングが自分よりも強力なんですけど、彼のほうがフロントはロックしているんですよね。ただ、自分はこのフロントがロックするという感触が嫌いなんです。ですから、彼はこの部分で他のライダーと違いを生み出しているのかもしれません。今回ウェットでは自分はいつもより良い感触がありました。でもこのタイヤでは、タイヤのロックに関してはより注意して集中している必要がありますね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 KTMマイク・レイトナー「今は前進あるのみ」
★MotoGP2017カタールGP FP1結果
★セーフティーコミッション 2016年フロントタイヤの使用はアメリカズGPへ持ち越し
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「1年前にこんな結果は予想出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP スズキのチャンピオン達がCOTAに集結
★MotoGP2017スズキ リンスのレース復帰は6〜8週間後の見込み
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017 サム・ローズ「新カウルのウイリー抑止効果は高い」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は良くなっているが、息をするのが苦しい」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「既に他のライダーと話を進めている」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「新しいフェアリングは明らかに利点がある」
★MotoGP2017オランダGP フランコ・モルビデッリMarc VDSとの2年契約を交わす
★MotoGP2017ドイツGP Q2結果
★交通事故で入院していたアンヘル・ニエト 木曜日に息を引き取る
★MotoGP2017サンマリノGP 予選1位ビニャーレス「良いレースが出来る自信がある」
★ロッシ ファンクラブ副社長「他の選手に野次を飛ばす人間にはファンの資格はない」
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「自分達は難しい状況にある」
★MotoGP2017オーストラリアGP Q1結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」
★MotoGP2017ミシュランタイヤ バレンシアGP決勝レースリリース