★MotoGP2017日本GP ロッシ「氷の上を走っているような感じだった」

まるで氷の上を走っているようだったと語るロッシ選手。今週末のあらゆるレインコンディションの中でグリップを発揮出来なかったことから、この問題をしっかりと理解する必要があると語ります。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「大きな転倒でした。昨日もそうでしたけど、決勝の転倒はもっと酷かったです。今日はターン7で、昨日はターン8でした。今回もまたハイサイドでしたね。エスパルガロの後ろで、彼のペースについて行こうとしていたんです。ただ左サイドのグリップが全くない状態だったんです。まるで氷の上をライディングしてるみたいでした。

「スロットルをコンスタントに開けている状態では非常に良いペースで走る事が出来ました。何が起きているのかに気づいた時は、既に宙に浮いていました。足が問題なかったというのはラッキーでした。全身が痛みますが、そこまで酷い状態ではありませんから大丈夫です。」

「今週はずっと苦戦していました。しっかりとしたグリップが無かったので非常に難しかったです。特にリアのグリップがなかったので、これがなぜなのかを理解する必要があります。 思うにうちのバイクとミシュランのタイヤのマッチングが良くないと感じています。ほとんど全ての状況でそうですけど、特にウェットでは顕著です。」

「ですからこれを理解する必要があるんです。今週はずっと寒かったわけですが、あらゆるウェットコンディションがありました。(レインタイヤにとって)水が多い状態、十分な水が無い状態など。でもその全てで自分達は苦戦をしていました。」

「昨年と比べるとミシュランと話をしても、昨年より状況を理解しにくいですね。タイヤがより柔らかいように感じて苦戦してしまうんです。ただ、これは自分が思うことであって正しいかどうかはわかりません。」

「バイクの違いがあるというのは事実なんです。バイクが違えば何かが変わってくるわけですから。でもホンダやDucatiではタイヤが機能しているというのが理解出来なくて、ヤマハに問題があるということなんでしょうね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link