★MotoGP2017日本GP 6位ロレンソ「ザルコの操縦はまるでゲーム感覚で危険」

ザルコ選手と接触したことがきっかけで順位を大きく落としたロレンソ選手はザルコ選手の走行を危険だと語ります。とは言え、シーズン前半にはその時点でチャンピオンシップ争いをしていたロッシ選手との接触をも厭わなかったザルコ選手ですから、ロレンソ選手を避けるわけもないと言えばそれまでですが。。

Sponsored Link

日本GP6位 ホルへ・ロレンソ

「何が起きたか見たでしょう。ザルコがこういう事をするのはこれが初めてでは無いんです。自分に対してではなく他の数名のライダーに対してです。彼はまるでゴーストセッティングにしてプレイステーションのゲームをするような感覚なんですよ。まるで横に誰もいないかのようにライディングするんです。非常に攻撃的に相手のポジションを奪おうとしてくるんです。接触のせいでコースの外側を走らざるを得なくなるんです。」

「問題は自分が彼のボックスに行って文句を言っても、彼は問題だと思っていないということです。彼は変わらないでしょう。誰かが彼にもっと落ち着いてライディングするように言わないと駄目でしょう。彼は何も理解していません。彼は自分が正しいと思っていて自分のしたことは良かったと思い、相手が注意すべきだと思っているんです。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017カタールGP5位 ペドロサ「プッシュすることが出来なかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017アルゼンチンGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017 ケニー・ロバーツ・ジュニア 今週末のアメリカGPでMotoGP殿堂入り
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「COTAは自分にとってベストのコース」
★MotoGP2017 ル・マンでのタイヤテストはウェットコンディションでスタート
★MotoGP2017フランスGP FP2結果
★MotoGP2017イタリアGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017 Pramac Ducati、レプソルホンダ、ブルノでテストを開始
★MotoGP2017 テック3の2018年以降のタイトルスポンサーもモンスターとなる見通し
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」
★MotoGP2017サンマリノGP 予選7位ペドロサ「良い予選走行が出来なかった」
★MotoGP2017アラゴンGP ロレンソ「良い思い出があるアラゴンで結果を残したい」
★MotoGP2017アラゴンGP6位 アレイシ・エスパルガロ「RS-GPのフレームは今まで乗った中で最高」
★MotoGP2017日本GP 野左根「この3日間は夢のような体験だった」
★Ducati by Rizoma からパニガーレV4用アクセサリーが登場