★MotoGP2017日本GP 6位ロレンソ「ザルコの操縦はまるでゲーム感覚で危険」

ザルコ選手と接触したことがきっかけで順位を大きく落としたロレンソ選手はザルコ選手の走行を危険だと語ります。とは言え、シーズン前半にはその時点でチャンピオンシップ争いをしていたロッシ選手との接触をも厭わなかったザルコ選手ですから、ロレンソ選手を避けるわけもないと言えばそれまでですが。。

Sponsored Link

日本GP6位 ホルへ・ロレンソ

「何が起きたか見たでしょう。ザルコがこういう事をするのはこれが初めてでは無いんです。自分に対してではなく他の数名のライダーに対してです。彼はまるでゴーストセッティングにしてプレイステーションのゲームをするような感覚なんですよ。まるで横に誰もいないかのようにライディングするんです。非常に攻撃的に相手のポジションを奪おうとしてくるんです。接触のせいでコースの外側を走らざるを得なくなるんです。」

「問題は自分が彼のボックスに行って文句を言っても、彼は問題だと思っていないということです。彼は変わらないでしょう。誰かが彼にもっと落ち着いてライディングするように言わないと駄目でしょう。彼は何も理解していません。彼は自分が正しいと思っていて自分のしたことは良かったと思い、相手が注意すべきだと思っているんです。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 Ducati新型カウルを披露
★MotoGP2017アルゼンチンGP アブラハム「Ducatiはいつだって素晴らしいバイク」
★MotoGP2017 サム・ローズ「12位争いが出来る可能性があった。」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「少なくとも3秒台は出せる」
★MotoGP2017ヘレスGP FP2結果
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017イタリアGP 予選5位ペドロサ「最初の数週に強い走りをすることが重要」
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「ムジェロ以前のレベルを取り戻したい」
★カタルーニャGP グランプリコミッション 昨年と同様のレイアウト使用を決定
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「なぜ限界でのトレーニングが必要なのか?」
★MotoGP2017カタルーニャテスト マルケス「アシンメトリックタイヤが必要なサーキットは少ない」
★MotoGP2017オランダGP FP2結果
★MotoGP2017ドイツGP 金曜のMotoGPクラスの走行はそれぞれ10分間延長
★MotoGP2017ドイツGP 優勝マルケス「今日の勝利をニッキーに捧げる」
★MotoGP2017ドイツGP 9位ザルコ「今日はジョナスのようなペースでの走行は無理だった」
★MotoGP2017イギリスGP レッドブル・リンクでの雪辱を果たすことを誓うアプリリア
★MotoGP2017ミシュランタイヤ イギリスGPプレビュー
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★Ducati 2018年式 新型モンスター821を発表
★ミシュラン 2023年までMotoGPにタイヤを供給することでドルナと合意