★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」

接触したことについて非常に頭に来ているロレンソ選手、全く気にしていないザルコ選手という構図ですが、ザルコ選手は自分がインにいたので、ラインの優先権は自分にあるという主張のようです。とは言え、一言も謝罪がないというのは将来的に禍根を残しそうです。

Sponsored Link

日本GP8位 ヨハン・ザルコ

「ロレンソとの接触はレースのだいぶ序盤の事でした。フロントに自信があってターン9でアタック出来たんです。ロレンソはコーナーの外側を維持しようとして、自分からは彼があそこにいるのが見えませんでしたし、彼があそこに留まるとも思っていませんでした。自分は普通に走行ラインで加速したので接触がありました。ただ、レースでは普通のことでしょう。それに自分がインにいたんですから自分に優先権がありますしね。」

「良いスタートが出来て、良いフィーリングがありました。序盤からリアがスライドしていましたが、コントロール出来ましたし、全体的にフロントは非常に良いフィーリングでした。ですからブレーキングでも良い位置をキープすることが出来たんです。コーナーエントリーでは少し限界を感じましたが、良い走りが出来ました。抜かれる事もありましたが、抜かれた相手に付いて行く事が出来ました。」

「加速では常に失っている部分がありました。面白いのはシーズン序盤も同じコメントをしているんですが、これはドライコンディションの事なんです。ですから良い仕事が出来ているんだと思いますよ。4番手で走っている時は、フロントにもっと自信が欲しいと思っていて、徐々にスピードを上げて前のライダー達を捉えることが出きるかと思っていました。ただ実際は逆でした。ブレーキングでは良かったんですが、タイヤのグリップが無くなってくると限界に近づいてしまい、最後にはタイヤのグリップが無くなってしまいました。」

「スピンが多く発生し、ストレートでもスピンしている状態でした。なんとか解決策を見つけようとしたんです。フルスロットルを維持したり、スロットルを閉じたりね。ただリンスや他のライダーにストーレートで捉えられてしまいました。タイヤの真ん中が完全に無くなってしまった状態だったんです。そのせいで終盤にポジションを失ったんですよ。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link