★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売

Hondaは、シンプルでありながら幅広い年齢層に支持されるデザインで、取り回しやすい車体サイズに、力強い出力特性と環境性能に優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載した50cc原付スクーター「タクト」と、低シート高タイプの「タクト・ベーシック」に平成28年排出ガス規制対応を施すとともに、カラーバリエーションを変更し10月17日(火)に発売します。

Sponsored Link

「タクト」および「タクト・ベーシック」は2015年1月の発売以来、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックス※2の採用やシンプルなデザインなどで幅広い層のお客様から支持されており、日常での使い勝手を考慮したフロントのインナーラック、被視認性の高い大型マルチリフレクターヘッドライトやテールランプ、軽い力で掛けられるセンタースタンドを採用。「タクト・ベーシック」は「タクト」と比較しシート高を15mm下げ、より足つき性に配慮したモデルとしています。

今回「タクト」はシックで落ち着いた印象のヘビーグレーメタリック-Uを新たに採用し全2色を設定。「タクト・ベーシック」は鮮やかで上質感のあるキャンディーブレイズオレンジを新たに採用し、継続色の5色を加えた全6色の豊富なカラーバリエーションとしています。

●タクトのカラーバリエーション
・ヘビーグレーメタリック-U(新採用)
・キャンディーノーブルレッド
●タクト・ベーシックのカラーバリエーション
・キャンディーブレイズオレンジ(新採用)
・グリントウェーブブルーメタリック
・キャンディーアルカディアンレッド
・ポセイドンブラックメタリック
・マホガニーブラウンメタリック
・フォースシルバーメタリック
※1enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2ラゲッジボックスにはヘルメットの形状・大きさによっては入らない場合があります。付属のヘルメットホルダーをご使用ください

タクト(ヘビーグレーメタリック-U)


タクト・ベーシック(キャンディーブレイズオレンジ)


●販売計画台数(国内・年間)
29,000台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
タクト
178,200円(消費税抜き本体価格165,000円)
タクト・ベーシック
165,240円(消費税抜き本体価格153,000円)
* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 タクト
車名・型式 ホンダ2BH-AF79
全長×全幅×全高 (mm) 1,675×670×1,035
軸距 (mm) 1,180
最低地上高 (mm) 105
シート高 (mm) 720【705】
車両重量 (kg) 79【78】
乗車定員 (人) 1
最小回転半径 (m) 1.8
エンジン型式・種類 AF74E・水冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 49
内径×行程 (mm) 39.5×40.2
圧縮比 12.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 3.3[4.5]/8,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 4.1[0.42]/6,000
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※4(km/h)
80.0(30)<1名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)※5
58.4(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L) 4.5
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1 速 2.850~0.860
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/75
タイヤ 80/100-10 46J
80/100-10 46J
ブレーキ形式 機械式リーディング・トレーリング
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン



道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
【 】内は、タクト・ベーシック
※3燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★MotoGP2017アルゼンチンGP 3位クラッチロー「カタールの後にこうした結果で嬉しい」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「外部の意見は関係ない。自分が自分のゴールに集中している事が重要」
★MotoGP2017フランスGP 予選4位クラッチロー「ヤマハのような戦闘力を発揮するのは難しい」
★天国へ羽ばたけ ニッキー・ヘイデン 気さくなスターを応援するために掲げたアメリカ国旗
★MotoGP2017オランダGP マルケス「ホンダはどんどん良くなっている」
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★MotoGP2017チェコGP ペドロサ「ブルノはカレンダーの中でもお気に入りのトラックの1つ」
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー 第6頚椎を骨折したまま5位を獲得
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★1/8 HONDA RC213V-S X-Rider RC Bike 予約販売開始!! [先着100名様限定 ライダーフィギュア & 充電器 プレゼント!!]
★MotoGP2017ジャック・ミラー トレーニング中の骨折で日本GPを欠場 
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「明日は高速コーナーの安定性を改善したい」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 マルケス「2018年のプロトタイプエンジンは良い感触」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ダニ・ペドロサ