★ヤマハ スリムで優美なスクーター「MIO S」 インドネシアで発売

ヤマハ発動機株式会社は、小柄な女性にも扱いやすく、スリムでスタイリッシュなボディが特徴の125ccスクーターの新製品「MIO S」(ミオS)を2017年10月からインドネシアで発売します。

「MIO S」は、現行のスクーター「MIO」のプラットフォーム展開モデルです。定評の”BLUE CORE”エンジンなどを継承するとともに、新たに1)スリムなフロントパネルと優雅なボディデザイン、2)余裕ある足元スペースと質感ある布地調内装、3)アンサーバックシステムおよび「MIO」シリーズ初のLEDヘッドライトなど、を採用。リーズナブルかつスタイリッシュなスクーターを求める18~25歳の女性のお客様を主体に、実用性を求めながらもトレンドに敏感なお客様の声にも応えました。

Sponsored Link

インドネシアの二輪市場は、年560万台(2016年当社調べ)で推移しており、スクーターが約8割を占めています。スクーターのうち約200万台は低価格帯のベーシック領域とされ、最大のセグメントとなっています。当社は2003年から同セグメントに「MIO」シリーズを投入し、スタイルと基本性能の良さで広い人気を得て、新規ユーザーを増やしてきました。この「MIO S」導入により、女性ユーザー層を取り込み、最大需要カテゴリーでの販売拡大を目指します。
なお、製造・販売はグループ会社 YIMM(PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。

「MIO S」

名称 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
「MIO S」 2017年10月 15,750,000ルピア
(ジャカルタ店頭小売価格)
30万台
(発売から1年間、インドネシア国内)


<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ビニャーレス「バイクに上手く適応出来ている」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ/ロレンソ「カタールGPの日中開催は難しい」
★MotoGP2017 ロッシ「フィーリングを見つけるのに苦戦している。」
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017 ウェイン・レイニーが語るロッシとビニャーレス
★ホンダ 125ccスポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★MotoGP2017チェコGP ザルコ「天候が読めないのでトップ10に入れたのは良かった」
★MotoGP2017オーストリアGP 予選4位ビニャーレス「セクター1、2の加速性の向上が必要」
★MotoGP2017 フォルガー「ロッシの後を継ぐのは自分かザルコ」
★MotoGP2017イギリスGP 予選4位ビニャーレス「FP4で良い仕事が出来た」
★MotoGP2017アラゴンGP4位 ビニャーレス「今のパッケージで30ポイント取り戻すのは難しい」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「状況によってはマーベリックを助けることもあるかもしれない」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「野左根の後ろを走ってみたが、彼は速い」
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」
★BMW EICMAで発表予定のモデルに関するティーザービデオを公表
★ヤマハ発動機 ロードレースおよびサーキット走行専用モデル 「YZF-R6レースベース車」を受注生産で発売
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★MotoGP2018 ビニャーレス「キャラミ・インターナショナル・トラックでの走行は最高だった」
★ホンダ 「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの受注状況について