★MotoGP2017オーストラリアGP ミラー「足の回復具合は、ほぼ100%」

日本GP前のトレーニング中に右足脛骨を骨折したミラー選手。現在はランニングも出来るほどに回復したようで、母国GPだから無理をするのではなくて、既に準備が出来る状態だから復帰をするという力強いコメントです。

Sponsored Link

ジャック・ミラー

「オーストラリアGPにはバッチリで、ほぼ100%ってところですね、今は自転車で練習していてそれなりの距離も走っています。腫れを引かせるために理学療法も取り入れています。サイクリングは衝撃も少なく、足を適切に動かす運動になっています。右足の脛骨にはプレートとビスが8本入っています。来年のクリスマスまではそのままです。出来る限り取り出したいと思っているんですが、医者からはあまり急ぐなと言われています。ですから、こいつらと一緒に来シーズンを過ごすことになります。」

「練習はアンドラでマーベリックとリンス、クアルタラーロと一緒でした。転倒の際はフロントが滑ったので、過去に何度もそうしているように右足を出したんです。何かの拍子で足がつっかえたことで、脛骨が折れて、膝の上下に大きな血腫が出来てしまったんです。フロントからの転倒をセーブした後に、右足がブラブラで筋肉も張っていない状態でした。骨が折れていたんです。前にも酷い骨折は何度もしてますが、今回は折れた時にほとんど何も感じませんでした。」

「その日のスタート地点からかなり遠い所だったので、足が折れたまま丘を下って帰ったんです。これもあまり痛みはありませんでした。膝の上の部分を見る限りで脱臼しているのかなと思っていたんですよ。フィリップアイランドではどんな理学両方が必要かわかりません。ただやらねばならない事をするだけで、この1週間でかなり良くなっているんです。今は必要があればランニングも行けますから。オーストラリアだからというだけでなく、来週からすぐにレースが出来ますよ。それがどこであろうとね。ホームレースで復帰出来るのはボーナスみたいなもんです。オーストラリアだから無理して復帰するんじゃなく、本当の意味で準備が出来てますよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ドヴィツィオーゾ「スピードは十分。既にレースに向けた作業が出来る」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ダウンフォースは以前のウイングレットに非常に近い」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ミラー「カタールに戻ってくるのが待ち遠しい」
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「少しプレッシャーを感じる」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「今年は良いレースにしたい」
★MotoGP2017オランダGP FP2結果
★MotoGP2017ドイツGP 3位ペドロサ「リアグリップに苦戦した」
★MotoGP2017 Avintia Ducatiロリス・バズ 腕上がりの手術成功
★MotoGP2017チェコGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★MotoGP2017アラゴンGP ロッシ骨折から21日のスピード復帰 明日のFP1出走へ
★MotoGP2017アラゴンGP FP4結果
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「最後まで諦めなかったのが鍵」
★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」
★MotoGP2017マレーシアGP FP1結果
★MotoGP2017バレンシアGP FP4結果
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー バレンティーノ・ロッシ
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー ホルへ・ロレンソ