★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売

ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D’OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売

Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風効果の高いフロントカウルを装着した「CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール)」を高回転域での出力やハンドリング性能を向上させ、各部の熟成を図るとともに、平成28年度排出ガス規制の法規対応を施して10月20日(金)に発売します。

Sponsored Link

CB400 SUPER FOURは1992年4月に「PROJECT BIG-1(プロジェクト ビッグワン)」※1の開発コンセプトを踏襲した400ccロードスポーツモデルとして発売。ハーフカウルを装備したCB400 SUPER BOL D’ORをタイプ追加するなど、1992年の初代モデル発売以来、四半世紀に渡り進化を続け、熟成を重ねるとともに、豊富なバリエーションで幅広い層のお客様から支持され続けているロングセラーのロードスポーツモデルです。

※1PROJECT BIG-1とは、
「水冷・4サイクル・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載していること」
「その躯体はあくまでもセクシー&ワイルドであること」
「走る者の心を魅了する感動性能を有すること」
を基本コンセプトとしている

=今回のCB400シリーズの主な変更点=

・スロットルボディーと排気系の刷新により、最高出力を従来モデル比で+2kwの41kwに向上させた直列4気筒エンジン。
・直列4気筒らしい伸び感のある排気音を実現した小型2室構造マフラー。
・軽快なハンドリング性能をさらに熟成させた前後サスペンション。
・CB400 SUPER FOURに伝統と先進を融合させた丸形LEDヘッドライトを採用。
・安心のライディングをサポートするABSをCB400 SUPER BOL D’ORの全タイプに標準装備。
・燃料タンク上面に配したPROJECT BIG-1誕生25周年記念専用マーク。
・前後ホイールに空気圧調整時の利便性に配慮したL字型エアバルブを採用。
・左シートカウル下にプッシュタイプのヘルメットホルダーを採用。
カラーバリエーションは「CB400 SUPER FOUR」、「CB400 SUPER FOUR<ABS>」、「CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>」、「CB400 SUPER BOL D’OR<ABS>E Package」とも、グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック、パールサンビームホワイトの3色を設定しています。


CB400 SUPER FOUR
(グリントウェーブブルーメタリック)


CB400 SUPER BOL D’OR(パールサンビームホワイト)
販売計画台数(国内・年間) CB400 シリーズ合計 2,300台

●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CB400 SUPER FOUR グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック
815,400円(消費税抜き本体価格 755,000円)

CB400 SUPER FOUR パールサンビームホワイト
847,800円(消費税抜き本体価格 785,000円)

CB400 SUPER FOUR〈ABS〉
グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック
866,160円(消費税抜き本体価格 802,000円)

CB400 SUPER FOUR〈ABS〉 パールサンビームホワイト
898,560円(消費税抜き本体価格 832,000円)

CB400 SUPER BOL D’OR〈ABS〉
グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック
947,160円(消費税抜き本体価格 877,000円)

CB400 SUPER BOL D’OR〈ABS〉 パールサンビームホワイト
979,560円(消費税抜き本体価格 907,000円)

CB400 SUPER BOL D’OR〈ABS〉E Package
グリントウェーブブルーメタリック、グラファイトブラック
1,015,200円(消費税抜き本体価格 940,000円)

CB400 SUPER BOL D’OR〈ABS〉E Package パールサンビームホワイト
1,047,600円(消費税抜き本体価格 970,000円)
*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 CB400 SUPER FOUR CB400 SUPER BOL D’OR
車名・型式 ホンダ・2BL-NC42
全長×全幅×全高 (mm) 2,080×745×1,080 2,080×745×1,160
軸距 (mm) 1,410
最低地上高 (mm)★ 130
シート高 (mm)★ 755
車両重量 (kg) 199[201] 205【206】
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 2.6
エンジン型式・種類 NC42E・水冷4ストロークDOHC4バルブ4気筒
総排気量 (cm3) 399
内径×行程 (mm) 55.0×42.0
圧縮比 ★ 11.3
最高出力 (kW[PS]/rpm) 41[56]/11,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 39[4.0]/9,500
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※4
31.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※5 21.2(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 18
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.307
2 速 2.294
3 速 1.750
4 速 1.421
5 速 1.240
6 速 1.130
減速比(1次★/2次) 2.171/2.933
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°5´/90
タイヤ 120/60ZR17M/C(55W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダブルクレードル

[ ]内はCB400 SUPER FOUR<ABS>、【 】内はCB400 SUPER BOLD’OR<ABS>E Package

■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
※3燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
■製造事業者/本田技研工業株式会社

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017マルク・マルケス「食事で重要なのは炭水化物、肉とフルーツ」
★MotoGP2017カタールテスト2日目 マルケス「目標は開幕戦から優勝争いをすること」
★スズキ GSX-Sシリーズの新型モデル「GSX-S750 ABS」を発売
★Vyrus 986 M2遂に市販化 価格は303万円
★排気量3%アップながら出力18.3%アップの新エンジン搭載 スポーツモデル「YZF-R15」をインドネシアで発売
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★MotoGP2017 ペドロサ「腕上がり手術のドクターを紹介してくれたのはニッキーだった」
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★ヤマハ 北米向け新型クルーザーモデル「Star Venture」を発売
★HRC CBR250RR Dream Cup レーススケジュール
★MotoGP2017ドイツ 予選1位マルケス「明日はドライレースを希望」
★MotoGP2017 カル・クラッチロー「全てのコーナリングでマルクは他のホンダライダーよりも優れている」
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上選手Moto2クラス イギリスグランプリにて今季初優勝!
★MotoGP2017日本GP マルケス「現時点で転倒することは問題ない」
★MotoGP2017日本GP 2位マルケス「こういう形で作業を続けていきたい」
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「最も重要なのはドヴィの前でレースを終えること」
★MotoGP2017マレーシアGP クラッチロー「2018年型RC213Vは2017年の改良型だといい」
★ホンダ 原付二種スクーター「リード125」の外観を一新するとともに、仕様装備を充実させ発売
★2018年のMotoGPの見どころ(その2) 2018年のタイトル獲得最有力候補マルク・マルケス