★MotoGP2017オーストラリアGP ロレンソ「ドヴィを助けられるかどうかはレース次第」

コーナーにおける旋回性というロレンソ選手の強みがDucatiの弱みというのが、現時点のDucatiの問題ですが、ロレンソ選手は徐々にあまり考えずにライディング出来るようになっていると語ります。Ducatiがチームオーダーを出すのかどうかは定かではありませんが、確かにドヴィツィオーゾ選手を助けてマルケス選手を抑えるには、少なくともマルケス選手より良いペースで走れるということが必要条件になってくるでしょう。

Sponsored Link

ヤマハでは自分のライバルと比べても、同じか良いペースがありました。序盤のペースが圧倒的に速かったので簡単に逃げ切る事が出来たんです。そしてそれ以降はライバルは自分を捉えることは出来なかったんですよ。今現在は良いペースで走ることは出来ますけど、他のライダー達よりも優れたペースというわけではないんです。実際のところライバルよりもペースが悪いこともあって、そうなると結局追いつかれてしまうんです。」

「あちこちで0.1秒単位で取り戻しています。今シーズンがスタートした時は、ライバルよりも0.7秒、1秒ほど遅いという状況でしたが、現状は0.1秒から0.3秒遅れです。トラックにもよりますけどね。今週末はどうなるかでしょう。バイクに乗る度に、あまり考えないで乗る事が出来るようになっています。しかし完全に自然体で乗るのを妨げている何かがあるというのも確かにそうなんです。

「日本では、少しペースが落ちた瞬間がありましたが、これは短い間に5台、6台のバイクに抜かれたからなんです。少し考えすぎてしまって、自然なフィーリングを失ってしまったんです。順位を回復するのには数周必要でした。バイクはかなり良くなりましたし、Ducatiも新しいパーツを投入し、それも助けになっています。ただ、まだ自分強みを全て活かせているわけでもないんですよ。」

ドヴィを助ける事が出来るかどうかは、レースの状況にもよるでしょう。しかし、ドヴィを助けるということは、マルケスやドヴィよりも速くないといけません。これは簡単なことじゃないですよ。ドヴィに何が出来るかをその時に考えましょう。」

「こういうことはチームメイト間で常に目にする事です。Ducatiに関しては幸運にも3台のオフィシャルバイクがあります。ですからこれらのバイクからの情報をフルに利用することが出来るんです。これは自分がDucatiにやってきた時からそうでしたし、これらの内容がドヴィツィオーゾを助けることになるわけです。」

「マルケスはこの11ポイントを守るに入りとは思いません。もし彼がそのスタイルを変えるとしたら、それは自分達が知っているマルケスではありません。マルケスは昔からリスクを冒す走りをしてきましたし、ドヴィツィオーゾもあらゆることに気を配って走っています。どちらも今のスタイルを続けていくと思います。」

「ドヴィは勇敢にアグレッシブになる必要がある時は、そういう走りが出来るんだということを証明してますね。ただこれはあくまでも彼がマルケスを見て、彼のレベルを理解しているからこそしているわけでしょう。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link