★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」

2日目のカタールテストでは2位タイムを記録したロッシ選手。初日の結果から色々と心配されていただけに、まずは一安心といったところでしょうか。特にウインターテストの最初から良い感触がなかったフロントエンドの感触がかなり良くなったとのこと。

(Photo courtesy of michelin)
ヴァレンティーノ・ロッシは、カタールテスト2日目に彼をずっと悩ませていたフロントエンドの問題に関してブレイクするーを遂げ、喜びに満ちていた。ロッシは初日にはDucatiのドヴィツィオーゾから0.8秒遅れのタイムで、7位タイムとなった。土曜日にはチームメイトのビニャーレスから0.277秒遅れで1:54.732のタイムを記録し、2位タイムとなった。ロッシはこの日ターン7で転倒したが怪我はなかった。ロッシはフロントエンドに関して著しい改善が出来たことで良いムードでこの日を終えた。

Sponsored Link

ヴァレンティーノ・ロッシ

「バイクのフィーリングをかなり改善することが出来ました。ウインターテストの間にはこの部分関してずっと苦戦していたんですよ。明日も同じ方向でテストを続け、バイクを理解するためにペースをしっかりと作りたいですね。この新しいバイクで初めてフロントに良い感触が持てました。これでコーナーに高速にエントリー出来ます。色々と試したんですが、ヤマハにありがとうと言いたいですね。本当に色々とサポートしてもらいました。特にフィリップアイランドでは最悪だったので、その後にサポートしてもらったことが大きかったですね。」

「バイクの重量配分に関して大きな変更をしました。ただバイク自体は変わっていません。2017年のバイクのテストの最初の段階からフロントに良い感触がなかったんです。バレンシア、セパン、フィリップアイランドでもかなり苦戦していました。フィリップアイランドでは何も見つけることが出来なかったので本当に残念だったんです。ヤマハはここにいろいろアイディアを持ち込んでくれて、それで良い感触を得ることが出来ました。2回目の走行で走ったターン7の後にフロントを失ってしまいました。少し痛みはあるんですが大丈夫です。今日はペースもかなり改善出来ましたし、ラップタイムもそうですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのサーキットで速く走る事が出来ると証明出来た。」
★MotoGP2017アプリリア ロマーノ・アルベシアーノ「全ての面で向上を続けることが必要」
★MotoGP2017 データから見るカタールGP
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「今週は表彰台を獲得したい」
★MotoGP2017アメリカGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017ヘレスGP 予選3位クラッチロー「蜂に胸の辺りを何度も刺された」
★「E-KIZUNA Project 協定」に基づくヤマハ発動機・さいたま市の連携について
★MotoGP2017チェコGP ロッシ、マルケスが語るアンヘル・ニエト
★MotoGP2017オーストリアGP FP4結果
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★MotoGP2017サンマリノGP FP1結果
★MotoGP2017アラゴンGP ロレンソ「良い思い出があるアラゴンで結果を残したい」
★MotoGP2017アラゴンGP Q1結果
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★MotoGP2017日本GP 6年連続で中須賀がワイルドカードで日本GPに出場
★MotoGP 2017 もてぎの過酷なブレーキングにはブレンボの340 mmディスクがマストアイテムです
★MotoGP2017日本GP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 ブロック・パークス フォルガーの代役としてオーストラリアGPに参戦
★MotoGP2017オーストラリアGP ロッシ「ザルコをファクトリーバイクに乗せるのはちょっと。。」
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」