★MotoGP2017オーストラリアGP 4位ザルコ「マレーシアでも優勝を狙っていく」

今回、フィリップアイランドのレースをエキサイティングなものにした立役者と言えるのがザルコ選手でしょう。マルケス選手、ロッシ選手、ビニャーレス選手相手に一歩も引かずに、激しいオーバーテイクを何度も見せてくれました。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「本当に凄いレースでした。良いフィーリングがあって戦う事が出来ました。良いスタートでしたが、ミラーに抜かれた時接触しそうだったのでスロットルを閉じたんです。トップを走るライダー達とレースをしたいと思っていました。そう出来ると思っていましたから、戦って他の選手達をオーバーテイクしたんです。その後レースをリードして逃げようと思ったんですけど、このトラックでトップを走りながらトラクションをしっかりと維持するのは難しくて、またバトルをすることになってしまいました。」

「他のライダー達もアグレッシブなオーバーテイクをしかけてきましたし、マルケスとも激しいバトルがありました。ただ、これもレースの一部です。今までにこんなスピード域で戦ったことはないので、本当に素晴らしかったですね。まるでMoto3のようなレースですが、速度は100km/h以上速いんです。これは体験しないとわからないですよ。」

「マーベリックがターン4でマルケスを抜いたんですが、自分もマーベリックとほとんど同じスピードだったので、自分もインに入りました。ただマルケスはコーナーエントリーが非常に強い選手です。そこで自分は原則せざるを得なくなり、接触してしまったんです。ただ、マルケスの動きも素晴らしかったですね。何かをリアに感じた瞬間に彼はバイクを起こし、それで2人とも転倒せずに済んだんです。」

「激しいレースでしたけど、マルケスもバレンティーノに、イアンノーネもターン6で自分に同じ事をしました。それにクラッチローも自分の膝に接触しましたしね。ただ、自分達はファイターですから、戦い続けなければいけません。」

「最後は2位を獲得しようとしたんです。ロッシの後ろで立ち上がって良い形になると思っていました。ロッシはブレーキングが本当に強力でしたし、しっかりとしたブロックラインで、彼の確かな経験を感じました。ですから最終コーナーでロッシとは異なるラインで、より良い形で立ち上がろうとしたんです。ただ、結局は2位ではなく4位になってしまいました。」

「4位に終わりましたけど、大丈夫です。こういう素晴らしいバトルとレースの後ですから、この素晴らしい瞬間を楽しみたいと思います。このレースに関して最終的な結果を嘆くというのは間違っているでしょう。優勝ライダーから1.8秒遅れ、ほぼ2位だったレースですから、何もがっかりする必要はないでしょう。」

「300km/hオーバーで戦うというのは他のサーキットでも有りえますが、ここでは200km/h以下になるということがほとんどありません。素晴らしい事ですし、ライダーコーチに電話して一緒にレースを見たいですよ。今日はソフトを前後に履きましたが、これは自分にとっては正しい判断でした。優勝争いが出来ましたからね。マルケスには逃げられてしまいましたが、彼はより状況を上手にコントロールしたということです。ただ自分も優勝争いをする準備が出来ていると言えるでしょう。」

「以前もロッシ、マルケスの走りは見ていましたが、彼らは確かに宇宙人ですね。彼らはこのスピードで戦い、非常に多くの事を分析する事が出来るんです。本当に凄いことですよ。今日はここまで戦闘力が高く、快適に走れるとは思っていませんでした。ですから、マレーシアでも同じく優勝を狙っていきたいと思います。トップライダー達と戦って良いフィーリングがあれば、優勝も狙えるでしょう。こういう自信を得ることが出来たというのは良いことですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 LCRホンダ2017年のカラーリングを披露
★MotoGP2017カタールテスト2日目 マルケス「目標は開幕戦から優勝争いをすること」
★MotoGP2017 ビニャーレス「戦闘力は高いと思っている」
★MotoGP2017アメリカGP FP1結果
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「明日はドライになることを希望」
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★MotoGP2017ドイツGP ペドロサ「カレンダーの中でもお気に入りのトラック」
★MotoGP2017ドイツGP 予選9位ロッシ「何が起きているのかわからない」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」
★MotoGP2017サンマリノGP 優勝マルケス「キャリアの中でもベストと言えるレース」
★MotoGP2017アラゴンGP12位 イアンノーネ「今までのレースより苦戦しなかった」
★MotoGP 2017 もてぎの過酷なブレーキングにはブレンボの340 mmディスクがマストアイテムです
★MotoGP2017オーストラリアGP 13位ドヴィツィオーゾ「スピードが無かったという事が問題」
★MotoGP2017マレーシアGP ファン・デル・マルクがフォルガーの代役として参戦
★MotoGP2017バレンシアGP FP2結果
★MotoGP2018アメリカGP 6位ザルコ「ドヴィツィオーゾのペースについていけなかった」