★MotoGP2017カタールテスト2日目 アレイシ・エスパルガロ「レースではこんなリスクは冒せない」

アプリリアで調子が良さそうなアレイシ・エスパルガロ選手。2日目はなんと5位タイムを獲得して本人も嬉しそうです。ただ、あくまでかなり無理してこのタイムということのようなので、レースペースではどの程度の順位なのかは未知数です。

(Photo courtesy of michelin)

アレイシ・エスパルガロは土曜日の走行の結果(※5位)にあまり興奮せずに、あくまでも目標はチームローンチの際に述べた開幕戦でトップ10に入ることだと延べた。

Sponsored Link

エスパルガロはこの日5位で、序盤に転倒、その後のセカンドバイクで技術的な問題に悩まされた。フロントに変更を加えたことでRS-GPのコーナーエントリーは落ち着きを得、これによってエスパルガロは他が真似出来ないアグレッシブなスタイルで走行することが出来るようになった。

アレイシ・エスパルガロ

「楽観的に考えていて、さらにもっともっと上を目指しています。ただ現実的になる必要もあります。自分達は周りが思っているよりもずっと良い状態ですよ。チームのみなは本当に喜んでいてやる気に溢れてますね。皆ハードに働いて来ましたから、これはある意味ご褒美のような感じですね。ステップ・バイ・ステップで進む必要があって、5位タイムに入るためにはかなりのリスクを冒す必要があります。レースではこうしたリスクは冒せません。ポイントを獲得して完走したいですからね。」

「1コーナーで転倒してしまったので時間をかなり失いましたけど、それでも今日の結果は嬉しいですね。その後セカンドバイクで走り出したんですが、エレクトロニクスの問題でコースの中で止まってしまいました。そしてさらに時間を失う事になったんです。これは別にしてもフロントエンドに関しては一歩前進しましたね。昨日はコーナーエントリーで非常に不安定だったんです。今の状況には満足しています。まだ試すべき事は沢山ありますが、明日そうした作業を行って、後はレースシミュレーションですね。どんどんバイクに慣れていますし、フィーリングもどんどん良くなっています。このバイクはかなりプッシュしてやらないとだめですね。簡単ではありませんが、嬉しいです。」

「このトラックに関しては皆がフロントエンドの改善に苦戦しているようで妙ですね。昨年はフロントタイヤの落ち着きがなく、ほぼライディングが出来ないような状態でした。プッシュする度にフロントを失っていたんです。このバイクであれば、少なくともそうした動きは感じ取る事が出来るんですよ。このバイクなら安定感を感じる事が出来ますし、それこそがこのバイクの良い点です。トラクションに関してはまだ改善が必要です。特に高速の右コーナーではリアが少し流れるんですが、全体的にはバイクは本当に安定しています。このトラック、このコンディションでは簡単な事ではありませんよ。」

土曜日は合計で8つの転倒があったが、エスパルガロは砂漠の中としては驚くほどの湿度を理由に上げた。

「カタールで転倒するのは当たり前のことなんです。ここのコンディションはかなり妙ですからね。アスファルトが凄く変なんです。ただ、今日に関しては最悪でしたね。テスト開始の際は風が強く湿度も凄かったですね。夜が深まると湿度が落ちていくんです。砂漠なのに夜に湿度が80%もあるんですよね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017 LCRホンダ カタールテストで新カラーリングを披露
★MotoGP2017 ビニャーレス「戦闘力は高いと思っている」
★MotoGP2017カタールGP ビニャーレス「自信を感じている」
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「将来的には夜7時スタートが良いのではないか?」
★MotoGP2017 ミシュランMotoGPタイヤに関する10の事実
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「トップ8獲得が目標」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「ペナルティには納得がいかない」
★MotoGP2017 アレイシ・エスパルガロ「目標はアプリリアでのMotoGP初優勝」
★MotoGP2017アメリカGP2位 ロッシ「オースティンで最高の結果になった」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017ヘレスGP アレイシ・エスパルガロ「ウェットでこんなに良いフィーリングは久しぶり」
★MotoGP2017ヘレスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 ヴァレンティーノ・ロッシ「MotoGPクラスにVR46で参戦するつもりはまだない。」
★ニッキー・ヘイデン 容態は未だ深刻、事故原因について調査が進む
★MotoGP2017フランスGP ヨハン・ザルコ2018年もテック3ヤマハから参戦
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★MotoGP2017フランスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 Aspar2018年もDucatiを使用することでDucatiと合意