★MotoGP2017オーストラリアGP 11位レディング「時には自分の事を考える必要がある」

フィリップアイランドでは最終ラップのホームストレート上でドヴィツィオーゾ選手を追い抜いたレディング選手。一度はチームオーダーに従ってドヴィツィオーゾ選手を前に行かせたが、追いついてしまったものは仕方ないと語ります。来年はアプリリアに移籍するということもありますが、チャンピオンシップ上でのポイントにも影響は少ないというのもあるでしょう。

Sponsored Link

決勝11位 スコット・レディング

「前との差はかなり大きかったんです。それにMotoGPでは前のライダー達から一気に数秒詰めるということは不可能で、少しづつ差を削っていくしかありません。タイヤの心配もありましたが、ほとんどのライダーがソフトを履いていました。自分は良い感触でグリップを得ることが出来、タイヤをセーブ出来ました。」

「ですからプッシュを続けたんです。いくつかバトルはありましたけど、ドヴィを抜かすことは想定してませんでした。彼に抜かれた時は彼のほうが少し強い走りをしていると思ったからです。でも最終コーナーで自分は非常に良いペースがあって前に行けたんです。自分がドヴィを抜いたことに関して嬉しく思っていない人もいるでしょう。でもそんなのはクソ食らえですよ。時には自分の事を考える必要もあります。」

「最終コーナーで彼を抜けたのは、自分のほうがドライブがあったからです。でもペドロサとも同様にバトルをしていました。ですから何もかも犠牲にするつもりはありません。2週間ずっとクソみたいなレースが続いていましたから、多少は自分に自信をもたらしてくれる結果が必要だったんです。」

「確かにドヴィを助けろというような話はありました。でも、彼は表彰台争いをしていたわけでもないですからね。彼がミスをした時に彼を抜いたんです。その後彼は追いついてきて、その時は彼を先に行かせました。でもその後何が出来るっていうんです?その後に追いついてしまったら仕方ないでしょう。」

「パドック内では自分の能力を疑っている人がいます。ですから自分が自分の力とタイヤのグリップを発揮出来る時は、自分の実力を証明する必要があるんです。もしまたドヴィの後ろでレースを終えたら、皆が”スコットは良くやった”と思うでしょうが、今は人々は自分の今までを考えて”スコットは本当に良くやった”と思うでしょう。今日はシンプルに彼よりも自分のほうが強い走りが出来ていたので彼を抜いたんです。これは自分も想定していませんでした。」

「フィリップアイランドのレース前には特別なオーダーはありませんでした。日本や他のレースではありましたけどね。ただ、レース中にドヴィを前に行かせろっていうダッシュボードメッセージは来ました。ですから彼を先に行かせたんです。ただその後に前に行かせた奴に追いついてしまって、自分のほうが遥かに強い走りをしていたらどうするのか?って話ですよ。」

「自分は自分のキャリアを考える必要があります。自分もチャンピオンシップを戦っているわけです。もしトップ5を戦っているような状況であれば違いは大きいですけど、僅か1ポイントでしょう。たかだか1ポイントを失ったところで眠れなくようなものではないでしょう。」

「ここ最近はずっと苦戦しているんです。それにDucatiも特に助けてはくれない状況です。まあそれはわかってますし良いんです。Ducatiを助けられる時には助けますよ。でもたかが1ポイントでしょう。それに今まで自分がいた状況を考えると、自分もキャリアを考える必要があるんですよ」

「前に誰かをチャンピオンシップで助けた時は、自分は1ポイントの差でチャンピオンシップを落としました。もし違う状況ならドヴィを先に行かせたでしょうが、今日は自分のほうがはるかに強かったですし、それを証明したかったしね。ですからドヴィを抜いた事は後悔してませんよ。それにペドロサも彼を抜いたでしょう。バトルをしていたわけで、自分を証明出来るチャンスをみすみすダメにはしませんよ。」

「いつもはレースの後にDucatiとは何かしらの話をするんですが、今のところは無視されてます。でもあの位置ではチャンピオンシップはいずれにしてもダメでしょう。彼はミスをしたわけで、それは自分の問題ではないですよ。一度は彼を前に行かせました。自分は自分の役割を果たしました。でも何度も同じ事は出来ません。自分がチャンピオンシップ優勝したいと思っていた時には誰も助けてくれず、自分は得たのは折れた腕だけでした。ですから、自分のことを考える必要があるんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ロッシ「まだまだ作業をする必要がある。」
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス転倒の理由は新型カウル
★MotoGP2017 アレックス・リンス練習中に右足首を骨折
★MotoGP2017 マルク・マルケス「まだシーズンは長い」
★MotoGP2017ホルへ・ロレンソ インタビュー「Ducatiへの移籍は自分のため」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選8位ロレンソ「イアンノーネに張り付かれるのはもう慣れっこ」
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★バレンティーノ・ロッシ「さようなら。ニッキー。」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「レースでソフトタイヤを使用出来るかもしれない」
★MotoGP2017イタリアGP ドヴィツィオーゾ「チャンピオンシップ争いをするのは難しい」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「イタリアよりも高い戦闘力を発揮出来る」
★MotoGP2017ブルノテスト サム・ロウズ「オーストリアは100%の体調で挑める」
★中上貴晶選手、ロードレース最高峰のMotoGPクラスに昇格
★MotoGP2017イギリスGP サム・ロウズ「現在、Moto2での選択肢は3つある」
★MotoGP2017サンマリノGP ペドロサ「週の頭から良い方向で作業を進めたい」
★MotoGP 2018年の暫定カレンダー発表 史上初の全19戦開催へ
★MotoGP2017アラゴンGP ファン・デル・マルク「走ることになればベストを尽くして楽しみたい」
★MotoGP2017 ドルナCEOカルメロ・エスペレーター「2018年にホルヘはタイトル争いに参加出来る」
★MotoGP2017日本GP Q1結果
★ドゥカティ アパレル クリアランスセール 開催!