★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCROSS CUB 110を出展

毎日の移動から、休日のレジャーまで、使い勝手が広がる二人乗り対応クロスカブ。

全長:1,935mm 全幅:795mm 全高:1,090mm
エンジン種類:空冷 4ストローク OHC  単気筒 総排気量:109cm3

Sponsored Link

「The Cross Over Cub styling」をテーマに、レッグシールドレスのアクティブなスタイルを追求。また、LEDヘッドライトや専用ヘッドライトガード、スチール製フロントフェンダー、前後ブラックリムと、新パターンの太目なタイヤの採用などにより、タフなイメージを強調したレジャー志向の仕様としました。新形状アップハンドルなどによるアップライトなライディングポジションとすることで、より見通しの良い視界を確保、シートは厚めの専用デザインとし、長距離でも快適な乗り心地を提供します。市街地にもアウトドアにも似合うクロスオーバースタイルで二人乗りにも対応する、カブの新たな魅力を提案するモデルです。

※画像提供 ホンダ

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★BMWモトラッドUSA K1600BのUS価格を発表
★MotoGP2017 マルケス「アルゼンチンはタイヤライフに注意が必要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「今週は表彰台を獲得したい」
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★MotoGP2017オランダGP マルケス「ホンダはどんどん良くなっている」
★MotoGP2017オランダGP4位 クラッチロー「マルクに手の内を早めに見せてしまった」
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター 「シグナスX XC125SR」の新色を発売 新排出ガス規制にも適合
★ホンダ・レーシング ガイ・マーティンのアルスターGP欠場を発表
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGPジャック・ミラー 2018年はPramac Ducatiから参戦
★BMW S1000RRの2018年モデルは2017年モデルを継続
★MotoGP2017アラゴンGP2位 ペドロサ「アタックするタイミングを決めるが難しかった」
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR900 ABS」の新色を発売
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「指の状態はだいぶ良くなってきた」
★ホンダ 2018年Honda二輪モータースポーツ活動計画 ~世界選手権および「ダカールラリー2018」参戦体制~