★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてGOLDWING TOUR / GOLDWINGを出展

ライダーとパッセンジャーに、 かつてない快適性と走りの感動を。“The Honda Premium Tourer”

GOLDWING TOUR 全長:2,575mm 全幅:905mm 全高:1,430(最大1,555)mm
GOLDWING 全長:2,475mm 全幅:925mm 全高:1,340(最大1,445)mm

Sponsored Link

エンジン種類:水冷 4ストローク OHC 24バルブ(4バルブ)水平対向6気筒 総排気量:1,833cm3
1975年の発売以来、Hondaモーターサイクルのフラッグシップモデルとして進化してきたグランドツアラーモデル。その圧倒的な快適性に加え、新次元の操る喜びによるかつてない感動を目指し、GOLDWING TOURとしてフルモデルチェンジしました。エンジンは、小型軽量の水冷4 ストロークOHC(4バルブ)水平対向6気筒を新開発。シームレスな変速とスポーツバイクならではのダイレクトな駆動力を両立する7速DCT※1(Dual Clutch Transmission)や数々の制御技術からなる4種の“シーン別ライディングモード”※1を組み合わせ、ツアラーとしてのみならず、モーターサイクルの走りの魅力そのものを徹底的に進化させました。

フロントサスペンションには、乗り心地の良さと軽快なハンドリングを両立するタブルウィッシュボーンサスペンションを独自開発。スタイリングは、勢いよくスラントさせたフロントマスクや徹底した空力マネジメントを図りながらエッジの効いた面構成で上質さと高い運動性能を表現するなど、洗練された鋭さと緊張感あるデザインを追求。さらにDCTの構造を活用し、乗車中の車体切り返しをより容易にした微速前後進(ウォーキングモード)※1やApple Car-playに対応したインフォテイメント※2、スマートキーの採用など、プレミアムと呼ぶにふさわしい装備を充実させています。また、トランクレス、ショートウインドスクリーン、マニュアルミッションを採用したモデルをGOLDWINGとしてラインアップ。グランドツアラーの価値を革新し続けるゴールドウイングの世界が、一層魅力的に生まれ変わりました。


※画像提供 ホンダ

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★SWM 2017年に6,000台の生産を見込む
★MotoGP2017カタールテスト3日目 クラッチロー「フロントエンドに問題あり」
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★HRC 2018年度 アジア・タレント・カップ参加ライダー選出について
★MotoGP2017オランダGP予選2位 マルケス「ビニャーレスは優勝候補の1人」
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「日曜に備えて最適なタイヤを選択する必要がある」
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上選手Moto2クラス イギリスグランプリにて今季初優勝!
★MotoGP2017サンマリノGP クラッチロー 左手人差し指を怪我するもレースには出場予定
★Ducati新型スーパーバイクと思われるパニガーレV4のスパイショット
★MotoGP2017サンマリノGP 14位ペドロサ「氷の上でライディングしているようだった」
★CBR250R FRブレーキディスクボルトについて
★MotoGP2017ジャック・ミラー トレーニング中の骨折で日本GPを欠場 
★カワサキ スーパーチャージャー搭載の新しいスポーツツアラーを11/7のEICMAで発表
★MotoGP2017オーストラリアGP ペドロサ「適切なセットアップを見つける事が必要」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてHonda Riding Assist-eを出展
★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー カル・クラッチロー
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売