★MotoGP2017マレーシアGP ペトルッチ「ドヴィをセパンで助けたい」

フィリップアイランドでは全体的にDucatiは苦戦した印象がありますが、ペトルッチ選手も例外ではありませんでした。セパンはDucatiに合っているトラックですし、本人はドヴィツィオーゾ選手を助けることが出来れば良いと思っているようですので、マルケス選手とドヴィツィオーゾ選手、ペトルッチ選手、ロレンソ選手の位置関係次第では、タイトル争いは最終戦にもつれ込むかもしれません。

Sponsored Link

ダニロ・ペトルッチ

「MotoGPでどんな酷い事が起きる可能性があるかっていうのはIodaで走っている時に学びました。すぐにまたバイクに乗れるのは嬉しいですね。いつもよりもやる気ですよ。フィリップアイランドは悪い結果でしたが、自分がバイクの乗り方を忘れてないって事を見せたいですね。」

「どうしてかわかりませんが、なぜかオーストラリアではスピードが無かったんです。特にレースの中でです。ミディアムリアを履いていたんです。バレやドビと同様にね。アンドレアも苦戦していましたが、もしかするとタイヤ選択を誤ったのかもしれません。セットアップも完璧ではなかったですし。」

「アンドレアを助ける1人のライダーになりたいですね。今年はだいたい良いレースが出来ています。冴えないレースもありましたけどね。でもそれがなぜかはよくわかりません。フィリップアイランドのレースは特に悪い出来のレースだったと言えます。今回のレースでは強さを発揮するべきですし、そうすればバレンシアでは家でゆっくり出来るでしょう(笑)」

「セパンはハードブレーキングもありますし、これはDucatiの強みです。昨年はウェットでドヴィが優勝してますし、自分は2015年にドライで6位でした。難しいトラックで、いつも暑さには苦しめられますが良い結果が得られています。新しいフェアリングを試すかどうかはまだわかりません。ただセパンでは長所が短所を上回るでしょうね。」

「F1のレースを見ましたが、いくつかのポイントで路面が乾ききらないですね。車にとっては対した問題ではないですが、バイクには問題です。どうなるかですが、今年はいずれにしても予想してもしかたないシーズンでもありますよね」。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link