★Moto2 キーファーレーシングのステファン・キーファー亡くなる

Moto2のキーファーレーシングのボスであるステファン・キーファーが亡くなりました。現時点で死因は明らかになっていないとのこと。これを受けてチームは今週末のマレーシアGPには参戦しないとのことです。

Sponsored Link

Moto2に参戦するキーファーレーシングのボス、ステファン・キーファーがマレーシアGPの開幕週の頭に亡くなった。

キーファーレーシング プレスリリース

「現状色々な事が不確定です。キーファーのご家族やその他の親族の方に哀悼の意を捧げるとともに、キーファーレーシングは今週末のマレーシアGPには参戦しないことを決定しました。ステファン・キーファーは1人のライダーであり、彼のライダーとしてのキャリアを終えた後、兄弟であるヨッヘンと共にチームを設立しました。2003年よりキーファーレーシングは世界選手権に参戦。ステファンは常にフレンドリーな性格と暖かい性格で皆に愛されていました。ステファンはガールフレンド、1人の息子を残してこの世を去りました。キーファーレーシングは彼のご家族に心より哀悼の意を捧げたいと思います。」

キーファーレーシングは2011年にMoto2世界選手権でステファン・ブラドルと共に優勝。現在はドミニク・エガーターとタラン・マッケンジーというラインナップでSuterのマシンで参戦している。

エガーターはソーシャルメディアに「昨夜起こった出来事に関して言葉を失っています。自分達にとって大きなショックであり、ステファンを心から恋しく思います。彼のご家族と友人に哀悼の意を捧げたいと思います。彼は間違いなく自分が今まで得る事が出来た中で最高のボスでした。素晴らしい人物であり、最高の友人でした。彼の思い出とともに心を強く持ちたいと思います。ステファン、どうぞ安らかに」と投稿している。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link