★MotoGP2017マレーシアGP 決勝2位ロレンソ「フロントが滑ってしまった。2位は悪くない結果」

一時はそのまま優勝してしまうのかと思われたロレンソ選手ですが、最終コーナーであわや転倒というミスをしてドヴィツィオーゾ選手に抜かれた事で2位となりました。本人としてもDucati初優勝を果たしたいところでしょうが、今回は「ロレンソ選手の優勝=ドヴィツィオーゾ選手のチャンピオンシップ優勝の可能性が無くなる」という図式でしたので、Ducati全体で見ると素晴らしい結果となりました。

Sponsored Link

Q

「今日はチームオーダーについて色々な話が出ていましたが、最後にターン15で本当に危ないところでしたね。」

決勝2位 ホルへ・ロレンソ

「リアタイヤはレースの間コンスタントな性能を発揮してくれたんですが、フロントはそうではありませんでした。ストレートで強めにブレーキをかけているとフロントが滑ってしまい、そこでアンドレアに抜かれました。その後ドヴィを追いかけたんですが、彼がチャンピオンシップ争いをしているのはわかっていますので、限界ではプッシュしませんでした。2位は悪く無い結果です。これでまた表彰台を獲得する事が出来ましたね。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★Ducati851を被った1199スーパーレッジェーラ
★MotoGP2017カタールGP マルケス「コーナー出口のロスが大きい」
★MotoGP2017アルゼンチンGP マルケス「スリックを履こうかと思っていた」
★MotoGP2017アメリカGP 予選プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ヘレスGP フォルガー「ヘレス戦を待ち望んでいた」
★MotoGP2017ヘレスGP FP2結果
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「リアブレーキを使用し、良い感触でプッシュ出来た」
★MotoGP2017 セテ・ジベルナウ「最高のダニはこれから」
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 8位ロッシ「10周でスローダウンせざるを得なかった」
★MotoGP2017アプリリア 2019年のサテライトチーム投入は可能
★バルセロナ‐カタルーニャ・サーキット 「2018年もMotoGPを開催する」
★MotoGP2017オーストリアGP4位 ロレンソ「燃料消費、タイヤ右側のグリップに苦戦した」
★MotoGP2017イギリスGP 5位ロレンソ「Ducatiで走った中で最高のレースだった」
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「集中力の低下で転倒してしまった」
★MotoGP 2018年の暫定カレンダー発表 史上初の全19戦開催へ
★MotoGP2017日本GP クラッチロー「2人共無事だったことが重要」
★MotoGP2017 10/17時点でのポイントスタンディング