★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「速いライダーはバイクの弱点をカバーして走れる」

マレーシアGPの決勝プレスカンファレンスで、ドヴィツィオーゾ選手は完璧なバイクは存在せず、全てのバイクにはポジティブな点、ネガティブな点があると言います。そして速いライダーはネガティブなポイントをカバー出来るのだと語り、必ずしもデスモセディチが最高パッケージになったわけでは無いと言います。確かにこれはDucatiのライダー達が苦戦する中で違いを生み出したドヴィツィオーゾ選手、ホンダのライダーが皆苦戦する中で常に安定しているマルケス選手に当てはまる事でしょう。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

残念ながら完璧なバイクというのは存在しません。全てのバイクがポジティブな点、ネガティブな点があるんです。非常に優れたバランスがあるということは、全てのトラック、全てのコンディションでスピードを発揮出来る必要があります。ですから、今年のバイクのベースは確かに良くなっています。それにチャンピオンシップ2位ということは、間違いなく自分達のバイクは悪くないということです。ただ、いかにバイク、週末をコントロールするのかということが大きな割合を占めています。自分達のバイクは簡単に乗れるバイクではありません。これはホルヘに聞いても同じ意見でしょう。彼にとっても全く異なるバイクに慣れるのに多くの時間を費やしたわけです。」

良い結果を出していると、外からはそのバイクはもの凄く性能が良いんだろうと思うわけですが、けしてそうではありません。速いライダーというのは、バイクのネガティブなポイントをカバーして走る事が出来るんです。ですから、外からそのバイクのポジティブなポイントとネガティブなポイントを全て理解するというのは不可能なんですよ。ですから自分達のバイクは良い状態ですし、レベルも非常にコンスタントですが、時には9位10位、フィリップアイランドのように13位になってしまうこともあります。そしてこれがチャンピオンシップ争いに大きな影響を及ぼしたわけですが、これは物事をどうのような方向から見るかによって変わってくるんですよ。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ブラッドリー・スミス「ポイント獲得にはまだ0.5秒足りない」
★MotoGP2017カタールGP イアンノーネ「リアグリップを改善出来れば可能性あり」
★MotoGP2017カタールGP3位 ロッシ「けして諦めなかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP リンス「自分の体調も助けにはならなかった」
★MotoGP2017ミシュラン アメリカGP決勝レースリリース
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選4位ビニャーレス「タイヤ左サイドのスピンが問題」
★MotoGP2017イタリアGP FP1-3総合結果
★MotoGP2017カタルーニャGP FP2結果
★MotoGP2017オランダGP2位 ペトルッチ「今回は優勝が目前だった」
★MotoGP2017オランダGP ドヴィツィオーゾ「コンスタントに速く走ることを考えていた」
★MotoGP2017 ポル・エスパルガロ「シーズン後半はトップ10で完走出来る」
★MotoGP2017オーストリアGP優勝 ドヴィツィオーゾ「インを閉めずにマルクより早く立ち上がる作戦を取った」
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★MotoGP2017サンマリノGP ペトルッチ「Ducatiはタイヤを上手く使えている」
★MotoGP2017日本GP FP1結果
★MotoGP2017日本GP 予選3位マルケス「時には予選でも新しい情報を理解することが大切」
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「こんな状態ではタイトル争いは出来ない」
★MotoGP2017日本GP 3位ペトルッチ「常に問題なのはドヴィとマルクの2人」
★MotoGP2017マレーシアGP ペトルッチ「ドヴィをセパンで助けたい」