★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「速いライダーはバイクの弱点をカバーして走れる」

マレーシアGPの決勝プレスカンファレンスで、ドヴィツィオーゾ選手は完璧なバイクは存在せず、全てのバイクにはポジティブな点、ネガティブな点があると言います。そして速いライダーはネガティブなポイントをカバー出来るのだと語り、必ずしもデスモセディチが最高パッケージになったわけでは無いと言います。確かにこれはDucatiのライダー達が苦戦する中で違いを生み出したドヴィツィオーゾ選手、ホンダのライダーが皆苦戦する中で常に安定しているマルケス選手に当てはまる事でしょう。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

残念ながら完璧なバイクというのは存在しません。全てのバイクがポジティブな点、ネガティブな点があるんです。非常に優れたバランスがあるということは、全てのトラック、全てのコンディションでスピードを発揮出来る必要があります。ですから、今年のバイクのベースは確かに良くなっています。それにチャンピオンシップ2位ということは、間違いなく自分達のバイクは悪くないということです。ただ、いかにバイク、週末をコントロールするのかということが大きな割合を占めています。自分達のバイクは簡単に乗れるバイクではありません。これはホルヘに聞いても同じ意見でしょう。彼にとっても全く異なるバイクに慣れるのに多くの時間を費やしたわけです。」

良い結果を出していると、外からはそのバイクはもの凄く性能が良いんだろうと思うわけですが、けしてそうではありません。速いライダーというのは、バイクのネガティブなポイントをカバーして走る事が出来るんです。ですから、外からそのバイクのポジティブなポイントとネガティブなポイントを全て理解するというのは不可能なんですよ。ですから自分達のバイクは良い状態ですし、レベルも非常にコンスタントですが、時には9位10位、フィリップアイランドのように13位になってしまうこともあります。そしてこれがチャンピオンシップ争いに大きな影響を及ぼしたわけですが、これは物事をどうのような方向から見るかによって変わってくるんですよ。」


(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link