★ホンダ 平成28年度排出ガス規制に対応した原付ビジネススクーター「ベンリィ」シリーズを発売

Hondaは、新聞配達や宅配用途で求められる取り回しの良い車体サイズや、優れた実用性と経済性はそのままに、平成28年度排出ガス規制に適合させるとともに、一部仕様を変更した「ベンリィ110」「ベンリィ110 プロ」を10月27日(金)に、「ベンリィ」「ベンリィ プロ」を11月2日(木)にそれぞれ発売します。

Sponsored Link

今回、平成28年度排出ガス規制に適合させるため、燃料蒸発ガス抑制装置や排出ガスの異常を警告する車載故障診断装置を装着。また従来同様、排出ガスの浄化とエンジンの性能を効率よく引き出す、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)を採用しています。
燃料タンクは大容量の10Lを確保し、給油の回数を軽減。さらに日常点検でエンジンオイルの汚れや量の確認を容易にする点検窓を装備しました。
大型のリアデッキは配達の効率を追求。最大積載量を「ベンリィ」「ベンリィ プロ」は30kg「ベンリィ110」「ベンリィ110 プロ」は60kgとするとともに、低床設計により荷物の積み降ろしを楽に行えます。
メインスタンドは荷物が多い場合も、かけやすい工夫を施すとともにビジネス用途にふさわしい強度を確保しました。使用頻度の高いサイドスタンドはリターンスプリングを複数化して信頼性を向上させるとともに、接地ポイントの最適化により傾斜地での駐車安定性に配慮。さらに傾斜地駐車の補助機能として、フロントブレーキレバーロック機構を装備しました。
インナーパネルは灰色から黒色へ変更し、車体色はロスホワイトの一色を設定しました。

■実用性を重視した「ベンリィ」シリーズの主な装備
・ハロゲンバルブにマルチリフレクター採用のヘッドライト
・メインスイッチとハンドルロック機構を集約し、鍵穴を保護するシャッター付きのキーシリンダー
・キーロック付きのヘルメットホルダー
・視認性に優れたスピードメーターと燃料計
・インナーポケットと最大1kgまで掛けられるフロントフック
■「ベンリィ」「ベンリィ110」
左のレバー(後輪ブレーキ)を握るだけで前輪にも適正な制動力を配分する、Honda独自の前・後輪連動ブレーキシステム「コンビブレーキ」と駐停車で便利なリアブレーキロック機構を採用。
■「ベンリィ」「ベンリィ プロ」
50cc水冷・4ストロークエンジン「eSP」を搭載。低燃費を実現させながら登坂路走行や発進加速での軽快で力強い走りを両立させました。また、ACGスターターの採用により向上した始動時の静粛性は、早朝などの市街地における集配業務で効果を発揮します。さらに携帯電話の充電など、さまざまな用途に使えるアクセサリーソケットを装備。
■「ベンリィ プロ」「ベンリィ110 プロ」
夜間などに手元灯としても使えるポジションランプを新たに採用。積載性の高い大型フロントバスケットと大型リアキャリア、発進・停止をスムーズにするフットブレーキと駐停車で便利なリアブレーキロック機構、集配業務で雨風から手元を守るナックルバイザーを装備。
Hondaのビジネスモデルは、スーパーカブシリーズや三輪スクーターのジャイロシリーズと併せ、豊富なラインアップでお客様のさまざまなニーズにお応えします。


ベンリィ


ベンリィ プロ


●販売計画台数(国内・年間)
シリーズ合計 5,200台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
ベンリィ
237,600円(消費税抜き本体価格 220,000円)
ベンリィ プロ
248,400円(消費税抜き本体価格 230,000円)
ベンリィ110
280,800円(消費税抜き本体価格 260,000円)
ベンリィ110 プロ
294,840円(消費税抜き本体価格 273,000円)


*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 ベンリィ ベンリィ プロ
車名・型式 ホンダ・2BH-AA05
全長×全幅×全高 (mm) 1,830×690×1,035 1,845×755×1,035
軸距 (mm) 1,280
最低地上高 (mm)★ 115
シート高 (mm)★ 710
車両重量 (kg) 110 114
乗車定員 (人) 1
最小回転半径 (m) 1.9
エンジン型式・種類 AA05E・水冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 49
内径×行程 (mm) 39.5×40.3
圧縮比 ★ 12.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 3.2[4.4]/7,750
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 4.2[0.43]/6,000
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2(km/h)
65.2(30)<1名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※3
50.7(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L) 10
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1速 2.970~0.830
減速比 1次/2次 4.071/4.000
タイヤ 90/90-12 44J
110/90-10 61J
ブレーキ形式 前後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司 ■製造国/中国 ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※2定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※3WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

主要諸元

通称名 ベンリィ 110 ベンリィ 110プロ
車名・型式 ホンダ・2BJ-JA09
全長×全幅×全高 (mm) 1,805×690×1,040 1,845×755×1,040
軸距 (mm) 1,280
最低地上高 (mm)★ 115
シート高 (mm)★ 710
車両重量 (kg) 117 120
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 1.9
エンジン型式・種類 JA09E・空冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 107
内径×行程 (mm) 50.0×55.0
圧縮比 ★ 9.5
最高出力 (kW[PS]/rpm) 5.8[7.9]/7,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 8.6[0.88]/5,000
燃料消費率※4(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※5(km/h)
53.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★
(クラス)※6
50.3(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式(キック式併設)
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L) 10
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
変速比 1速 2.600~0.840
減速比 1次/2次 2.500/3.769
タイヤ 90/90-12 44J
110/80-10 58J
ブレーキ形式 前後 機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
■製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司 ■製造国/中国 ■輸入事業者/本田技研工業株式会社

※4燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※5定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※6WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 マルケス「昨年のプレーシーズンよりは少し良い状態」
★ホンダ 150SS Racerをバンコクモーターショーで発表
★「CBR250RRレースベース車」について
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「今年の目標は10位以内で完走すること」
★MotoGP2017ヘレスGP 2位マルケス「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★KTM 世界初となるフューエルインジェクション・2ストロークオフロードモデルを公開
★ヘイデンファミリーからのお願い「偽サイトで偽のニッキーグッズを買わないで」
★MotoGP2017イタリアGP 6位マルケス「前後ミディアム以外に選択肢はなかった」
★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし
★ホンダ インドの二輪車第三工場、生産能力拡大記念式典を開催
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」
★MotoGP2017チェコGP クラッチロー 第6頚椎を骨折したまま5位を獲得
★「IDEMITSU Honda Team Asia」中上選手Moto2クラス イギリスグランプリにて今季初優勝!
★MotoGP2017イギリスGP 7位ペドロサ「フロントグループについていけなかった」
★HRC 2017年CBR250R Dream Cup グランドチャンピオン大会参加枠のご案内
★MotoGP2017日本GP ペドロサ「日本でのレースは本当に楽しみ」
★ホンダ EICMAでCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)を発表
★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表