★ホンダ FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得

Hondaは2017 FIM※MotoGP世界選手権のMotoGPクラスにおいて、コンストラクターズタイトルを獲得しました。10月29日(日)、マレーシアで開催された同世界選手権シリーズ第17戦のマレーシアGPで、レプソル・ホンダ・チーム(Repsol Honda Team)のマルク・マルケスが4位に入り、コンストラクターズ2位とのポイント差により、最終戦バレンシアGPを待たず、二年連続コンストラクターズタイトルを獲得しました。

Sponsored Link

 コンストラクターズタイトルは、毎戦、各メーカーのマシンを駆る最上位のライダーが獲得したポイントと同ポイントがメーカーごとに与えられ、その合計によって競われるものです。今シーズンのタイトル獲得には、ワークスマシン「RC213V」を駆る、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケス、ダニ・ペドロサと、エルシーアール・ホンダ(LCR Honda)のカル・クラッチローの3選手のポイントが反映され、Hondaのタイトル獲得に貢献しました。

 最高峰クラスでの同タイトル獲得数は、1966年に500cc・4ストロークエンジンのRC181で初めて獲得して以来、通算で23回となりました。

※ FIMとは、Fédération Internationale de Motocyclisme(国際モーターサイクリズム連盟)の略称

FIM MotoGP世界選手権で二年連続コンストラクターズタイトルを獲得
【2017年MotoGPクラス コンストラクターズタイトル獲得ポイント】※第17戦終了時

1位 Honda 332ポイント
2位 Ducati 303ポイント
3位 Yamaha 301ポイント
4位 Suzuki 87ポイント
5位 Aprilia 64ポイント
6位 KTM 64ポイント

〇Honda が、ロードレース世界選手権において、全クラスで獲得したコンストラクターズタイトルは、合計で67タイトルになります。
500ccクラス/MotoGP 23回
350ccクラス 6回
250ccクラス 19回
125ccクラス/Moto3 17回
50ccクラス 2回

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link