★MotoGP2017 テック3 エルヴェ・ポンシャラル「ヤマハが戦闘力の高いパッケージ供給してくれると信じている」

2017年型のバイクがウェットコンディションで2016年型のバイクより性能が劣るであろうことは、今年のファクトリー2人のコメント、2016年型に乗るテック3の2人の走りを見ても明らかでしょう。そうした事もあって話題になっているのが、来年テック3に供給されるバイクは性能があまり良くないと言われている2017年型なのか、ファクトリーチーム同様の2018年型なのかということです。こうした疑問点は、最終戦バレンシアの後に開催されるバレンシアテストで明らかになるでしょう。

Sponsored Link

彼のサテライトチームはファクトリーチームを上回る活躍を見せているが、テック3のボスであるエルヴェ・ポンシャラルは、ヤマハが2018年に競争力の高いバイクを供給してくれるであろうことを革新している。今シーズンの驚きは、ヨハン・ザルコは、ファクトリーヤマハのバレンティーノ・ロッシとマーべリック・ビニャーレスがウェットコンディションで苦戦する中、日本から続く3連戦の中でもてぎでポールポジションを獲得し、マレーシアで3位を獲得したことだろう。

ロッシは2017年型のM1について、ウェットコンディションでは”危険”で”良い結果を出すことは不可能”と語っており、これがテック3に通常供給される1年落ちのバイクがザルコに供給されるのではなく、2018年型が供給されるのでは?という話題に繋がっている。ザルコは2016年型のバイクのほうが競争力が高いことを、ヘレス、モントメロ、レッドブル・リンクで証明しており、その他フィリップアイランドやセパンなどのサーキットでも同様の戦闘力であることを証明している。

ザルコもやまはが競争力の低いバイクをサテライトチーム供給するような”愚かな”ことはしないであろうと語り、ポンシャラルも、ヤマハがサテライトチームに最新型のシャーシなど、既にロッシとビニャーレスが使用して性能の良さがわかっているパーツを供給することが不可能ということはないだろうと考えている。

エルヴェ・ポンシャラル

「どうなるかはっきりしていません。正直自分達がどういうパッケージで戦うかというのは全くもって謎なんです。このバイクにしたって2016年のフルスペック型のバイクなのかわからないんですよ。もしかしたら2015年と2016年型のミックスなのかもしれません。ただシルバーストーンからはエアロダイナミックフェアリングが供給されましたから、どうなっているのかは良くわかりません。」

「現在ファクトリーライダー達が使っているのは2017年型というのは確かですが、これが17.1なのか17.2、3、もしかして17.4なのかなど、そういったことは全くわかりません。そして彼らはミサノにプロトタイプ(シャーシ)を持ち込んでいます。両ライダーともにこのプロトタイプを気に入ったようですが、1人につき1つしか供給されませんでした。レースに参戦出来る準備が出来ていたものではありませんでしたが、彼らはファクトリーに対して、これでようやくシルバーストーンから良いレースが出来るようになったという形でプレッシャーを与えたんです。それ以降彼らはこのシャーシしか使用していません。ですからこれは18なのか、17.5といったところなのかもしれません。」

「今の段階ではヤマハも状況が理解出来ていないでしょうし、2018年型がどのようなものになるかわかっていないでしょうから、今彼らに尋ねることはしません。私が言えるのは、ヤマハが戦闘力の高いパッケージを我々に供給してくれることを信じているということだけです。今はシャーシに関して話しています。シャーシは結局はいくつかのアルミニウムで出来た部品でしかありません。彼らにとってはサテライトチームにこうしたアルミニウムの塊を供給することくらいわけはないことだと思います。全体のコストを考えるとね。もし彼らが2018年型のシャーシを供給しないとしたら驚きですね。バレンシアまで待つ必要があるでしょう。彼らは望むものを好きに出来るわけですから、今の段階ではどうなるのか聞きに行きたくはないですね。」

ザルコも同様に、ヤマハはサテライトライダー達がフロントで戦える機会を、最新型の装備を与えることで実現してくれると考えている。

ヨハン・ザルコ

「現時点では来年どんなバイクになるのかわかりません。でもヤマハも愚かではないですから、2017年型に何らかの問題があるのであれば、それをテック3によこすことはしないでしょう。ヤマハにとっての毎年の目標は4台のバイクをグリッドに並べ、このバイクがトップを走ることでしょうから。彼らからは既に素晴らしい情報を供給してもらっています。自分達もそれに見合う価値がないと駄目なんです。日本人と付き合う上では、自分達自身もそれに見合う存在である必要があります。テック3の状況は彼らも良く理解していますから、結果が出る事を待っているんですよ。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 アレックス・リンス練習中に右足首を骨折
★「YZF-Rオーナーズミーティング」を後援! YZF-Rシリーズ2017年最新モデルの展示を行います。
★MotoGP2017ミシュラン アルゼンチンGPプレビュー
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「100%の力を出せれば優勝争い出来る」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「明日の朝は良いセッティングを見つけたい」
★MotoGP2017イタリアGP FP4結果
★MotoGP2017オランダGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2017オランダGP3位 マルケス「今日は最終ラップだけプッシュした」
★MotoGP2017ドイツGP マルケス「落ち着いてレースに取り組む事が必要」
★LMW※チャレンジ動画「もしも○○がLMWだったら。」ベビーカー編を本日公開!!スマホ版には傾けると画面が切り替わるギミックを搭載!!
★Ducati新型V4スーパーバイク 9月開催のMotoGPサンマリノGPで初披露か?
★MotoGP2017イギリスGP 3位ロッシ「優勝するには、リアタイヤの摩耗を改善する必要がある」
★MotoGP2017サンマリノGP ロッシ「既に理学療法をスタートしている」
★MotoGP2017サンマリノGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017 リン・ジャービス「ロッシと契約延長の話が出るとしたら、2018年のムジェロ辺り」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「もてぎでは素晴らしい結果を獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2017日本GP Q2結果
★MotoGP2017オーストラリアGP 11位レディング「時には自分の事を考える必要がある」
★MotoGP2017マレーシアGP イアンノーネ「立ち上がりのトラクションが課題」
★MotoGP2017バレンシアGP FP1結果