★イタリアのホンダインポーターが製作したアフリカツイン ラリー

イタリアのホンダのインポーターが作成したというアフリカツイン ラリー。これはまさに誰もが「この姿で登場して欲しい」と願った形と言えるでしょう。しかしそのお値段もかなりのもの。

アドヴェンチャーツアラーが実際にオフロード走行が出来るかということについてで言うと、そのトップに来るのは間違いなくホンダのアフリカツインだろう。ホンダはダカールラリーやその他のラリーイベントにも出場しており、そうしたことからもホンダのアフリカツインがどこから生まれたきたかということはわかりやすい。

Sponsored Link


ホンダのイタリアのインポーターが今年のMotodaysショーで登場させたアフリカツインラリーは、多くのアドヴェンチャーライダーが、インターモトでホンダCRF450ラリーを見て以来、夢見たものであろう。


このホンダ アフリカツインラリーは、カーボンバーツとLEDヘッドライトアッセンブリーを使用することで、純正から約6.8kg軽量に仕上がっている。その他にはアルミニウム製のトリプルクランプ、クラッシュガード、スキッドプレートなどが装備される。ブレーキラインはステンレスラインで、より強力なラジエターガードが装備され、エキゾーストはテルミニョーニ製だ。そしてこのバイクはEuro4を満たしている。


だが、このバイクの購入にはかなりの大金が必要だ。通常のアフリカツインを使用したモデルは約262万円、そしてホンダのデュアルクラッチを装備したモデルは約276万円となる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト LCRホンダ写真ギャラリー
★2017年型CBR500Rを愛すべき5つの理由
★Revival Cycles Confederateヘルキャット カスタム
★MotoGP2017カタールテスト1日目 マルケス新型カウルを使用
★ホンダ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 ダニ・ペドロサ「自分を信じてベストを尽くす」
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★「CBR250RRレースベース車」について
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★ホンダ Dio110」に新色を追加し発売
★CBR250R Frブレーキディスクボルト再使用禁止徹底のお願い
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★MotoGP2017 クラッチロー「全てのメーカーで自分の速さを証明できた」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「まだまだ改善出来るポイントがある」
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「徐々に良いベースに近づきつつある」
★MotoGP2017アメリカGP3位 ペドロサ「フロントタイヤが駄目になってしまった」
★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★HRC Image Galleryを公開