★イタリアのホンダインポーターが製作したアフリカツイン ラリー

イタリアのホンダのインポーターが作成したというアフリカツイン ラリー。これはまさに誰もが「この姿で登場して欲しい」と願った形と言えるでしょう。しかしそのお値段もかなりのもの。

アドヴェンチャーツアラーが実際にオフロード走行が出来るかということについてで言うと、そのトップに来るのは間違いなくホンダのアフリカツインだろう。ホンダはダカールラリーやその他のラリーイベントにも出場しており、そうしたことからもホンダのアフリカツインがどこから生まれたきたかということはわかりやすい。

Sponsored Link


ホンダのイタリアのインポーターが今年のMotodaysショーで登場させたアフリカツインラリーは、多くのアドヴェンチャーライダーが、インターモトでホンダCRF450ラリーを見て以来、夢見たものであろう。


このホンダ アフリカツインラリーは、カーボンバーツとLEDヘッドライトアッセンブリーを使用することで、純正から約6.8kg軽量に仕上がっている。その他にはアルミニウム製のトリプルクランプ、クラッシュガード、スキッドプレートなどが装備される。ブレーキラインはステンレスラインで、より強力なラジエターガードが装備され、エキゾーストはテルミニョーニ製だ。そしてこのバイクはEuro4を満たしている。


だが、このバイクの購入にはかなりの大金が必要だ。通常のアフリカツインを使用したモデルは約262万円、そしてホンダのデュアルクラッチを装備したモデルは約276万円となる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト3日目 マルケス「リズムは悪くない」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ミラー「さらに結果を求めていく」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「フロント集団に追いつくだけのフィーリングがあった」
★ホンダ 映画「GHOST IN THE SHELL」に登場するNM4のメイキング動画を公開
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「バイクの感触は良くないが、何故か速く走れる」
★MotoGP2017ヘレスGP マルケス「今シーズンの中でも最も重要な週末の1つだった」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント レプソルホンダ
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★MotoGP2017フランスGP 3位ペドロサ「昨日を考えると素晴らしい結果」
★ホンダ ウェルカムプラザ青山 ニッキー・ヘイデン選手 追悼展示
★天国へ羽ばたけ ニッキー・ヘイデン 気さくなスターを応援するために掲げたアメリカ国旗
★MotoGP2017 マルク・マルケス「ホルヘは今期優勝出来る」
★MotoGP2017チェコGP 優勝マルケス「このチャンピオンシップは長い戦いになる」
★MotoGP2017オーストリアGP ペドロサ「ブルノで作ったセットアップから始めることが出来る」
★「第45回東京モーターショー2017」Hondaブース出展概要について
★ホンダ モトクロス競技専用車「CRF250R」をフルモデルチェンジし発売
★Honda Motorsports Thanks Fair 2017 開催決定!
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 クラッチロー「タイムを出した時のフィーリングは良くなかった」
★ホンダ 第14回デリーオートエキスポ 2018でニューモデル「X-Blade(エックスブレイド)」と新型「Activa(アクティバ)」を世界初公開