★イタリアのホンダインポーターが製作したアフリカツイン ラリー

イタリアのホンダのインポーターが作成したというアフリカツイン ラリー。これはまさに誰もが「この姿で登場して欲しい」と願った形と言えるでしょう。しかしそのお値段もかなりのもの。

アドヴェンチャーツアラーが実際にオフロード走行が出来るかということについてで言うと、そのトップに来るのは間違いなくホンダのアフリカツインだろう。ホンダはダカールラリーやその他のラリーイベントにも出場しており、そうしたことからもホンダのアフリカツインがどこから生まれたきたかということはわかりやすい。

Sponsored Link


ホンダのイタリアのインポーターが今年のMotodaysショーで登場させたアフリカツインラリーは、多くのアドヴェンチャーライダーが、インターモトでホンダCRF450ラリーを見て以来、夢見たものであろう。


このホンダ アフリカツインラリーは、カーボンバーツとLEDヘッドライトアッセンブリーを使用することで、純正から約6.8kg軽量に仕上がっている。その他にはアルミニウム製のトリプルクランプ、クラッシュガード、スキッドプレートなどが装備される。ブレーキラインはステンレスラインで、より強力なラジエターガードが装備され、エキゾーストはテルミニョーニ製だ。そしてこのバイクはEuro4を満たしている。


だが、このバイクの購入にはかなりの大金が必要だ。通常のアフリカツインを使用したモデルは約262万円、そしてホンダのデュアルクラッチを装備したモデルは約276万円となる。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Pocket
LINEで送る

Sponsored Link
★NCTモーターサイクル DUCATI 848 EVO
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★Moto Guzzi V11カフェレーサー Seven Motors The Revenge 03
★Moto2 将来的にはMagneti MarelliのECUを採用へ
★Federal Moto CB750Kカスタム
★MotoGP2017カタールGP4位 マルケス「ミディアムタイヤに変更したのは失敗」
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「良い結果でチームに応えたい」
★MotoGP2017アメリカGP予選4位 ペドロサ「フロントのチャタリングで改善出来なかった」
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017ヘレスGP ペドロサ「ウェット、ドライともに良い感触」
★MotoGP2017ヘレスGP クラッチロー「今日は正直ラップタイムは期待していなかった」
★MotoGP2017フランスGP ペドロサ「新しい路面の状況が気になる」
★MotoGP2017フランスGP マルケス「良い形でのスタートになった」
★ヘイデン一家 正式にヘイデン選手の訃報を発表
★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売
★MotoGP2017カタルーニャGP ペドロサ「アグレッシブに、そしてスムーズに乗ることを学んだ」
★ホンダ 原付二輪2017年度のイメージキャラクターに「ゴールデンボンバー」を起用
★マン島TTのレジェンド ガイ・マーティン ロードレース休止を宣言
★中本修平氏 ドルナでタレントプロモーション部門のマネジメンを担当
★MotoGP2017オーストリアGP マルケス「レッドブル・リンクでは加速性、ウイリーの減少が重要」