★ホンダ EICMAでCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)を発表

ホンダのEICMAにおける一番の注目車両ともなりそうなアフリカツインのオフロード特化モデルCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)が発表されました。

Sponsored Link

兄弟車のCRF1000L Africa Twinと比較するとCRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)は背が高くなり、フラットシートを装備し、さらにアップライトなライディングポジションを持っています。フェアリングとスクリーンはさらなるウインドプロテクション性を発揮、大きなガード、サイドパイプがマシンを保護しています。5.4L容量が増えた燃料タンクによって、航続距離は500kmを超えます。また、快適性のために、ヒートグリップやACチャージャーなどが装備されます。

Africa Twin Adventure Sportsのエンジンはオフロード状況下でもオンロードと同様のパフォーマンスを発揮します。長距離のツーリング、通勤まで全てをこなすことが出来ます。パワー、トルク、マスの集中化などが最適化されています。

4バルブ998ccのパラレルツインエンジンは超コンパクトながら1日中使っても疲れない使いやすいパワーを発揮します。
これらは良く考えられた設計によるもので、クラッチケーシングの中にウォーターポンプがあり、エンジンバランサーシャフトがウオーターポンプ、オイルポンプを駆動しています。結果として縦方向のエンジンの長さはホンダの500ccエンジンと変わらぬもので、このエンジンの全高の低さがAfrica Twin Adventure Sportの270mmという最低地上高に貢献しています。

2018年モデルとしてエアボックスはミドルレンジのパワーとレスポンスを向上、バランサーシャフトの重量が軽減されました。エキゾーストは見直され、パフォーマンスが向上しています。

さらにスロットル・バイ・ワイヤシステムが採用され、3モードのライディングモードはライディングコンディションに応じたパフォーマンスを発揮します。またホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール(HSTC)のレンジが広がっています。

ユニークなDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)バージョンはスタンダードのマニュアルモードの設定もあり、ライダーがハンドルバー横でギアシフトを行う事が可能。さらに2つのオートマモードも搭載しています。Dモードは燃費と快適なクルージングを提供、Sモードはスポーティーなシフトパターンとなります。DCTはオフロード環境においても有効で、オフロード機能はGボタンを押すことで強化されます。このGボタンはクラッチシステムの設定が変更され、さらにダイレクトな駆動力を伝えます。

セミダブルクレードルスチールフレームは、強度と柔軟性の組み合わせにより、高速走行とオフロード走行の理想的なバランスを両立します。エンジンは6つのエンジンハンガーでマウントされ、これによって振動を最小限に抑えてステアリングダンパーを不要としています。新しいリチウムイオンバッテリーは2017年のアフリカツインのものと比較して2.3kg軽くなっています。また、CRF1000L Africa Twin Adventure Sports(アフリカツイン アドベンチャースポーツ)のプラットフォームはオフロード走行に置ける性能と耐久性向上の為に変更が加えられています。

フルアジャスタブルのショーワ製45mm倒立フォーク、フルアジャスタブルのリアショック、デュアルラジアルマウントのニッシン製4ピストンブレーキキャリパー、310mmのウェーブスタイルのフローティングディスクは2018年も変わりません。21インチのフロントホイール、18インチのリアホイールはステンレス製となります。スタンダードのフロント90/リア150のデュアルパーパスタイヤに加えて、ブロックタイヤもまた装着が可能です。

デュアルLEDヘッドライトはオリジナルと同様で、シート高は900mmから920mmで調整が可能です。(いずれもスタンダードモデルから50mmアップ)24.2Lの燃料タンクを装備し、燃費はリッターあたり21.8Lとなります。これによって500kmを超える走行が可能となっています。2018年型 CRF1000L Africa Twin Adventure Sports は、1988年にXRV650登場30周年を記念したトリコロールカラーでの登場となります。

CRF1000L Africa Twin Adventure Sports 主要諸元

型式
水冷4ストローク8バルブパラレルツイン 270°クランクユニカム
排気量 998cm3
ボア x ストローク 92.0 x 75.1mm
最大出力
70kW/7,500rpm (95/1/EC)
最大トルク
99Nm/6,000rpm (95/1/EC)
燃料タンク 24.2 litres
燃費
MT: 21.7 km/l (WMTC)/DCT: 21.8 km/l (WMTC)
ギアボックス
6速MT/6速DCT
フレーム
スチールセミダブルクレードルタイプ/ハイテンスチールサブフレーム
ディメンション
2,340 x 930 x 1,570mm
ホイールベース 1,580mm
シート高 900/920mm
最低地上高 270mm
重量
243 kg (MT), 253kg (DCT)
最小回転半径 2.6m
フロントサスペンション
ショーワ製45mm 倒立 フルアジャスタブル
リアサスペンション
フルアジャスタブル
フロントホイール
アルミニウムリムホイール
リアホイール
アルミニウムリムホイール
フロントホイールリムサイズ 21M/C x MT2.15
リアホイールリムサイズ 18M/C x MT4.00
フロントタイヤ
90/90-21 tube type
リアタイヤ
150/70-R18 tube type
フロントブレーキ
310mmデュアルウェーブディスク/4ピストンラジアルキャリパー
リアブレーキ
256mmウェーブディスク/1ピストンキャリパーslide type 1-piston caliper
インストゥルメンタル
ラリースタイルLCD
ヘッドライト デュアルLED
テールライト LED
方向指示器 LED

<ホンダヨーロッパ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ 150SS Racerをバンコクモーターショーで発表
★MotoGP2017アルゼンチンGP クラッチロー「今回は珍しく転倒せずに完走できた」
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017アメリカGP マルケス「チャンピオンシップ争いに復活出来た」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★元MotoGP王者ニッキー・ヘイデン 自転車で走行中に車と衝突し重体
★MotoGP2017オランダGP マルケス「バイクとタイヤのセットアップを見つける事が重要」
★ホンダ 2016-2017 FIM世界耐久選手権シリーズ 最終戦 “コカ・コーラ”鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会 参戦体制について
★Ducati2気筒への決別 1299パニガーレRファイナルエディションを発表
★ヤマハから2018年型X-MAX 400が登場
★マン島TTのレジェンド ガイ・マーティン ロードレース休止を宣言
★MotoGP2017チェコGP マルケス「こういう状況でも表彰台争いは出来る」
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★Ducati 2018年式 新型モンスター821を発表
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「明日は高速コーナーの安定性を改善したい」
★カワサキ 第45回東京モーターショーにおいて2018年型Ninja400を出展
★MotoGP2017マレーシアGP 予選7位マルケス「今回は優勝出来るリズムはない」
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表