★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展

ヤマハ発動機株式会社は、847cm3水冷・直列3気筒エンジンを搭載するロードスポーツのLMW*1の新製品「NIKEN(ナイケン)」*2を11月9日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」にて展示します。なお「NIKEN」は2018年に市場投入予定です。

Sponsored Link

「NIKEN」は、走行環境変化の影響を受けにくく、旋回時の高い安定感を生み出すLMWテクノロジーを搭載し、さまざまに変化する路面や、タイトコーナーが続くワインディングロードを自在に駆け抜ける高いスポーツ性能を実現しました。
また、LMWの基本性能を高める“新ステアリング機構“などの新技術投入により、LMW ならではの安定感に支えられたエキサイティングな走行性、疲労感が少なく余裕ある乗り味、斬新なスタイルなどを備えています。

「NIKEN」は、「TRICITY125」(2014年発売)と「TRICITY155」(2017年発売)に続くLMWの第3弾にあたり、当社の成長戦略のひとつ“ひろがるモビリティの世界”を推進するモデルです。

*1 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
*2「NIKEN」:前 2 輪を 2 つの剣にたとえ、ふたつの剣が新しい世界を創りだすという意味を込めた造語。

1)自然なハンドリングを生む新ステアリング機構

「NIKEN」では、スポーティな旋回性と安定感を両立させるため、「TRICITY」で実績があるLMWテクノロジーを進化させた新ステアリング機構を採用しました。「LMWアッカーマンジオメトリ※」と呼ぶ新しい構造で自然な操舵感、リーン特性、タイヤ摩耗低減効果をもたらしています。さらに45度の余裕のバンク角、外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/片側2本)、410mmトレッド設定、2 軸ステアリング機構などをバランスさせ高いパフォーマンスを実現しました。
なお“LMWテクノロジー”とは、パラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構のことで、軽快感と安定感の両立に貢献する技術です。
※LMWアッカーマンジオメトリ=当社独自の設計で“ナックルエンド”と“リーン軸”を別系統とし相互のバランスを最適化したもの。

2)走りを支えるハイブリッド・フレームと優れたハンドリングを支えるディメンション

各部の強度・剛性・しなりの要求に応じ、工法と材質を使い分けたハイブリッド・フレームを採用し、優れたハンドリングを実現しました。リアアームはアルミ鋳造+パネル溶接とし、優れた剛性・強度バランスをもたせています。
また、軸間距離からリアアーム長まで、細部の諸元の最適設計を行いました。リアアーム長は 552 ㎜(「MT-09」比 15 ㎜延長)で、ピボットとの関係のバランスをとり加減速にともなうリアアームの対地上角変位を最適化、旋回時の優れた安定感に寄与します。

3)LMW 用専用開発、15 インチ V レンジフロントタイヤ

スポーツバイク並みのハンドリングと優れた走行性能を発揮するため、LMW専用120/70R15の V レンジタイヤをフロントに採用。タイヤメーカーと共同開発しており、優れたグリップ性、耐摩耗性、ウエット性能が特徴です。

4)新メカニズムを活かした躍動感あるスタイリング

スタイリングは、“New Type of Agility & Controllability “をコンセプトとしました。フロント2輪・15インチ&片側2本のフロントサスペンションという新メカニズムを活かし、エキサイティングな走りを予感させるスタイルとなっています。
フロント2輪でしっかり地面を掴む表情、タイヤグリップと減衰感に優れたサスペンションによる踏ん張りの効く足回りの印象、そしてパワーと駆動力を伝える力強く引き締まった骨格が特徴です。
フロントフェイスは、エアロダイナミクス性能とフローティングマウントの軽快感あるスタイリングを両立。路面を睨む2眼ヘッドライトとフロントの幅を示すポジションライトの組み合わせは、機能的かつスポーティな表情を演出します。
タンクには、ネガ面を含む滑らかな曲面形状のアルミ製タンクを採用、軽量ボディに貢献し、ライダーアクションにフィットする形状です。
カラーリングは、上質感あるダークグレーメタリックを基調に、ヤマハレーシングスピリットを示すブルーをフロントフォークのアウターチューブやホイールに配し、攻めるLMWを表現しました。

5)クランク慣性モーメントを最適化したエンジン、マイルドな FI セッティング

847 cm³水冷 4 ストローク・直列3気筒・FI(YCC-T)の軽量エンジンを搭載しました。最新の 「MT-09」用エンジンをベースに、クランク慣性モーメントの最適化(「MT-09」比 18%増)、およびFI セッティングにより、スポーティかつマイルドな操作性を生み出しています。ミッションには高強度の「KKG8」材(YZF-R1 同素材)を採用しスポーティな走りに対応させています。

6)快適なツーリングを支援する数々のフィーチャー

滑らかな発進性・走行性を支援するTCS(トラクション・コントロール・システム)、車体挙動の緩和と軽いクラッチ操作荷重を支えるA&Sクラッチ、滑らかにシフトアップできるQSS(クイック・シフト・システム)、走行モードを選べるD-mode、クルーズコントロールなどを採用しました。

「NIKEN」主要仕様諸元

全長×全幅×全高 2,150mm×885mm×1,250mm
シート高 820mm
軸間距離 1,510mm
車両重量 263kg
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列3気筒
総排気量 847cm3
内径×行程 78×59.1mm
圧縮比 11.5:1
最高出力 84.6kW(115.0PS)/10,000r/min
最大トルク 87.5N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min
始動方式 セルフ式
燃料タンク容量 18L
燃料供給 フューエルインジェクション
タイヤサイズ(前/後) 120/70R15/190/55R17

「NIKEN」フィーチャーマップ

<ヤマハ発動機 プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★ホンダ 「Dio110」に新色を追加し発売
★ホンダ 新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「集中して最大限の力で走りたい」
★MotoGP2017ヘレスGP 予選6位ザルコ「6位はレースに向けて完璧な位置」
★MotoGP2017ル・マンGP ロッシはル・マンで競争力を取り戻せるのか?
★バジャージ 今年100,000台のKTMとハスクバーナの生産を目指す
★MotoGP2017ドイツGP 決勝プレスカンファレンス翻訳
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売
★LMW※チャレンジ動画「もしも○○がLMWだったら。」ベビーカー編を本日公開!!スマホ版には傾けると画面が切り替わるギミックを搭載!!
★MotoGP2017サンマリノGP 予選6位ザルコ「2列目からのスタートは重要」
★MotoGP2017ロッシ 健康診断の結果によってはアラゴンGPに参戦
★MotoGP2017ヤマハ マッシモ・メレガリ「チームオーダーは出さない」
★ホンダ 新型モデルと思われる「Neo Sports Café」のティザー映像を公開
★MotoGP2017日本GP 野左根「レースには出場したいと思っている」
★ヤマハ発動機のペーパークラフト、20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCRF250 RALLYを出展
★MotoGP2017バレンシアGP ロッシ「2017年型のM1で走っていて快適だったことは一度もない」
★ヤマハ発動機 人気のロードスポーツモデルのカラー&グラフィックを変更 2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ビニャーレス「自分は自分の信じる道を行く」