★ヤマハ EICMAで2018年型MT-07を発表

ヤマハはEICMAで新型となったMT-07を発表しました。ヤマハの中でも登場から僅か数年でベストセラーとなった大人気のモデルだけに力が入っています。ボディはさらに洗練されたデザインとなっていますが、ベストセラーモデルのキャラクターはそのままとなっています。大型化されたヘッドライトなどはMT-09の意匠を取り入れたものとのこと。燃料タンク、エアインテークなどのイメージも同様にMT-09からのもので、これによってMTファミリーの統一感を目指しています。シートも新しくなっており、サイドプレートと共にデザインにおけるアクセントになっています。

Sponsored Link

2018年型MT-07 特徴

・完全新造のボディデザイン
・エアインテーク
・新たなデザインのヘッドライト
・MT-09スタイルのテールライト
・シート計上を変更しライディングポジションを最適化
・スポーティーなフロントフォークセッティング
・リアショックにリバウンド調整が追加

MT-07 技術詳細

・698cc, 74.8hp, 182kg
・水冷689cc並列2気筒エンジン
・クロスプレーンフィロソフィーデザイン、270°クランク
・深くパワフルなトルクアウトプット
・素晴らしい燃費性能
・僅か164kgの乾燥重量
・スリムでコンパクトなバックボーンフレーム
・アジャイルで操作性の高いハンドリング
・前方に構えたデザインに深い彫り込みのボディワーク
・軽量10本スポークのアルミホイール
・フルLEDディスプレイのデジタルインストゥルメンタルパネル
・デュアル282mmフロントディスク/4ポットキャリパー
・カラー:Night Fluo/Yamaha Blue/Tech Black
・市場投入時期:2018年3月

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★カワサキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要
★「XSR900」が世界的権威のデザイン賞で最高賞に選定
★MotoGP2017 今週末のアルゼンチンGPで350戦目を迎えるロッシ
★MotoGP2017アルゼンチンGP ロッシ「本当に重要なのは日曜の午後だけ」
★世界耐久選手権(EWC) ル・マン24時間耐久レース写真ギャラリー
★MotoGP2017アメリカGP フォルガー「さらに多くのポイントを獲得出来るはず」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「ヘレスをランキング1位で迎えられるとは思わなかった」
★MotoGP2017フランスGP ビニャーレス「雨の中でのパフォーマンスが向上している」
★MotoGP2017イタリアGP ザルコ「ムジェロをMotoGPバイクで走るのは楽しみ」
★ヤマハ発動機の大ファン日本画家が描いた「MT-07」「MT-09」を企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」にて展示開始
★ホンダ 原付レジャーモデル「モンキー・50周年スペシャル」を限定発売
★MotoGP2017 ウィルコ・ズィーレンベルグが語るビニャーレス
★MotoGP2017オーストリアGP ロッシ「どのレースでも表彰台を狙える」
★MotoGP2017日本GP ビニャーレス「今週末は優勝しないといけない」
★Ducati 2018年式 新型モンスター821を発表
★MotoGP2017マレーシアGP 予選2位ザルコ「優勝争い出来るペースはあると思う」
★MotoGP2017バレンシアGP 予選2位ザルコ「もし優勝出来れば、シーズンを終える中で最高の形」
★ヤマハ発動機 応募締め切り間近!ヤマハ発動機ペーパークラフト20周年特別企画。”スケてて切れてる”パーツシートを20名様にプレゼント。
★MotoGP2018 なぜヨハン・ザルコは2017年型シャーシを乗りこなせているのか?
★MotoGP2018 ビニャーレス「M1を新しいサーキットで乗りたくてウズウズしている。」