★ヤマハ EICMAで2018年型MT-07を発表

ヤマハはEICMAで新型となったMT-07を発表しました。ヤマハの中でも登場から僅か数年でベストセラーとなった大人気のモデルだけに力が入っています。ボディはさらに洗練されたデザインとなっていますが、ベストセラーモデルのキャラクターはそのままとなっています。大型化されたヘッドライトなどはMT-09の意匠を取り入れたものとのこと。燃料タンク、エアインテークなどのイメージも同様にMT-09からのもので、これによってMTファミリーの統一感を目指しています。シートも新しくなっており、サイドプレートと共にデザインにおけるアクセントになっています。

Sponsored Link

2018年型MT-07 特徴

・完全新造のボディデザイン
・エアインテーク
・新たなデザインのヘッドライト
・MT-09スタイルのテールライト
・シート計上を変更しライディングポジションを最適化
・スポーティーなフロントフォークセッティング
・リアショックにリバウンド調整が追加

MT-07 技術詳細

・698cc, 74.8hp, 182kg
・水冷689cc並列2気筒エンジン
・クロスプレーンフィロソフィーデザイン、270°クランク
・深くパワフルなトルクアウトプット
・素晴らしい燃費性能
・僅か164kgの乾燥重量
・スリムでコンパクトなバックボーンフレーム
・アジャイルで操作性の高いハンドリング
・前方に構えたデザインに深い彫り込みのボディワーク
・軽量10本スポークのアルミホイール
・フルLEDディスプレイのデジタルインストゥルメンタルパネル
・デュアル282mmフロントディスク/4ポットキャリパー
・カラー:Night Fluo/Yamaha Blue/Tech Black
・市場投入時期:2018年3月

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★Ducati 新型V4スーパーバイク「Quattrofromaggi」を商標登録
★インド初の電動スポーツバイクEMFLUX MOTORS「Model 1」2018年モデルとして登場の予定
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★MotoGP2017イタリアGP 予選2位ロッシ「明日はタフなレースになる」
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017カタルーニャGP 5位ヨハン・ザルコ「トップ集団に追いつけると思っていた」
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「良いテストが出来た」
★MotoGP2017オランダGP フォルガー「アッセンにライディングスタイルは合っている」
★LMW※チャレンジ動画「もしも○○がLMWだったら。」ベビーカー編を本日公開!!スマホ版には傾けると画面が切り替わるギミックを搭載!!
★MotoGP2017オーストリアGP ザルコ「MotoGPバイクに乗ってどんなレースになるか楽しみ」
★MotoGP2017 今週末のシルバーストーン戦が試金石となるモビスターヤマハ
★Ducati 新型エンジン「デスモセディチSTRADALE」をサンマリノGPで発表
★MotoGP2017ロッシ 水曜日の終わりまでにアラゴンGP出場について判断
★MotoGP2017アラゴンGP4位 ビニャーレス「今のパッケージで30ポイント取り戻すのは難しい」
★MV Agustaとルイス・ハミルトンのコラボレーションモデル MV Agusta F4 LH44が限定44台で登場
★ホンダ 50㏄原付スクーター「タクト」のカラーバリエーションを変更するとともに国内排出ガス規制対応を施し発売
★ヤマハ 第45回東京モーターショーにおいてNIKEN (ナイケン)を参考出展
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてCROSS CUB 110を出展
★MotoGP2017マレーシアGP ザルコ「ロッシのほうがマルケスよりも抜きにくい」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝3位ザルコ「ソフトタイヤを選んだのが表彰台獲得の鍵だった」