★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表

ヤマハから2018年型のトレーサー900が登場しました。外観はより”ハイクオリティー”であることを目指してリファインされ、リアセクションのジオメトリー見直しなどによって、ツアラーとしてのポテンシャルもアップデートを受けたとのことです。

Sponsored Link

2018年型トレーサー900 特徴

・より洗練されたボディパネルデザイン
・ナローハンドルバーと軽量でスリムなハンドガード
・ライダーとパッセンジャーの快適性を考えた新しいシート
・片手で調整出来るウインドスクリーン
・リアジオメトリーを見直し、ツアラーとしての機能を向上
・新造のパッセンジャー用フットステップにより快適性が向上
・新造のパッセンジャーグラブバー
・新造のリアフェンダー

2018年型トレーサー900 技術詳細

・847cc 3気筒水冷4バルブエンジン
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Nimbus Grey/Tech Black/
・市場投入時期:2018年3月

2018年型トレーサー900GT 特徴

・カラーマッチしたハードサイドケースを標準装備
・フルカラーTFTインストゥルメンタルパネル
・フルアジャスタブルゴールドカラー倒立フォーク
・リアショックにリモートアジャスターを搭載
・クイックシフト
・クルーズコントロール
・ヒートクリップ

2018年型トレーサー900GT 技術詳細

・847cc/3気筒 水冷4バルブ
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Midnight Black/Nimbus Grey/Phantom Blue
・市場投入時期:2018年6月

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MVアグスタ 2017年に1台、2018年に2台の新型モデルを発表
★カワサキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要
★MotoGP2017カタールGP10位 フォルガー「どこを改善すれば良いのかわかった」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「満足しているし、自信もある」
★世界屈指のスクーター大国で大台を達成 台湾での二輪車生産累計台数1,000万台について
★MotoGP2017アメリカGP ロッシ「他の2つのレースと比べると良いスタート」
★スズキ 2018年モデル GSX-S1000 ABS 7月発売予定
★MotoGP2017フランスGP 予選2位ロッシ「新しいアスファルトが良い仕事をしている」
★ヤマハ 鈴鹿8耐3連覇を目指し、ファクトリー体制の2チームが参戦
★MotoGP2017カタルーニャGP FP3結果
★MotoGP2017オランダGP予選1位 ザルコ「表彰台獲得の良いチャンス」
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★MotoGP2017オーストリアGP7位 ロッシ「12周目に以降にリアタイヤのグリップが落ちてしまった」
★MotoGP2017 フォルガー「ロッシの後を継ぐのは自分かザルコ」
★MotoGP2017アラゴンGP9位 ザルコ「マシンバランスに問題があった」
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX HYBRIDを出展
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★ヤマハ EICMAでMT-09SPを発表
★ヤマハ発動機 超精密ペーパークラフト「YA-1」の予告ページを更新。1955年に「第一回浅間高原レース」が行われた場所で撮影を敢行。
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ザルコ「まだ2017年型の限界では走れていない」