★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表

ヤマハから2018年型のトレーサー900が登場しました。外観はより”ハイクオリティー”であることを目指してリファインされ、リアセクションのジオメトリー見直しなどによって、ツアラーとしてのポテンシャルもアップデートを受けたとのことです。

Sponsored Link

2018年型トレーサー900 特徴

・より洗練されたボディパネルデザイン
・ナローハンドルバーと軽量でスリムなハンドガード
・ライダーとパッセンジャーの快適性を考えた新しいシート
・片手で調整出来るウインドスクリーン
・リアジオメトリーを見直し、ツアラーとしての機能を向上
・新造のパッセンジャー用フットステップにより快適性が向上
・新造のパッセンジャーグラブバー
・新造のリアフェンダー

2018年型トレーサー900 技術詳細

・847cc 3気筒水冷4バルブエンジン
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Nimbus Grey/Tech Black/
・市場投入時期:2018年3月

2018年型トレーサー900GT 特徴

・カラーマッチしたハードサイドケースを標準装備
・フルカラーTFTインストゥルメンタルパネル
・フルアジャスタブルゴールドカラー倒立フォーク
・リアショックにリモートアジャスターを搭載
・クイックシフト
・クルーズコントロール
・ヒートクリップ

2018年型トレーサー900GT 技術詳細

・847cc/3気筒 水冷4バルブ
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Midnight Black/Nimbus Grey/Phantom Blue
・市場投入時期:2018年6月

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link