★ヤマハ EICMAで2018年型トレーサー900/900GTを発表

ヤマハから2018年型のトレーサー900が登場しました。外観はより”ハイクオリティー”であることを目指してリファインされ、リアセクションのジオメトリー見直しなどによって、ツアラーとしてのポテンシャルもアップデートを受けたとのことです。

Sponsored Link

2018年型トレーサー900 特徴

・より洗練されたボディパネルデザイン
・ナローハンドルバーと軽量でスリムなハンドガード
・ライダーとパッセンジャーの快適性を考えた新しいシート
・片手で調整出来るウインドスクリーン
・リアジオメトリーを見直し、ツアラーとしての機能を向上
・新造のパッセンジャー用フットステップにより快適性が向上
・新造のパッセンジャーグラブバー
・新造のリアフェンダー

2018年型トレーサー900 技術詳細

・847cc 3気筒水冷4バルブエンジン
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Nimbus Grey/Tech Black/
・市場投入時期:2018年3月

2018年型トレーサー900GT 特徴

・カラーマッチしたハードサイドケースを標準装備
・フルカラーTFTインストゥルメンタルパネル
・フルアジャスタブルゴールドカラー倒立フォーク
・リアショックにリモートアジャスターを搭載
・クイックシフト
・クルーズコントロール
・ヒートクリップ

2018年型トレーサー900GT 技術詳細

・847cc/3気筒 水冷4バルブ
・アシスト&スリッパークラッチ
・3モードトラクションコントロール
・D-MODE搭載
・スリム&軽量なCFダイキャストアルミニウムフレーム
・大容量の18L燃料タンク
・スタンダードでメインスタンドとABSを装備
・カラー:Midnight Black/Nimbus Grey/Phantom Blue
・市場投入時期:2018年6月

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「フロントのフィーリングを見つける必要がある。」
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017ヘレスGP ロッシ「セッティングに問題がある。」
★MotoGP2017ヘレスGP 10位ロッシ「バイクとタイヤが喧嘩をしている状態だった」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント モビスターヤマハ
★MotoGP2017 ヨハン・ザルコ「良いテストが出来た」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★Ducatiの新型V4スーパーバイク、今年秋ごろには登場か?
★スズキ、新型125ccスクーター「アドレス125」を発売
★ヤマハ 2017年度グッドデザイン賞に6点が選出 スポーツコミューター「TMAX530」グッドデザイン・ベスト100受賞
★MotoGP2017ヤマハ マッシモ・メレガリ「チームオーダーは出さない」
★MotoGP2017日本GP フォルガー「シーズン中盤のスピードを取り戻したい」
★MotoGP2017日本GP ロッシ「現状これ以上打つ手がない状態」
★MotoGP2017日本GP 8位ザルコ「レースで接触するのは普通のこと」
★MotoGP2017オーストラリアGP 予選2位ビニャーレス「プレシーズンテストから使えるものはない」
★ホンダ EICMAで2018年型のCB1000Rを発表
★カワサキ Ninja H2 SXの北米価格はSXで$19,000、SEバージョンで$22,000
★MotoGP2018 シルヴァーノ・ガルブセラ「2017年は本当に酷いシーズンだった」
★Emflux Motors デリーAuto Expo 2018でEmflux ONEを発表
★二輪車3モデル「MT-10 SP」「TMAX530 DX」「XMAX 300」 世界的デザイン賞「iFデザインアワード」5年連続受賞