★ドルナ 2019年から電動バイクチャンピオンシップを検討

ドルナのカルメロ・エスペレーターによると、ドルナの主催で2019年までに電動バイクのチャンピオンシップを開催する計画があるとのこと。MotoGPライダー14名、Moto2ライダー4名の全18名での年間5戦というところまでフォーマットは決まっているようです。しかしこのレース、チームとライダーにとって参戦のメリットがあるのかというとどうなんでしょうね。

ドルナのカルメロ・エスペレーターはスペインの放送局であるASに、将来的に独自の電動バイクのレースシリーズをスタートしたいと語った。この電動バイク選手権は、FIMの e-Powerチャンピオンシップの後を次ぐ形で2019年までに開催したい考えだというが、e-Powerとはいくつか異なる点があるという。

Sponsored Link

エスペレーターによるとこの選手権は全5戦で、既存の選手権カレンダーと抱き合わせでの開催を検討しているという。レースはワンメイクの形で、パドックの既存チームとライダーでエントリーを満たしたい考え。どのメーカーがバイクを供給するのかはわからないが、恐らく既存のGPパドックにいるメーカーのバイクとなることが予想され、MotoCzyszのE1pcなどがグリッドを埋めるとは考えにくい。

エスペレーターはこの選手権は間違いなくカーボンニュートラルなレースになるとし、この選手権を開催するサーキットは、風力もしくはソーラーパネルによるグリーン・エネルギーパワー・ステーションを併設する事が必要となる。エスペレーターが企画しているのは、14人のMotoGPライダー、Moto2の中から最も速い4名が参戦し、ラップ数は10周、最高速度は200km/hまでだという。

電動バイクのレースが死に絶えたと思える状況では面白い企画だ。現状電動バイクにとって最も価値ある大会となっているのはマン島TTで、ここでは無限のバイクがエントリーを独占している。将来はどうなるかわからないながら、アメリカで開催されているパイクスピークヒルクライムもまた、電動バイクにとっての大きな大会となっている。

モータースポーツのオーガナイザーとしてしっかりとしたドルナが電動バイクのレースを企画するというのは最も良い形と言える。これから2年で、このレースがどのように企画されていくのかを楽しみにしたい。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト Team Estrella Galicia 0,0 Marc VDSホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト テック3ヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017アルゼンチンGP イアンノーネ「エレクトロニクスの改善が必要」
★MotoGP2017アメリカGP11位 フォルガー「ミスによってオーバーテイクされてしまった」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017 5/23時点でのポイントスタンディング
★ヘイデン選手の地元オーエンズボロでヘイデン選手の葬儀が執り行われる。
★MotoGP2017イタリアGP FP3結果
★MotoGP2017ミシュランタイヤ オーストリアGPプレビュー
★ティト・ラバトのMoto2タイトル獲得マシンがEbayに出品?と思われるも、実際は別物
★ツインリンクもてぎ 2023年までFIM MotoGP世界選手権 日本GPの開催地となることを発表
★MotoGP2017 Marc VDSレーシング トーマス・ルティを起用。2018年はルーキー2人体制に
★MotoGP2017イギリスGP ウォームアップ結果
★MotoGP2017サンマリノGP ロレンソ「表彰台、優勝を狙えないという事はない」
★MotoGP2017ミシュラン サンマリノGP決勝レースリリース
★MotoGPイギリスGP 2018年のMotoGP開催を強く望むシルバーストーン
★MotoGP2017日本GP リンス「3連戦でどんなレースが出来るか興味深い」
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「コーナーでタイムを失っている部分が大きい」
★MotoGP2017マレーシアGP 決勝2位ロレンソ「フロントが滑ってしまった。2位は悪くない結果」
★MotoGP2017バレンシアGP Q2結果