★MotoGP2017バレンシアGP アプリリア今年もREDのスペシャルカラーリングで参戦

今週末のバレンシアGPに、アプリリアは怪我から復帰するアレイシ・エスパルガロ選手、これでMotoGPクラス最後の走行となるサム・ロウズ選手という2人体制で参戦します。なお昨年に引き続きアプリリアはエイズのチャリティーを支援するREDのスペシャルカラーリングで参戦します。

Sponsored Link

アプリリアは怪我を負っていたアレイシ・エスパルガロ、サム・ロウズのフルファクトリー体制で、今週の最終戦バレンシアに参戦する。チームはREDのスペシャルカラーリングのマシンを走らせる。REDは2006年に設立され、4億7500万ドルをAIDS撲滅、マレーシアで発生した結核などに費やしてきた。アレイシ・エスパルガロはセパンをフィリップアイランドで負った怪我のために欠場している。

アレイシ・エスパルガロ

「またバイクに乗るのが待ち遠しいです。RS-GPが懐かしいですよ。怪我でマレーシアGPを欠場したのは残念でした。残念ながらこれは危険なスポーツであり、こうしたことは起き得るものなんです。自信はあります。手は痛みはあるものの、良くなりました。100%で走りますよ。チーム全体も自分も素晴らしい形で今シーズンを終えるべきです。ずっとハードに作業をしてきましたし、2018年に向けてしっかりとした自信とともに挑みたいですね。」

ルーキーのサム・ロウズはMoto2に2018年から参戦する前の最後のアプリリア機の操縦となる。

サム・ロウズ

「バレンシアでは良い走りをしたいですね。何度もテストを行った場所ですし、セッティングは良いベースがあります。3連戦の後で、しっかりとバッテリーをチャージ出来ましたし、全力を尽くして自分とチームのために走りたいですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link