★MotoGP2017バレンシアGP ドヴィツィオーゾ「戦略は1つ、優勝を目指すことだけ」

泣いても笑ってもこれが最後のレース、最後のタイトル優勝の可能性のレースとなるDucatiとドヴィツィオーゾ選手。戦略は1つ、優勝すること。そしてマルケス選手が12位以下でフィニッシュすることを祈るだけです。悔いのないレースにして欲しいですね。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「速いライダーが何人もいますから特にこのトラックでは難しいレースになるでしょう。ただ自分達も良いスピードがあると思いますし、最初の練習走行から集中して行く必要があります。レースに向けて素晴らしいスピードを発揮する事が重要です。レースで何が出来るかですが、戦略は1つしかありません。優勝を目指し、マルケスがどんな走りをするか見るということです。」

「多くのプレッシャーは感じません。なぜなら今シーズンは本当に最高のシーズンですから。自分達が成し遂げて来たことは理解していますし、自分達のバイクのポジティブな点、ネガティブな点も理解しています。ですから今の結果には本当に満足なんです。
恐らくテレビで観戦している多くの人達はこんな結果は期待していなかったでしょう。ですからそれもあって嬉しいんです。そして自分達が成し遂げた事を誇らしく思っているんです。」

「開幕戦から良い位置でレースをスタート出来ました。少し苦戦もありました。でもムジェロからは素晴らしい競争力を発揮出来ました。ですからアップダウンがありましたけど、こうやって最終戦でチャンピオンシップ争いを続ける事が出来ているんです。本当に嬉しいですし自分達が成し遂げた仕事に関しても嬉しく思っています。今回もレースの中で作業が必要な内容がありますが、どうなるかですね。21ポイントは大きな差です。非常に難しいでしょう。でも可能性はあります。ですから自分達の作業に集中して、優勝を目指すのみです。」

「Ducatiはこのトラックではアップダウンがあります。過去には自分は苦戦しました。ただ今年は自分達のスピードは悪くありません。今年はレースにおいてのみスピードを感じない時があるんです。今年は例年よりも競争力が高いでしょう。ただいつもどおり、コンパウンドが昨年と異なりますから、まずはタイヤを理解することが大事です。競争力を発揮出来ると思いますが、優勝争いが出来るほどかどうかは正直わかりません。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link