★MotoGP2017バレンシアGP ザルコ「マルケスについて行きたいし、優勝争いもしたい」

MotoGPルーキーイヤーでの優勝を狙うザルコ選手。表彰台は獲得出来ているものの、ソフトタイヤを履いた場合は最後までタイヤが保たないということが問題となっています。この問題を解決出来れば、レースにおいては優勝候補の1人となるでしょう。

Sponsored Link

ヨハン・ザルコ

「今朝は良いペースでスターチ出来たので嬉しいですね。レースに向けてソルトタイヤは良いチョイスでしょう。ですからこのタイヤはセーブして、予選とレースにとっておく必用があります。この戦略をとるにはミディアムタイヤで走行することが必要です。そしてその後にソフトタイヤを履けば、大きくタイムを向上出来るでした。しかし今回は午後に思っていたほどの改善を遂げることが出来ませんでした。ただ競争力はありますし、明日また作業を進めます。」

「ペースに関してはわかりませんが、今朝トップ10でユーズドタイヤを使っていたのは、自分とマルケスだけでしょう。15周走るのはかなり大変でしたが、なんとかしたいと思います。良い解決策が見つかれば、15周以降も良いフィーリングが得られるでしょう。マルケスについて行きたいですし、優勝争いもしたいですね。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link