★MotoGP2017バレンシアGP 予選プレスカンファレンス翻訳

今シーズン最後の予選プレスカンファレンス翻訳となります。話題はいかにマルケス選手が明日のレースに挑むのか?といった内容に集中していますが、ザルコ選手もMotoGP初優勝、イアンノーネ選手も今シーズン初表彰台を狙うという形のレースとなります。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「英語にはA typical day in the office(典型的な1日)という表現がありますが、あなたにとってこの言葉はポールポジションを獲得しつつもターン4で転倒するというものでしょうね。」

マルク・マルケス

「ええ。ポールポジションをこの特別な週末に獲得出来たことは嬉しいですね。これで73回目のポールポジションで、これは横にいる弟のゼッケンナンバーでもあります。素晴らしい形ですし、特にリズム、バイクへのフィーリングに関して満足しています。予選の最後にタイムを向上しようとして小さなスライドがありました。明日はどうなるかですが、天候は安定しているようですからこれは重要なことです。ペースは問題ないので、適切なリアタイヤを選択することが重要です。ただ木曜日にお話したように、マルケススタイルでウォームアップまで走って、その後に戦略を変えるかもしれません。明日のコンディションに少し合わせる必要があるかもしれません。 今のところはバイクに関するフィーリングは良いですから、これが一番重要だと言えるでしょう。」

 

ニック・ハリス

「2回転倒はありましたが、2日間良い形でした。レースペースは素晴らしいですね。」

マルク・マルケス

「確かに転倒はありましたが、これは常に感覚以上にプッシュしているからです。1周目は難しいでしょう。チャンピオンシップ争いをしている時は、いつもよりバイクの上で体が固まってしまいますから。そこから通常のライディングをするのには時間がかかります。ただFP4ではかなり周回数を重ねたタイヤでしたがリズムは悪くありませんでした。どうなるかですが、同じメンタルで、同じ集中を維持することが明日重要でしょう。」

 

ニック・ハリス

「フロントローには2人の危険な選手がいますが(笑)」

マルク・マルケス

「フロントローが、マルケス、ザルコ、イアンノーネと聞くと、いかにも危険な感じですよね(笑)1コーナーで何か起きそうな気もしますが、明日は大事なレースですから、自分はしっかりと良い形でレースをコントロールする必要があります。ザルコは序盤で非常に速いですし、イアンノーネもファイターですからね。ただその中でも自分はベストを尽くします。明日はレースを終えることが最も重要ですから。」

 

ニック・ハリス

「こういう立ち位置には以前もいましたが、ナーバスに感じますか?今晩は寝ることが出来そうですか?」

マルク・マルケス

「もちろん自分も人間ですから、今晩は1時間ほど中々寝付けないかもしれません。ただもしドヴィツィオーゾがポールポジションで、自分が9位とか10位であったら、よりナーバスに感じるでしょうね。ただ、今日のターゲットはフロントローでしたが、これを達成することが出来ました。ですから全てが計画どおりと言えます。ただ明日が最も重要な1日になります。ですから、明日は同じメンタルで挑むということが最も重要になります。」

 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それではザルコ、セパンでも表彰台獲得で良い感触だと話していましたが、オーストラリアでももう少しで表彰台でした。今回のレースも失うものはないわけですから、全力でプッシュをするのでしょうね。」

ヨハン・ザルコ

「何も失うものはないからというメンタルでレースに挑むわけではありませんが、十分な自信を感じています。金曜に良い走行が出来ましたし、そこで足りなかったものは土曜に改善することが出来ました。日本、オーストラリア、マレーシアと作業してきた内容が、未だに自分達を助けてくれています。そこから学ぼうとしていますし、プッシュを続けようとしています。そしてラップタイムを向上しようとしています。明日は2番手スタートであるということが非常に嬉しいですね。明日はイアンノーネが強いでしょうし、自分のほうが前にいるとは言え、ホルヘも強いでしょう。彼は予選では転倒があってあの順位ですから。この2人は自分と同じく失うものはありませんし、何よりも優勝することに飢えています。マルケスはタイトルを獲得するために、いつもよりも考えて走る事になるでしょう。FP4では良いペースでしたが、あと0.1秒ほど足りないと思っています。ただ、だからと言って、明日優勝争いを狙わない手はありませんよね。」

 

ニック・ハリス

「マルクは、ターン1はあなた方2人がいるとなると面白いことになると話していましたが、同じ考えですか?」

ヨハン・ザルコ

「イアンノーネに加えてロレンソもいるということを考えたほうが良いでしょう。彼は常にスタートが速いですし、ターン1をどう走るかを理解いています。明日はファイター達と共に走ることになります。スタートで遅れを取るとなると30周のレースでは厳しい戦いになります。ですから最後まで3番手くらいまでの位置で走りたいと思っています。」

 

ニック・ハリス

「ヨハンありがとう。それではスズキのアンドレア・イアンノーネ。セパン、日本、フィリップアイランドと良い走行が続いていると言えますね。」

アンドレア・イアンノーネ

「確かにそうですね。日本からトップライダー達、トップファクトリーとの差を詰める事が出来ています。アラゴンテストから素晴らしい形で作業が出来ていて、今の状況には満足です。今年はずっとつらい状況が続いてきましたが、けして諦めずに戦ってきました。そして明日はこうしてフロントローからスタートが出来るわけです。これは自分達にとっては素晴らしいチャンスです。ただいずれにしても、マルク、ヨハン、ホルヘは素晴らしいペースで走っています。自分達はタイヤの摩耗により苦戦している状況ではあります。ただエンジニア達は今晩、そして明日にかけてハードに作業をしてくれるでしょう。」

 

ニック・ハリス

「今シーズンはあなたにとってはどの程度タフなシーズンだったのでしょうか?今年は実にタフな1年であったでしょう。」

アンドレア・イアンノーネ

「確かにハードでしたね。昨年のテストの間はそこまで苦戦していなかったんですけどね。ただ自分達がミスを犯したのだということに気づくのが遅かったと言えるでしょう。ある状況で判断ミスをしてしまったわけですが、ブルノから徐々に改善をすることが出来たんです。アラゴンからしっかりとした結果が出るようになってきたわけですが、ガレージにいる皆と一緒に良い形で作業を続けることが出来ていると思います。来年は良いバイクを作りあげて、今年に比べて2018年が良い年になることを願っています。」
 

ニック・ハリス

「アンドレアありがとう。それでは私からは以上です。フロアからの質問をどうぞ。」

 

Q

「アレックス、2014年はジャック・ミラー相手にチャンピオンシップを戦っていましたが、その時にマルクがあなたを元気づけるためにエミネムの曲をかけたそうですね。明日のレースに向けて彼の為にかける曲はなんでしょう?またヨハンに聞きたいのが、今年ファクトリーライダー達に多くの問題を与えている2017年型のM1をテストしたいと思いますか?」

アレックス・マルケス

「自分はエミネムでは無くて、何かしら違う音楽をかけると思います。彼は落ち着いてレースに挑む必要がありますから。」

ヨハン・ザルコ

「以前にもお話しましたが、ヤマハが来年戦闘力の高いパッケージを用意してくれるだろうということに疑問は持っていません。火曜日と水曜日にどんなバイクをテストすることになるかについては、月曜日にチーム、そしてヤマハと共にお伝えすることになるでしょう。今週は自然体でスタートしましたが、こうすることで何を感じるか、どのようなフィードバックを返す事が出来るかなど、最高の仕事が出来ます。2017年型なのか2018年型なのか、それとも2016年型で来年も走ることになるのか全くわかりませんが、チームが提示してくれた内容に従うだけです。」

 

Q

「昨日のプレスカンファレンスでは、リン・ジャービスは来年も今年とほぼ同じ体勢でと話していました。つまり1年落ちのバイクをテック3にというプランですが、LCRのクラッチローや、Ducatiのペトルッチのようにサテライトながら最新型を使用するという形にはなりますか?」

ヨハン・ザルコ

「もし2017年型のバイクに大きな問題があるのだとしたら、ビニャーレスがチャンピオンシップで3位、バレンティーノがチャンピオンシップで4位というようなことにはならないでしょう。自分はルーキーでチャンピオンシップ6位ですが、本当にバイクに問題があれば彼らのほうが順位が悪い事もあるわけです。ただ彼らは今シーズンの後半を非常に良い形で終えようとしています。今回は素晴らしいペースで走行していますが、これがバイクのおかげなのか自分の力にもよるものなのかどうかは来年わかるでしょう。今年は日本人の働き方に驚いた年でもあって、マルケスもホンダ、イアンノーネもスズキということで共感してくれるでしょうが、日本人は本当に色々な事を考えて色々なデータを分析しています。そして何をどうすれば良いかを考えているんです。そして彼らは通常あまり馬鹿らしことはしませんからね。」

 

Q

「マルケスとザルコに質問です。マルティンはポールポジションはこれで9回目となりますが、彼はファステストラップや優勝に結び付けることが出来ないでいます。結果を出すために何かアドバイスはありますか。」

マルク・マルケス

「確かに本当に1周で速いですけど、レースで優勝するのは状況を理解してスマートである必要があるんです。あとは経験ですね。Moto3で時には最速のライダーが優勝しないということもあるんです。今年はミルが最速です。経験もありますしね。マルティンは速いですが、来年はさらに速くなるでしょうしタイトル候補でしょうね。」

ヨハン・ザルコ

「待つことが大事ですね。来年はミルはMoto2に行きますし、彼はレースでは本当にクレバーです。彼は怪我をしていますから難しいでしょうが、とはいっても明日勝利しなくとも、今年のフランコ・モルビデッリのような感じでしょう。彼はレースに出れずとも、そのアグレッシブ、勝利への渇望でさらに来年強くなるでしょう。」

 

Q

「ヨハン、マルケス兄弟に挟まれていかがですか?」

ヨハン・ザルコ

「アレックスは素晴らしい選手ですね。マルクとの関係も近いですしね。マルクに前回2人でポールを獲得したのはいつ?と聞いたんですが、多分アレックスがMoto3時代の時だろうということです。自分は未だにカタルーニャ語はよくわかりませんけどね。」

 

Q

「転倒の後はフロントタイヤに対して非常に頭に来ていたようでしたが、何が起きたんでしょうか?」

マルク・マルケス

「あれは自分に頭に来ていたんです。ボックスでクルーチーフのサンティに話したんですが、最初の走行ではリアが暖まって、フロントはまだターン4で準備出来ていない状況でした。で彼は”それに関してはもう少し待ってみるしかないんじゃないかな”ということだったので、自分は”わかった。やってみるよ”という形でトライしたんです。その結果転倒してしまったわけです。これは1本目のタイヤの1周目でもわかっていたことでした。それで2周目にラップタイムが出て、最後に履いたタイヤでもう一回トライして転倒したわけです。」

 

Q

「2013年にホルヘとタイトル争いをここでしていた時、ホルヘはペースを落としてあなたがミスをするか様子を見ていた状況でした。明日は同じようなレースになると思いますか?」

マルク・マルケス

「そうはならないでしょう。2013年はホルヘは練習走行から最速でしたが、今回ドヴィは最速ペースではありません。彼は9位よりは良いペースですが、最速ペースではないでしょう。ペースを落として11人のライダーを自分達の前に出すというような戦略は出来ないでしょうね。ですからもし自分が彼と同じ状況であれば非常に難しいでしょう。ただ、そういった形でどうするかという事は考えたくないですね。明日は落ち着いて集中してレースをする必要があります。いつもは2つの目で状況を見ていますが、明日は他のライダーをコントロールし、アグレッシブなライダーがいれば先に行かせるなど、4つの目が必要です。とにかく今はウォームアップに集中して日曜を良い形でスタートしたいと思います。天候が安定しているということが良いフィーリングを与えてくれますので、いつも通りのレースをしたいですね。」

 

Q

「マルク、いつもよりもレース序盤で注意するということですが、今日はフロントでスライドがあって転倒したということだと思いますが、これによって序盤はさらに注意深く走行しようと思いますか?またヨハン、昨日は何かが足りなかったと話していましたが、それを見つけたと話していました。何が足りなかったのでしょうか?」

マルク・マルケス

「天候が大きく変わらない限りはフロントはハードを履くでしょう。30周を考えるとハードが最適でしょうから。また最初の2周はかなり注意するでしょう。それにレースの最初の周というのは予選のようにはプッシュしないものです。それにここはターン4、ターン11に関してはミスをしやすいので、より注意が必要なんです。」

ヨハン・ザルコ

「金曜は良いペースですぐ走れたんですが、そこからさらにタイムを向上するのがリアタイヤのスライドがあって難しかったんです。ただリアショックを調整することで良いタイムが出ました。これをFP2とFP3の間に作業したんです。そしてFP4と予選の間でも少し調整を行ないました。これによって最高のフィーリングが得られました。」

 

Q

「MotoGPのレベルは非常に高いわけで、最高の結果を出すか、グラベルで終わるかのラインというのはどこにあるのでしょうか?」

マルク・マルケス

「コンスタントで走るということが非常に難しいんです。ですから今年は多くのライダーにアップダウンがあるんです。レベルをしっかりとキープ出来るライダーがしっかりとポイントを獲得する事が出来るんです。2013年は調子が悪い時であっても4位とかでした。でも今年は調子が悪いと9位、10位、11位になってしまうことがあります。ですから今は多くのポイントを容易に失うことになります。でも自分はこういう状況が好きです。よりプッシュしないといけませんし、夏休みの間は5名のライダーが僅か28ポイントの中にいる状態でしたからね。」

ヨハン・ザルコ

「Moto2と比較すると、バイクとタイヤのポテンシャルが高いんです。Moto2でコーナーの進入などでプッシュをし過ぎると転倒に繋がります。これがMotoGPの凄いところで、バイクのポテンシャルが非常に高く、ライダー達もそれを引き出す事が出来るんです。ですからタイヤが新しいうちはこういったあらゆる事が出来るんですが、タイヤが摩耗してくると出来ることが減ってくるんです。ですから、そういった場合はやり方を変える必要があるんです。これがMotoGPにおいて難しい点で、多くのライダーが高い戦闘力を持っているんです。ですから例えば、明日のように1周目から30周まで走り方をコントロールする必要があるんです。そしてこのクラスのトップライダー達というのは、まるで頭にコンピューターが付いているかのように、あらゆる状況を把握して最適なタイミングで何をするかを理解する事が出来るんです。これがMotoGPカテゴリーの凄いところでしょうね。」

アンドレア・イアンノーネ

「今年に関してはどのライダー達も接近していますし、プライベートチームもファクトリーチームと接近しています。そしてこれが今年のチャンピオンシップを非常に面白くしていると言えるでしょう。エレクトロニクスの統一化、タイヤがミシュランになったこともあり、レベルがフラットになったと感じます。特にファクトリーチームではないライダー達にとっては、これは大きいでしょうね。皆にとって良いことだと思います。今年はあるレースではより苦戦するようなことも出ています。ただ、これはどのファクトリーに関しても言えることで、オーストラリアではDucatiにとっては災難でしたしホンダが速かったですよね。あるレースではヤマハが苦戦することもあり、そうでないこともありました。ですから皆にとってアップダウンのあるシーズンになっていますが、観戦している人達にとっては、より面白いシーズンになっていることでしょう。」

 

Q

「マルク、まだバイクにはメッセージシステムはつけていないんですよね?これがバイクについていれば、ドヴィツィオーゾのポジションを常に教えてくれるということで、より落ち着いてレースが出来るのではないでしょうか?」

マルク・マルケス

「確かに明日はドヴィがどこにいるかをしっかりと把握してレースをする事が重要になります。ただ、非常に重要になるのが、こういったシステムがついていないことで、より多くの注意を払う必要がないということなんです。自分は自分のレースをする必要がありますし、完走が絶対条件なんです。他のライダーの結果がどうであるというのを待つ意味はないんです。どうするかはチームと話す必要がありますが、メインストレートでピットボードを見ることは出来ますからね。それで十分だと思います。ですから、それ以外は今週ずっとやっているように、自分達のレベルを維持していくことが最も重要になるでしょう。」
 

ニック・ハリス

「以上ですか?それではSNSからの質問をスティーブン・デイからお願いします。」

 

スティーブン・デイ

「それではアンドレアから聞きましょう。Facebookからの質問です。”小さな転倒をした時は、レザースーツは修理に出されるのか、単純に捨ててしまうのでしょうか?また年間では、何着くらいのレザースーツを使用するのでしょう?”」

アンドレア・イアンノーネ

「新しいものに替えますね。時にはそのまま使用することもあります。どの程度そのスーツを使用するかは転倒の程度にもよりますね。間違いなく自分とマルクはかなりのレザースーツを必要とするでしょうね。」
 

スティーブン・デイ

「だいたい、どれくらいのレザースーツを使用するのでしょう?」

マルク・マルケス

「自分は今年に関しては検討もつきませんね。」

アンドレア・イアンノーネ

「少なくとも20着でしょうね。」

 

スティーブン・デイ

「ありがとう。次はヨハンです。Twitterからの質問です。”あなたのお気に入りのトラック、最も苦手なトラックに関しては、Moto2からMotoGPにクラスが変わった中で変わったのでしょうか?”」

ヨハン・ザルコ

「自分にとって最も心配だったトラックというのは、今年最も素晴らしい結果を残したル・マンなんですよ。それからヘレス、オーストラリアですね。Moto2では問題を抱えていたトラックなんです。MotoGPにステップアップしてからは、”これらのトラックで何が出来るだろうか?”と考えていました。ヘレスでは素晴らしいオーバーテイクを何度もして表彰台まであと少しでした。ル・マンでは表彰台を獲得し、オーストラリアでは忘れることが出来ないような夢のレースとなりました。」

 

スティーブン・デイ

「ヨハンありがとう。それでは今年最後のSNSからの質問はTwitterからマルクへの質問です。”明日もっとストレスを感じるのはあなた?それともチームですか?”」

マルク・マルケス

「もちろんチームでしょう。バイクに乗っている時は、自分で状況をコントロール出来ているかそうでないかというのは理解出来ているものなんです。ただ、チームとして外から見ていると、スタートの瞬間からゴールまで心配していることになります。自分ももちろんプレッシャーはありますが、メカニックはもっと大きなプレッシャーを抱えています。彼らは全てがちゃんと機能して欲しいと願っているわけですし、間違いなく彼らは自分よりもプレッシャーを抱えているでしょう。」

 

ニック・ハリス

「皆さんそれではありがとうございます。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールGP 開幕プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタールGP ヨハン・ザルコ「こうした転倒もレッスンの一部」
★MotoGP2017 リン・ジャービス「チーム内の雰囲気は最高」
★MotoGP2017アメリカGP優勝 マルケス「簡単に見えたかもしれないが難しいレースだった」
★MotoGP2017アメリカGP ビニャーレス「妙な転倒だった。さらに強い状態でヘレスを目指す」
★MotoGP2017ヘレスGP ロレンソ「ホームGPのファンの前でDucatiを乗るのが待ちきれない」
★MotoGP2017ヘレステスト初日 ロレンソ「どんどんフィーリングが良くなっている。」
★MotoGP2017フランスGP ドヴィツィオーゾ「ル・マンはさらにDucatiに合ったトラック」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「明日の朝は良いセッティングを見つけたい」
★MotoGP2017イタリアGP フォルガー「ムジェロはヤマハに合っている」
★MotoGP2017チェコGP ロッシ「今も昔のライバル達のファイティングスピリットは同じ」
★MotoGP2017チェコGP FP3結果
★MotoGP2017ブルノテスト マルケス「オーストリアに向けてアイディアがある」
★MotoGP2017 スコット・レディング 現時点でのアプリリア移籍を否定
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「自分達ならやれると信じる事が重要」
★MotoGP2017ミシュラン アラゴンGP決勝レースリリース
★MotoGP2017オーストラリアGP マルケス「最も重要なのはドヴィの前でレースを終えること」
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「状況は良くなったが、ウェットで昨年ほどのスピードはない」
★MotoGP2017マレーシアGP ロッシ「このバイクをウェットで乗るのは難しい」
★MotoGP2017バレンシアGP マルケス「レースを楽しむ事が一番重要」