★MotoGP2017バレンシアGP 決勝レース結果

最終戦バレンシアGPの決勝結果です。気温は25°、路面26°のドライコンディションのレースとなりました。この30周のレースでホールショットを奪ったのはペドロサ選手。マルケス選手はスタートで軽くウイリーをし、スタート失敗か?と思わせますが、すぐに追いつきます。マルケス選手はすぐにトップに立ちますが、後ろから追いすがるザルコ選手に気づいて、すぐにザルコ選手を先行させます。

Sponsored Link

ザルコ、マルケス、ペドロサ、ロレンソ、ドヴィツィオーゾというトップ5でレースは距離を重ねる中、ロレンソ選手に対して”マップ8へ切り替えよ=ドヴィツィオーゾを先行させろ”というダッシュボードメッセージが出ますが、ロレンソ選手はこれに従わず、もしくは気付かずに走行を続けます。しかし、その後にピットボードに「ポジションを1つ下げろ」というメッセージも表示されていましたので、これは無視をしていたと考えるのが自然でしょう。しかしこの時点でのマルケス選手の位置を考えると、ロレンソ選手にとってはドヴィツィオーゾ選手を先行させる意味が無いとも言え、このチームからの指示は若干不可解でもありました。

この後マルケス選手が何度かブレーキングミスをしますが、残り7周でターン1で大きなミスをしてトップから5位にまで順位を落とします。この後3位に順位を上げたロレンソ選手が残り6周で転倒リタイア。そして同一周回にドヴィツィオーゾ選手も転倒します。この瞬間にマルケス選手の2017年のチャンピオンシップ優勝が決定します。

これでレースで優勝したのはペドロサ選手、2位ザルコ選手、3位マルケス選手、4位リンス選手、5位ロッシ選手、6位イアンノーネ選手、7位ミラー選手、8位クラッチロー選手、9位ピッロ選手、10位ラバト選手となりました。

レースの残りの周回ではMotoGP初優勝を狙うザルコ選手、ペドロサ選手がバトルを展開、最終的にペドロサ選手が優勝してレースを終えました。終わってみればあっけない結果となりましたが、2017年のワールドチャンピオンはマルケス選手という形で2017年シーズンは幕を閉じました。

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト1日目 結果
★MotoGP2017カタールテスト1日目 ビニャーレス「バイクに上手く適応出来ている」
★MotoGP2017カタールGP ロッシ「ザルコがここまで速いとは思っていなかった」
★MotoGP2017 今週末のアルゼンチンGPで350戦目を迎えるロッシ
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」
★MotoGP2017アメリカGP マルケスのスペシャルヘルメット”GiveMe5”
★MotoGP2017フランスGP 予選5位マルケス「セットアップにもう少し時間が必要」
★ロジャー・リー・ヘイデン「兄さん、また一緒に走る時まで。。愛をこめて」
★MotoGP2017イタリアGP ロッシ「体調は日増しに回復している」
★MotoGP2017カタルーニャGP マルケス「新レイアウトは自分好み」
★MotoGP2017オランダGP FP4結果
★MotoGP2017オランダGP ドヴィツィオーゾ「コンスタントに速く走ることを考えていた」
★MotoGP2017オランダGP ポル・エスパルガロ「非常に重要でポジティブな結果」
★MotoGP2017 8/16時点でのポイントスタンディング
★MotoGP2017ミシュラン サンマリノGP決勝レースリリース
★MotoGP2017アラゴンGP ビニャーレス「ウェットでこんなパフォーマンスではタイトル争いは出来ない」
★Ducatiダヴィデ・タルドッツィ 「デスモセディチの旋回性は改善しつつある」
★MotoGP2017日本GP 決勝結果
★MotoGP2017マレーシアGP Q1結果
★MotoGP2017マレーシアGP ロレンソ「あの状況で何をすべきかは、言われずともわかっている」