★MotoGP2017バレンシアGP 決勝プレスカンファレンス翻訳

バレンシアGPの決勝プレスカンファレンスの翻訳をお届けします。例年どおりこのプレスカンファレンスではレースに関する質問、そしてチャンピオンシップ優勝に関する質問はマルケス選手単独で行われます。この記事では前半のレースに関するプレスカンファレンスの翻訳となります。ザルコ選手にマルケス選手のお母さんが土曜日に「無理はしないで。。」と語っていたというのが面白いですが、同時にマルケス選手の「フロントがスライドしてもリアが接地していれば立て直せる」というコメントも意味不明で面白いです。

Sponsored Link

ニック・ハリス

「それではいつもと同様に、まずはレースに関するプレスカンファレンスをし、レースに関する質問の後にマルクに世界タイトル獲得について話を伺いましょう。まずはダニに伺いましょう。これでシーズン2勝目となりました。これでチャンピオンシップ4位となり、チームメイトがチャンピオンとなりました。悪くない午後ですね。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。素晴らしい1日です。優勝を再び出来て素晴らしい気持ちですし、チーム、家族、友人、ファンの前でこういう形でシーズンを終える事が出来たことが素晴らしいと思います。多くのレースの中で苦戦してきましたし、本当に難しい1年でした。今日はこうして皆に喜びを届ける事が出来たわけですから嬉しいですよね。それにチームがコンストラクターズタイトル、チームタイトルを獲得し、今日はマルケスがチャンピオンシップ優勝を果たしました。最終的に素晴らしい形になったと思います。今日は本当に安定したレースが出来たと思います。年間を通じて苦戦が続いていましたからね。表彰台を獲得出来るパッケージではあったと思うんです。優勝には近いところにいたんですが、マルクとドヴィのほうが全体的に良いパッケージだったと思います。優勝数を考えてもそう言えると思います。ただ今日はこうして2勝目を達成出来たわけで、これは本当に最高のフィーリングですね。」

 

ニック・ハリス

「2列目から最高のスタートでしたが、マルケスもまた素晴らしいスタートでした。マルクの後ろで、必要があれば彼を守る体制が出来ていました。」

ダニ・ペドロサ

「ええ。自分の意図としては1コーナーをトップで走りたかったんですけどね(笑)リアにミディアムを履いていましたから、序盤はソフトを履いている選手達と比較すると苦戦するかもと思っていました。そういう意味もあって前に先に出たかったんです。ただザルコとイアンノーネを抜いた後に、シケインでマルケスが前に入ってきて、バイクを起こす必要がありました。ただ1周目は快適に走行出来ました。マルクもそこまでプッシュせずにタイヤを暖めている感じでした。ただ2周目にヨハンに抜かれ、彼がペースを上げていったのがわかりました。自分はフロントが滑り初めてしまって、良いフィーリングを持つ事が難しくなっていました。段々と前との距離が開いてしまって、燃料が減ってきた時に状況が良くなるかもと思って走っていたんです。ただリズムは結局はあまり変わらず、仕方ないので再びプッシュを始めたんです。」

「マルクが後ろを何度か振り返っているのがわかったので、彼が限界ではないことはわかりました。残り6周か7周の段階で彼は優勝してプッシュしようとしたようですが、そこでフロントがスライドしていましたね。あの瞬間を後ろから見れたのは凄かったですね。路面にブラックラインが残り、彼のポジションもそうですし、タイヤからもスモークが上がっていました。スピードも凄かったですし、後ろから見ていて”ワオ!”という感じでした(笑)でも結局彼はそれでも転倒しないわけで(笑)彼の素晴らしいセーブでしたね。最終ラップで自分もプッシュすることにしたんですが、今日はプッシュしようとするとフロントが滑って逃げてしまう形でした。今日は多くの転倒もありましたしね。なんとかヨハンを抜く必要があって、マルクほどではないですが危ない瞬間が何度かありました。でも最終的になんとか優勝することが出来たわけです。」

 

ニック・ハリス

「ダニありがとう。シーズン2勝目おめでとう。そしてチャンピオンシップ4位おめでとう。それではヨハン・ザルコ、パルクフェルメでは色々と祝っていましたが、今日のレースは本来ならば最初のMotoGP優勝となるはずだったレースでしたね。」

ヨハン・ザルコ

「喜ぶべきでしょうね。こうして優勝を逃したことはレースを理解する道程の1つです。昨日お話したように、今日は優勝出来ると信じる材料が揃っていました。そしてそれを自分は全て使ったわけです。今週のスタートはあまり良い状態ではなく、最終的にチームと共に良い形に仕上げることが出来ました。今日は序盤に素早く他の選手を交わしてレースをリードすることが出来ました。今日は明らかにマルケスのほうがペースが良く、自分もマルクを抜いた後に前に出ることが出来ませんでした。彼が後ろでチャンスを待っているのがわかったので、彼に一度抜かれた後は彼をそのまま逃したくなかったんです。今日は彼は自分を先行させてくれたという感じですね。彼は他にやるべき仕事があったわけですし。今日はリードしながら何度か危ない瞬間はあったにせよ、バイクのフィーリングは良かったんです。」

「ダニの話と一緒ですが、自分達も転倒しそうな瞬間があり危ないところでしたが、マルケスは1つ次元が違うと言えます。とは言え、自分達も危ない瞬間があったんです。そこでもう一度マルケスが自分を抜いて逃げを図ろうとしたわけですが、そこで彼は危うく転倒するところだったわけです。ですから、その後は自分も”これは優勝出来るチャンスが再び巡ってきた”と感じたんです。ただマルクがフロントを失うくらいですから、自分も同様に限界だったわけで、ひたすらに集中を維持してプッシュをし過ぎないようにしていました。そして誰かが自分をオーバーテイクするまで自分のエネルギーをセーブしておくことにしました。結果的にはこれは正しい戦略でしたね。自分はレースをリードしていたわけですから。ダニが最終ラップのターン1で自分をオーバーテイクした時は、あれは素晴らしい走りでした。自分のほうがブレーキングで強かったので追いつこうとしたんですが、ターン1で生まれた差が大きく、その後にプッシュをする中で転倒しそうになったんです。最終コーナーでもう一度アタック出来るかと思っていたんですが、結局2位でした。ただ最終ラップまで優勝出来るだろうという感触を持って走ることが出来たというのは、今シーズン本当に満足出来ることだったと言えるでしょう。

 

ニック・ハリス

「ヨハンありがとう。それでは新たな表彰台獲得おめでとう。次にワールドチャンピオンとなったマルク・マルケスに聞きましょう。フランク・シナトラのMy Wayのように、あなたに出来るのはやはりあなたのやり方なんでしょうね。今日の走りは実に、見事でした。」

マルク・マルケス

「レースにおける素晴らしいハイライトになりました。今日はレースをコントロールするのが難しかったんです。今日はただ完走すれば良かったんですけど、自分自身を抑えるのが難しかったですね。スタートは悪くなくて、後ろにザルコが来た段階でザルコを先に行かせました。彼が優勝を目指してプッシュすることはわかっていましたしね。彼の後ろで走りながらもっと速いペースでの走行が出来る状態でした。こういう状況で集中を少し失っている中で、いくつか馬鹿らしいミスをしてしまいました。そこで彼もミスをした後にオーバーテイクをしたんですが、彼がアグレッシブなのがわかっていたので、それがターン1での自分のミスの理由なんです。彼を最終コーナーで抜いた後、彼のバイクがかなり近くにいる感じがしていたので、出来るだけブレーキングを遅らせようと思っていました。それで危険な状況をさけようとしたんですが、自分自身を危険な状況に追い込んでしまいました。そこでフロントを失った後に、”もうバイクなりに走ろう、それでどこでレースを終えるか見ることにしよう”と思ったんです。でも今日はドヴィとロレンソが転倒したのは残念でした。ドヴィは本当に凄いシーズンを送りましたから、ここで一緒にお祝いをしたかったんです。ただDucatiがいなくなったことで、もう一度前をいくライダー達に追いつこうと思ったんです。31秒7というタイムで走っていましたが、集中を保つのはもう無理でした。ギア間違いをしてコーナーも良くわからなくなってしまって、”仕方ない、もうレースを完走して今晩を楽しむことにしよう”と思ったんです。」
 

ニック・ハリス

「マルクありがとう。それでは後でチャンピオンシップについては後でお話しましょう。それではフロアからの質問をレースに関してお願いします。」

 

Q

「今日はモビスターヤマハの2人は2016年型のM1で走ったようですが、これは知っていましたか?またこれに関しては彼らがあなたの遥か後方だったという事実をどう思いますか?」

ヨハン・ザルコ

「それは知りませんでした。自分は自分の仕事をしなければいけませんから、そもそも関係ないことですからね。今週は自分は金曜から戦闘力があって、土曜もそうで、今日は優勝争いが出来たわけです。昨日お話したように、来年2016年のバイクを再び操縦するのか、2017年型になるのかはわかりませんが、苦戦している際は解決策を見つけるのは難しいでしょう。彼らは苦戦してシーズンを終えたわけですが、自分はまた火曜、水曜、そしてその後はマレーシアでテストをするわけです。ファクトリーの2人はいつもの位置に戻ってくるでしょう。ですからバイクによるのではなくて、調子が良い時は前を走ることが出来、調子が悪い時は苦戦するということでしょう。」

 

Q

「マルク、このような映画のような結末を想像していましたか?」

マルク・マルケス

「いいえ。まったく想像していませんでしたし、今日は自分自身を抑えることが難しかったんです。ただ、ピットボードでは常にドヴィの位置とその差を教えてくれていました。ドヴィが5位だとわかった時にミスをしてしまったんです。これは将来的に繰り返したく無いミスですね。ただ結果的には良い形でレースを終えることが出来ました。これは今年の象徴でもありますが、セーブして転倒して、セーブして転倒してという中で優勝をしてきました。ただ最終的にはチーム、スタッフ、家族、ファンクラブなどの助けでここにいることが出来るんです。」

 

Q

「ザルコ、フロントにソフトを選んだのはあなたとピッロだけでした。これがダニの最後のアタックをかわせなかった理由だと思いますか?」

ヨハン・ザルコ

「そうだとは思いません。他のフロントタイヤではフィーリングが得られなかったのでソフトを選択したんです。ですからペドロサから0.3秒遅れでレースを終えたというのは、タイヤ選択は正しかったということです。レースに負けたのはターン1で負けてしまったからであり、タイヤチョイスは間違っていませんでした。」

 

Q

「ダニ、チームメイトのマルケスがチャンピオンシップ優勝したことは誇らしいですか?またヨハン、マルケスが今日はチャンピオンシップ争いがかかった状態でアグレッシブなライディングをしたことは驚きですか?」

ダニ・ペドロサ

「質問の意図を理解出来ているかはわかりませんが、マルケスが今日チャンピオンシップ優勝したということは、彼はやるべきことを成し遂げたということだと思います。彼はチャンピオンに相応しいでしょうね。チームとしてはもちろん嬉しいですね。共にバイクを良くしようと作業をしてきて、今日のレースは難しいものでした。それに忘れてはいけないのが、今年は新しいバイクで戦った年だったということです。今年はこのバイクでチャンピオンシップ優勝、コンストラクターズタイトル、チームタイトルも獲得したわけです。これは簡単なことではありません。それに現行のレギュレーションではバイクに関して多くの変更を加えることが出来ません。これは明らかにホンダ、レプソルチームにとってポジティブなことでしょう。」

ヨハン・ザルコ

「自分がスタートをミスした後に、マルクがソフトリアタイヤを履いているのはわかっていましたから、彼のペースが速いことは想像していました。彼は単純にフロントタイヤをしっかりと暖める必要があっただけなんです。その後自分は優勝をしたい状態で、マルクは恐らくオーストラリアであったような問題を今日は抱えたくなかったということでしょうが、自分を先に行かせました。ただ先にお伝えしたように、彼のペースのほうが速くて、自分を抜かせるペースがあることはわかっていました。その後彼が自分を抜こうとしてミスをしたのを見て、いくらペースが良くてもこういった状況ではチャンピオンシップを優先するのは当然だと感じたんです。実は昨日マルクのお母さんが”お願いだからザルコ、無理な走りはしないで”と言っていたんです。(※会場爆笑)それで昨晩寝付く時に、マルクのお母さんが”お願いだからザルコ”というのが頭の中で繰り返されて、自分も”わかったよマルクのお母さん。明日は無理はしないよ心配しないで”と心の中で言ったんです(笑)(※会場再び爆笑)ただ、最終的にはマルクのほうがお母さんの言うことを良く聞いてましたね。」

 

Q

「マルクに質問です。え、マルクに質問は今駄目ですか?レースに関するものなのですが。。」

運営スタッフ

「短めでお願いします。」(※会場(笑))
 

Q

「では手短に(笑)それではターン1のセーブについて、”詳細に”何が起きたのか、頭の中を何がよぎったのか教えて下さい」

マルク・マルケス

「ストレートエンドで、真後ろにバイクがいる感覚があったんです。それでブレーキングが遅れました。これがまず1つ目のミスです。これで進入スピードが速くなりすぎて、そこで今週ずっと苦しんでいるチャタリングが発生したんです。そこでフロントが滑ったんですが、”最終的にグラベルに突っ込むかウォールに突っ込むかわからないけど、バイクにしがみついていよう”と思っていたんです。その瞬間フロントはスライドしたんですが、リアはまだしっかりと接地していました。フロントがスライドしてもリアが接地していれば、肘で立て直す事が出来るんです。それで立て直せそうだとわかり、100%の力で肘と膝で路面を押して立て直しました。今回転倒をセーブ出来たのはレースにおける緊張感だったと思います。今日はバイクの上で体が固い状態だったんですが、同時に感覚も研ぎ澄まされていました。そこでバイクを立て直した後に、もう一度アスファルトの上でリーンしてコーナーを曲がることも出来たかもしれません。ただ、グラベルに突っ込んで、5位でレースを終えることを選んだんです。ただその後に2台のDucatiがミスをしたので、ここにいるというわけです。」(※会場(笑))

 

ニック・ハリス

「OK、それではヨハン、ダニ、おめでとうございました。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト アプリリア(Aprilia)写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト1日目 フォルガー「スタンダードなM1の調子が良い」
★MotoGP2017カタールGP 今年は何名のライダーが優勝するのか?
★MotoGP2017ポル・エスパルガロ KTMのRC16とヤマハのM1の違いを語る。
★MotoGP2017アルゼンチンGP バウティスタ「表彰台を狙えるペースだった」
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017ヘレスGP 3位ロレンソ「この結果は30歳の最高の誕生日プレゼントだった」
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント LCRホンダ
★MotoGP2017ヘレスGP 写真ギャラリー
★MotoGP2017イタリアGP 木曜プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017ミシュラン イタリアGP決勝レースリリース
★MotoGP2017カタルーニャGP 決勝レース結果
★MotoGP2017オーストリアGP ロウズ「アプリリアが間違っていると証明したい」
★MotoGP2017オーストリアGP10位 カリオ「最高のMotoGPクラスでのレースだった」
★中上貴晶選手、ロードレース最高峰のMotoGPクラスに昇格
★MotoGP2017 Ducati ミサノでのファクトリーライダーによるテストを終了
★MotoGP2017イギリスGP 予選5位ロレンソ「レースペースの改善が必要」
★MotoGP2017サンマリノGP FP1結果
★MotoGP2017ロッシ 水曜日の終わりまでにアラゴンGP出場について判断
★MotoGP2017マレーシアGP 予選7位マルケス「今回は優勝出来るリズムはない」