★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 ロッシ「ヤマハが正しい方向に進んでいるのかはわからない」

各メーカーが2018年型のバイク、パーツを試す中、2016年型のM1と2017年型のM1を乗り比べるところからテストをスタートするあたり、ヤマハがどの方向に進むかを迷っていることが伺えます。ファクトリーの2人が苦戦した2017年型をザルコ選手が乗りこなしているのも、ヤマハとしては苦悩するところでしょう。

しかし、元々アグレッシブなライディングのロッシ選手、ビニャーレス選手と比較して、ウルトラスムーズなライディングが身の上のザルコ選手からのフィードバックが異なるのは当然とも言えます。2018年シーズン開幕までにヤマハがどのような方向に進むのかは注目ポイントです。また昨日は今までのウイングレットを思わせる新型のエアロダイナミックフェアリングをヤマハはテストしていましたが、こういった各社の実験的なフェアリングが見られるのもシーズン開幕前のテストならではの楽しみですね。

Sponsored Link

バレンティーノ・ロッシ

「今日は悪くはなかったですね。2016年のシャーシでもう少し作業を進めて良い感触でした。力強さを感じましたし、ペースも良くて新品タイヤで良いタイムを出せましたからポジティブな1日でした。4番手でトップから離れていませんし、バイクからのフィーリングも極めてポジティブです。正しいバイクのバランスを見つける事が出来ました。ただ問題はリアタイヤの摩耗が激しいということなんです。」

「ですから2016年型では十分ではありません。ただ旧型で速く走れることはわかりました。最初の右コーナーでの転倒はいつもことですけど、問題はありません。ただ自分はスライドしただけでバイクはダメになってしまったというだけですよ。」

「一番重要なのはエンジンです。2018年プロトタイプエンジンで走りましたが、残念ながら2周で転倒してしまったんです。今日修理してもらって明日また使えるといいんですが。。そうしてしっかりと理解したいですね。エンジンは少し速いと思いますが、リアタイヤの問題に関しては助けになりません。」

「転倒はターン10でした。多分タイヤが冷えていたんでしょう。既に2周と半分走っていたのでプッシュしたんです。そこでフロントを失いました。ちょっとラインを外したかタイヤが冷えていたんでしょう。ヤマハが正しい方向に進んでいるのかどうかはわかりません。ザルコが2017年型のバイクを試して気に入ったというのを聞きました。これもまぁ良いことです。自分達が出来るのはテストをして自分達のフィーリングを出来る限り伝えること。それでヤマハがどの方向に進むかを決めるでしょう。」

「ヤマハのエンジニアと話をして情報を伝えようとしています。ただ最終的に決めるのはヤマハです。2017年型のバイクが2016年型のバイクの問題を修正するうえで良い部分があることは確かです。ただ今年は2016年のフィーリングを再現するために今年1年作業をしてきました。ですからどのような形にするかを決めるは非常に重要ですが、まだ方向性はわかりません。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link