★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず

シーズン後半まで散々なシーズンだったスズキですが、2018年のスタートも2人揃って胃腸炎という形で幸先の良いスタートとはなりませんでした。特にエンジン開発に関しては2017年シーズンの不調の現況ですので、今年こそは良い形で開発を進めて欲しいところ。とは言え、2018年シーズンはエンジン開発、テスト回数などの優遇処置を受けることになりますので、若干の遅れは取り戻す事が出来るでしょう。しかし同様の優遇処置を受けるKTM、アプリリアには1日分追いつかれたとも言えるでしょう。

Sponsored Link

ダヴィデ・ブリビオ

「残念ながら2018年シーズンを良い形でスタートすることが出来ませんでした。昨晩ライダー達はウイルスに苦しみ全く眠れなかったんです。どうやら胃腸炎にやられたようです。ですから今日のテストには参加出来ませんでした。今日は色々とテストする内容があったので残念です。特に2018年型のエンジンと前回テストで使用した進化版のシャーシがあったんです。今晩彼らが回復出来れば明日テストが出来るでしょう。来週はヘレスで3日間テストがありますから、ここでテスト出来なかった内容をテスト出来ます。難しいシーズンの後にリスタートを良い形でしたいと思っていたので残念です。いずれにせよ、将来に関してはポジティブだと考えています。」

<suzuki racing プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 イアンノーネ「目標はトップライダー達と一緒に走ること」
★スズキ 大阪モーターサイクルショー/東京モーターサイクルショーの出品概要を発表
★MotoGP2017 イアンノーネ「良い形で妥協点を見つける事が出来ていない」
★MotoGP2017カタールGP9位 アレックス・リンス「多くの事を学んだ」
★MotoGP2017アメリカGP7位 イアンノーネ「完走を優先してレースを終えた」
★MotoGP2017ヘレスGP 津田拓也「ずっとMotoGPでレースをしたいと思っていた」
★MotoGP2017フランスGP ギュントーリ「ル・マンでの走行が本当に楽しみ」
★MotoGP2017イタリアGP 10位イアンノーネ「グリップが落ちるとコーナリングに問題が出る」
★MotoGP2017カタルーニャGP イアンノーネ「どこまで競争力を発揮出来るか」
★MotoGP2017スズキ ダヴィデ・ブリビオ「イアンノーネがここまで適応に時間がかかると思っていなかった」
★鈴鹿8時間耐久ロードレース タイヤメーカーテストトップタイムはYOSHIMURA SUZUKI MOTUL RACINGの津田拓也
★スズキ・エンデュランス・チーム 濱原 颯道選手を3人目の選手として起用
★MotoGP2017 ケビン・シュワンツ「イアンノーネが本気でやっているとは思えない」
★MotoGP2017 アンドレア・イアンノーネ「ほとんどのレースで自分のほうがビニャーレスのタイムより速い」
★鈴鹿8耐2017 各メーカーのレースレポート
★MotoGP2017オーストリアGP リンス「GSX-RRをオーストリアで試すのが待ち遠しい」
★MotoGP2017サンマリノGP イアンノーネ「良い結果を残せることを願っている」
★スズキ 第45回東京モーターショー2017の出品概要
★MotoGP2017日本GP リンス「3連戦でどんなレースが出来るか興味深い」
★MotoGP2017マレーシアGP イアンノーネ「立ち上がりのトラクションが課題」