★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず

シーズン後半まで散々なシーズンだったスズキですが、2018年のスタートも2人揃って胃腸炎という形で幸先の良いスタートとはなりませんでした。特にエンジン開発に関しては2017年シーズンの不調の現況ですので、今年こそは良い形で開発を進めて欲しいところ。とは言え、2018年シーズンはエンジン開発、テスト回数などの優遇処置を受けることになりますので、若干の遅れは取り戻す事が出来るでしょう。しかし同様の優遇処置を受けるKTM、アプリリアには1日分追いつかれたとも言えるでしょう。

Sponsored Link

ダヴィデ・ブリビオ

「残念ながら2018年シーズンを良い形でスタートすることが出来ませんでした。昨晩ライダー達はウイルスに苦しみ全く眠れなかったんです。どうやら胃腸炎にやられたようです。ですから今日のテストには参加出来ませんでした。今日は色々とテストする内容があったので残念です。特に2018年型のエンジンと前回テストで使用した進化版のシャーシがあったんです。今晩彼らが回復出来れば明日テストが出来るでしょう。来週はヘレスで3日間テストがありますから、ここでテスト出来なかった内容をテスト出来ます。難しいシーズンの後にリスタートを良い形でしたいと思っていたので残念です。いずれにせよ、将来に関してはポジティブだと考えています。」

<suzuki racing プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★USヨシムラから2017年型GSX-R1000用エキゾーストが登場
★アンドレア・イアンノーネ タイのバンコクモーターショーを訪問
★MotoGP2017アメリカGP リンス「COTAでのライディングは楽しい」
★MotoGP2017 アンドレア・イアンノーネ「ほとんどのレースで自分のほうがビニャーレスのタイムより速い」
★MotoGP2017チェコGP リンス「力強さを感じる。フィジカル面でも良い状態」
★MotoGP2017ブルノテスト リンス「新しいシャーシに良いフィーリングを感じた」
★MotoGP2018 ヘレステスト2日目結果 トップはドヴィツィオーゾ
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「2019年の目標はファクトリーチームで走ること。チャンスは手の中にある」
★Energica(エネルジカ)2019年からのFIM Moto-eワールドカップに車両を供給
★2018年のMotoGPの見どころ(その2) 2018年のタイトル獲得最有力候補マルク・マルケス
★MotoGP2018 フランコ・モルビデッリの実家に強盗が侵入。トロフィーなどを盗む
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ドヴィツィオーゾ「ポジティブな点に集中することは、新しいトラックで役に立つ」
★MotoGP2018 セパンテスト3日目 クラッチロー「マレーシアでこういうタイムが出るのは嬉しい」
★グリッドガールからチームマネージャーへ ミレーナ・コーナーの場合
★MotoEワールドカップ ミシュラン「タイヤ開発の課題はマシンの重量」
★MotoGP2018 ランディ・マモラがMotoGP殿堂入り
★MotoGP2018 タイテスト初日 10位ロレンソ「バイクのフィーリングを向上させる必要がある」
★MotoGP2018 タイテスト2日目 8位クラッチロー「明日がレースなら表彰台を獲得出来る」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 10位ロッシ「セパンとタイで速かったのはホンダだけ」
★MotoGP2018 タイテスト3日目 9位ラバト「3日間全てポジティブな内容だった」