★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロレンソ「旋回性が上がるならスピードを犠牲にしてもいい」

バレンシアテストでは常に安定してトップ付近を走行していたロレンソ選手ですが、全体的な話としてデスモセディチにはコーナーでの旋回性がもう少し必要と語ります。しかしヤマハの過激な形状のフェアリングのように、Ducatiも2018年シーズンはもう少し過激なエアロダイナミックフェアリングを投入してくる可能性もあります。フロントタイヤの摩耗を押さえながらも、十分な旋回性をもたらす事が出来るファアリングが完成すれば、来シーズンは序盤から優勝争いにDucatiが参加することも可能でしょう。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「今日は初日に続いて半分新しいバイクを試しました。現時点では現行のバイクよりいい感じとは言えません。テストしたのは本当に細かい内容で、昨日と同じくエンジニアが新しいバイクをどの方向に開発するのかを明確にするためのものです。」

「バイクをコーナーの中でもっと素早く旋回出来るようにする必要があります。また、エンジンがもう少しジェントルに、スムーズになれば最高でしょう。新しいフェアリングでそうしているように、旋回性が上がるならトップスピードを若干犠牲にしても良いと思っています。ですから、自分はストレートスピードよりも旋回性を重視しているライダーの1人ということですね。」

「正直言って、ドヴィのほうがバイクの性能を引き出していましたね。彼はこのバイクを5年間に渡ってしっています。そして彼は信じられないようなチャンピオンシップを過ごしました。彼はこのバイクを理解しているからこそ、性能を最大限に引き出せるという感じですね。」

「彼が本当に速いというのもそうなんですが、いくつかのレースの中で彼はタイヤマネジメントが素晴らしかったというのもあるでしょうね。彼は本当にタイヤマネジメントが上手いんです。これが大きな助けになったレースがいくつかありました。純粋なスピードという事に関しては、あと数十分の一秒必要でしょう。レースで勝ってコンスタントにレースをするには、コーナーの中でのスピードがもう少し必要です。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 ケーシー・ストーナー「勝っても負けてもロレンソは素晴らしいチャンピオン」
★MotoGP2017カタールGP ロレンソ「将来的には夜7時スタートが良いのではないか?」
★Ducati ロレンソ選手の誕生日を祝うスペシャルビデオを公開
★MotoGP2017ヘレスGP 予選8位ロレンソ「イアンノーネに張り付かれるのはもう慣れっこ」
★MotoGP2017Ducati ジジ・ダッリーニャ「今、最も良くないのは混乱してしまうこと」
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「もてぎでは素晴らしい結果を獲得出来る可能性がある」
★MotoGP2017バレンシアGP ロレンソ「ドヴィを助けられる状況であれば助けたい」
★カタルーニャ・サーキット 2018年にMotoGPに向けてレイアウト変更、再舗装を実施へ
★MotoGP2018 ピットレーンの解説は、ディラン・グレイに変わってサイモン・クラファーが担当
★MotoGP2018 Ducati 2018年型のデスモセディチGPを披露
★MotoGP2018 ホルへ・ロレンソ 2018年シーズンのスタジオ写真
★MotoGP2018 カルメロ・エスペレーター「当然、バレンティーノのことは贔屓にしている」
★MotoGP2018 セパンテスト ロレンソ「1位でテストを終えたが、改善出来る余地がまだかなりある。」
★MotoGP2018 クラッチロー「バイクのウイングもトラックサイドのライダーコーチも無駄」
★Ducati by Rizoma からパニガーレV4用アクセサリーが登場
★MotoGP2018 チームSUZUKI ECSTAR カタールGPのショートビデオを公開
★MotoGP2018アルゼンチンGP 木曜プレスカンファレンス翻訳
★MotoGP2018アルゼンチンGP ロレンソ「フロントの接地感がなく、コーナーで開けられない」
★MotoGP2018アメリカGP Q2結果
★MotoGP2018アメリカGP 4位ロッシ「表彰台争い出来ると思っていたがフロントが限界だった」