★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロレンソ「旋回性が上がるならスピードを犠牲にしてもいい」

バレンシアテストでは常に安定してトップ付近を走行していたロレンソ選手ですが、全体的な話としてデスモセディチにはコーナーでの旋回性がもう少し必要と語ります。しかしヤマハの過激な形状のフェアリングのように、Ducatiも2018年シーズンはもう少し過激なエアロダイナミックフェアリングを投入してくる可能性もあります。フロントタイヤの摩耗を押さえながらも、十分な旋回性をもたらす事が出来るファアリングが完成すれば、来シーズンは序盤から優勝争いにDucatiが参加することも可能でしょう。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「今日は初日に続いて半分新しいバイクを試しました。現時点では現行のバイクよりいい感じとは言えません。テストしたのは本当に細かい内容で、昨日と同じくエンジニアが新しいバイクをどの方向に開発するのかを明確にするためのものです。」

「バイクをコーナーの中でもっと素早く旋回出来るようにする必要があります。また、エンジンがもう少しジェントルに、スムーズになれば最高でしょう。新しいフェアリングでそうしているように、旋回性が上がるならトップスピードを若干犠牲にしても良いと思っています。ですから、自分はストレートスピードよりも旋回性を重視しているライダーの1人ということですね。」

「正直言って、ドヴィのほうがバイクの性能を引き出していましたね。彼はこのバイクを5年間に渡ってしっています。そして彼は信じられないようなチャンピオンシップを過ごしました。彼はこのバイクを理解しているからこそ、性能を最大限に引き出せるという感じですね。」

「彼が本当に速いというのもそうなんですが、いくつかのレースの中で彼はタイヤマネジメントが素晴らしかったというのもあるでしょうね。彼は本当にタイヤマネジメントが上手いんです。これが大きな助けになったレースがいくつかありました。純粋なスピードという事に関しては、あと数十分の一秒必要でしょう。レースで勝ってコンスタントにレースをするには、コーナーの中でのスピードがもう少し必要です。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロレンソ「今日はずっとハードタイヤを使用していた。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「転倒の引き金はペトルッチ」
★MotoGP2017Ducati パオロ・チャバッティ「新しいカウルの作業を進めている」
★MotoGP2017フランスGP ロレンソ「デスモセディチが自分のバイクという感覚が強くなっている」
★MotoGP2017 バウティスタ「将来的に助けになるものは見つかった」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★MotoGP2017 ジャック・ミラーのホンダとの契約更新はなし
★MotoGP2017チェコGP カレル・アブラハム「非常にタフで忙しい週末になる」
★MotoGP2017オーストリアGP4位 ロレンソ「燃料消費、タイヤ右側のグリップに苦戦した」
★MotoGP2017イギリスGP 予選6位ドヴィツィオーゾ「良いペースだが、レースでどうなるか」
★MotoGP2017サンマリノGP 予選5位ロレンソ「雨が降っても良いレースが出来る」
★Ducatiダヴィデ・タルドッツィ 「デスモセディチの旋回性は改善しつつある」
★MotoGP2017オーストラリアGP ドヴィツィオーゾ「予想以上に競争力があって驚いた」
★ドゥカティ・パニガーレV4が、EICMA 2017来場者による人気投票で「世界で最も美しいバイク」アワードを受賞
★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 マルケス「2018年のプロトタイプエンジンは良い感触」
★MotoGP2017ライダー写真ギャラリー アンドレア・ドヴィツィオーゾ
★MotoGP2018バレンシアテスト イアンノーネ「コーナーエントリーの改善が必要」
★MotoGP2018 マルケス「2018年はザルコ、そしてロレンソにも注意が必要」
★2019年のMoto-eワールドカップ開幕に向けて進むEnergicaの開発
★MotoGP2018 チーム・スズキECSTAR 27日の夕方5時に2018年のチーム体制を発表