★MotoGP2018バレンシアテスト2日目 ロレンソ「旋回性が上がるならスピードを犠牲にしてもいい」

バレンシアテストでは常に安定してトップ付近を走行していたロレンソ選手ですが、全体的な話としてデスモセディチにはコーナーでの旋回性がもう少し必要と語ります。しかしヤマハの過激な形状のフェアリングのように、Ducatiも2018年シーズンはもう少し過激なエアロダイナミックフェアリングを投入してくる可能性もあります。フロントタイヤの摩耗を押さえながらも、十分な旋回性をもたらす事が出来るファアリングが完成すれば、来シーズンは序盤から優勝争いにDucatiが参加することも可能でしょう。

Sponsored Link

ホルへ・ロレンソ

「今日は初日に続いて半分新しいバイクを試しました。現時点では現行のバイクよりいい感じとは言えません。テストしたのは本当に細かい内容で、昨日と同じくエンジニアが新しいバイクをどの方向に開発するのかを明確にするためのものです。」

「バイクをコーナーの中でもっと素早く旋回出来るようにする必要があります。また、エンジンがもう少しジェントルに、スムーズになれば最高でしょう。新しいフェアリングでそうしているように、旋回性が上がるならトップスピードを若干犠牲にしても良いと思っています。ですから、自分はストレートスピードよりも旋回性を重視しているライダーの1人ということですね。」

「正直言って、ドヴィのほうがバイクの性能を引き出していましたね。彼はこのバイクを5年間に渡ってしっています。そして彼は信じられないようなチャンピオンシップを過ごしました。彼はこのバイクを理解しているからこそ、性能を最大限に引き出せるという感じですね。」

「彼が本当に速いというのもそうなんですが、いくつかのレースの中で彼はタイヤマネジメントが素晴らしかったというのもあるでしょうね。彼は本当にタイヤマネジメントが上手いんです。これが大きな助けになったレースがいくつかありました。純粋なスピードという事に関しては、あと数十分の一秒必要でしょう。レースで勝ってコンスタントにレースをするには、コーナーの中でのスピードがもう少し必要です。」

(Photo courtesy of michelin)

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link