★マイク・ウェッブはどのようにしてMotoGPのレースディレクターになったのか?

MotoGPのレースディレクターであるマイク・ウェッブへのロングインタビューがありました。そのレースキャリアから、どのようにして現在のレースディレクターになったのか、オフは何をしているのかなどなど、興味深いインタビューです。

マイク・ウェッブの場合、MotoGPレースディレクターを2012年から務めている。彼はニュージーランドでレーサーのキャリアを初め、グランプリレーシングにワイルドカードで参戦、その後WCM、ウェイン・レイニーヤマハチームの500ccのクルーチーフを務めた。そしてその後WSBKで1年、そしてその後10年間テクニカルディレクターを務めている。

Sponsored Link

Q

「どのようにしてモータースポーツを初め、今の場所にたどり着いたのでしょうか?」

マイク・ウェッブ

「30年前、ニュージーランドで国内選手権を走っていました。楽しかったですね。それと一時期3つのバイクショップも持っていました。ニュージーランドの国内選手権で何度か優勝しました。一度GP250クラスで優勝して、バイクが故障した以外は全勝した事がありました。それで自分でこのスポーツが得意なんだと気づいたんです。それから89年のオーストラリアGPにワイルドカード参戦しました。フィリップアイランドは初めてで、スタンダードの250でした。それでどん尻だったんですよ(笑)実際、私のバイクはゴールから2周前に壊れてしまったんです。その頃には年も取ってきていたので、それが最後のレースチャンスでしたね。でも楽しみはまだ感じていましたし、まだ出来ると思っていました。でもニュージーランドの国内選手権と世界選手権とのレベルの違いに気づいたんですよ。あれはまるで別の世界でしたね。」

「ワイルドカードは最高の経験でした。ただ自分の年もかなりいった後の話でした。私はバイクに25歳になるまで乗った事がなかったんですよ。ですから、その頃には私は35歳に近くなっていました。それに特にキャリアを後押しするような出来事も無かったですからね。ただ、それはレースで素晴らしい時を過ごしてきたとは言え、その年で世界チャンピオンになれるような運命ではなかったという事実を、より明らかにしただけでした。ですからレースを辞めるという事は簡単に決断することが出来たんです。」

「その後ドルナがチャンピオンシップの運営を始めた時、ピーター・クリフォードが1992年にレーシングチームを初めました。ドルナが運営をするようになって、レースチームをちゃんと運営することが出来るようになったんです。それ以前はそんな事は出来ませんでした。ですから、ドルナが運営をするようになって、ピーター・クリフォードとボブ・マクラーレンはWCMを始め、その頃レースがオフシーズンだったニュージーランドで、私はこれ以上レースはしないということにしたんです。最後のレースの後に帰宅する途中、ピーター・クリフォードと会いました。それは単純にコーヒーでも一緒に飲もうと思ってね。そこで彼が”レースチームをやるんだ。ヨーロッパに来て手伝ってくれないか?”と言ってきたんです。そこで私も”もちろん!”と答えたわけです。それでその先10年間、500ccのヤマハチームのクルーチーフを務めたわけです。」

Q

「いきなりクルーチーフになったんですか?」

マイク・ウェッブ

「ええ。メカニックも2人しかいなくてね。皆で仕事をしたんですけど、誰かクリップボードを持つ人間が必要だったんですよ。プライベートチームとして楽しみましたね。その数年後、私は1年間スーパーバイクで過ごしました。これは良き友人の一人サイモン・クラファーがカワサキでファクトリー契約をもらったからなんです。彼が”マイク、こっちに来て助けてくれないか?”ということだったので、1年間彼と仕事をして、その後GPに戻り、幸運にもウェイン・レイニーのチームで仕事をすることになったんです。ウェインは怪我から復帰したばかりで、ヤマハチームを走らせているところでした。そこで私は彼のチームに加わり、500ccの最後まで共に仕事をすることになったんです。ファクトリーヤマハチームでクルーチーフの仕事をすることが出来ました。」

Q

「ヤマハで共に働いたのはどのようなライダー達ですか?」

マイク・ウェッブ

「ノリックはウェインと仕事を初めた時に一緒でした。その後ウェインがヤマハにチームを売って、そのチームが日本のヤマハが走らせるマルボロヤマハになったんです。その際は私はカルロス・チェカと仕事をしました。ですから、この2人が私がファクトリーチームで働いた選手達ですね。」

Q

「ノリック、チェカ、レイニーと働いた時の思い出としては?」

マイク・ウェッブ

「ウェインに関しては、彼のような人と彼のチームで一緒に働くというのは素晴らしい経験でしたよ。伝説的なというだけではなくてね。3度の世界チャンピオンとしての全ての知識とスキルを持つ人ですが、実際の彼は本当に良い人で、素晴らしいユーモアのセンスも持ち合わせていました。彼がガレージにいるというのはライダー達にとって大きな助けとなりましたし、チームの皆が彼の存在によって助けられていました。チーム精神は素晴らしいものでしたよ。現在も彼とは連絡を取り合っていて、彼は現在アメリカでMotoAmericaナショナルシリーズに関わっていますよね。彼は今まで以上にレースに打ち込んでいて、全てが上手くいくようにしています。」

「ノリックは私が今まで会った中で、恐らく一番性格の良いライダーでしょう。彼の才能は驚くほどで、時にそれは信じられないほどでした。ただ彼にとってもそれは時に非常にフラストレーションが貯まるものだったと思います。彼は素晴らしい才能があったのに、常にバイクの上で最高のフィーリングを感じられたわけではなかったわけですから。彼はまるでアーティストのようでした。時にはその才能の通りに何もかもが上手くいく時もあれば、何をしても上手くいかないときもありました。全てが彼にとってフィットした時の彼の走りを見るのは最高でしたよ。」

「カルロスはまた素晴らしい人物ですが、ファイターとして、マタドール(闘牛士)としての彼もいました。彼は実にハードにトレーニングをして、レースも激しかったですね。少々の転倒は彼をスローダウンすることはありませんでした。彼はバイクのフィーリングを感じとるのが上手く、トラックのコンディションが難しい時は常に最速でした。ハーフウェットだとかトラック表面のコンディションが妙な時などですね。彼はその能力を使い、最大限の自信を持って走っていました。時には彼が快適に感じるバイクを彼に与えるのには苦労しました。でもそれでも彼は100%の力で常に走りましたし、全てが噛み合った時の彼の走りは最高でしたよ。」

Q

「ヤマハの後はどうしたのですか?」

マイク・ウェッブ

「2002年に500ccがMotoGPに変わった時、ヤマハ内部では多くの人間が入れ替わりました。バイクも何もかも新しくなったのを受けてね。その時私もヤマハを去り、その時にジャック・フィンドレイがテクニカル・ディレクターを引退したのを受けて、私がそのポジションに収まったわけです。私はテクニカルディレクターを10年務め、ポール・バトラーがレースディレクターを引退した後、彼が”よしマイク、次は君がレースディレクターだ”という事になったんです。」

Q

「今までの仕事の経験、そしてレーサーでもあったということが今の仕事をする上で助けになっていると思いますか?」

マイク・ウェッブ

「それは大きいですね。ライダー達がトラックで何を思っているかということを考える際には大いに役立っています。ただ私がレースをしていたのは随分と昔の出来事ですから、レースコントロールや最新のMotoGPのライディングなどに関しては、ロリス・カピロッシに大いに頼っています。ライダーがこういうことをしただとかという事は、意図的なものなのか?それとも自然な反応なのか?といった具合ですね。私もある程度意見はあるんですが、それに対してロリスが”いや、あのポジションにいたらスロットルを閉じなければいけない”などと教えてくれるんです。ですからそうした現実感ということ、明確な内容という意味でロリスには大いに助けてもらっています。ただレース全体で何が起きているかだとか、レーサーが何をしようとしているかということに関しては、私にも十分な経験があります。そうした仕事は様々なチームで10年以上やっていますからね。それに常に運営側にいるのではなく、結局パドックにいる殆どの人は知り合いなわけですからね。私も彼らを知っていて、相手も自分を知っている。お互いに尊敬がありますから、それも助けになっています。」

Q

「チームが必要とする情報、そしていつ彼らがそれを必要とするかという情報も知っていますね。」

マイク・ウェッブ

「まさにそのとおりです。クルーチーフとして働いていましたから。”レースコントロールの馬鹿は何をやっているんだ!”と思っていましたし、何が起きているのかという事に関して、常に出来るだけ明確にコンスタントにあろうとしています。例えばもしレースが中断して再スタートするような時ですね。」

Q

「MotoGPで世界中を飛び回る中で、今はバイクを乗る機会はありますか?」

マイク・ウェッブ

「最近はバイクに乗る機会は本当に限られていますし、当然レースは出来ません。ただ時にはルーツであるダートバイクを乗ることもあります。アンドラの家にはトライアルバイクがありますし、そこは山の中でロッククライミングなども出来て最高の場所なんです。それに裏庭には最高のトラックがありますからね。KTMのアドヴェンチャーバイクも所有しています。ですから少しツーリングをしたり、ヨーロッパの田舎道を走ったりもします。ニュージランドの家族や友人を訪れる時は、いつも友人と夏にオフロードを走るんです。これは次のシーズンに向けて頭を切り替えるのに最高なんですよ。自分はロードライダーというわけではありませんが、70年台の日本製バイクを何台も持っていて、これらはそれぞれ段階は異なるもののレストア中なんです。ですからこれらの中の1台で出かけることもあります。そうして、これらのバイクはその当時どれだけ凄いバイクだったかを思い出すんですよ。」

Q

「マイク、ありがとうございました。」

マイク・ウェッブ

「とんでもない。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link