★MotoGP2017カタールテスト3日目 ドヴィツィオーゾ「ビニャーレスはもっと速く走れる」

レースペースでは確かにビニャーレス選手に一歩及ばないドヴィツィオーゾ選手。ヤマハが昨年の課題だったレース後半のタイヤライフを克服出来ていれば追いつくのは厳しいかもしれません。

カタールテスト初日に最速タイム、3日目は2位タイムだったドヴィツィオーゾ。この最後のプレシーズンテストでのタイムは、ドヴィツィオーゾを鼓舞するものだった。しかし、ドヴィツィオーゾはマーヴェリック・ビニャーレスのペースに危機感を抱いている。ドヴィツィオーゾは3日間のテストで、GP17がカタールで競争力が高い事を証明した。しかし最終日のレースシミュレーションに目を向けると喜んでもいられないようだ。彼の最速タイムはビニャーレスのタイムから0.071秒しか離されていないとは言え、ビニャーレスのレースシミュレーションのタイムは、他の誰よりも良かった。また、ドヴィツィオーゾはビニャーレスはさらに速く走れると考えている。

Sponsored Link

アンドレア・ドヴィツィオーゾ

「非常に嬉しいですね。ペースも極めてよかったですが、マーヴェリックと比べると彼のほうが良いですから、そこまで嬉しいというほどでもありません。彼は本当に速いですよ。彼はいかなるコンディションでも自信に溢れていますね。全日程で彼は素晴らしいペースでしたし、ラップタイムも良かったです。それに本気でプッシュすれば彼はさらに速く走れるでしょう。それを除けば3日間の作業内容には満足です。3日共に異なるコンディションで良く働きました。レースウィークがいかなるコンディションでも準備は出来ていると言えますね。ペースは悪くありませんが、もっと良くしていく必要があります。同じラップタイムを22周続けるのは簡単ではありません。エネルギーを使うということに関しては、このトラックは最も厳しいトラックの1つです。」

「今日はソフトタイヤで作業をこなしました。レースウィークでは多くの周回を重ねてすることは難しいですから、出来るだけ多くのフィードバックを得ました。ソフトで周回を重ね、いかに摩耗が進むかのフィードバックを得ました。現状はかなり限界なので、レースウィークではどのタイヤを使うかですね。また2位を獲得出来れば嬉しいですね。それは自分がトップで優勝争いをしたということですから。ただ多くのライダーが良いペースなので簡単ではないでしょう。ただレースは完全に別物です。全てのライダー達が異なる形でアプローチしますから、どうなるかですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link