★Ducati 将来的にスクーター、電動バイクの製造にも乗り出す可能性あり

Ducatiがいつの日かスクーターの製造を始めるのでは囁かれて長いですが、どうやら本格的に参入することが決定した様子。とは言え、2021年より前になることは無いそうで、Ducatiファンにとっては少し先の話となりそうです。

Sponsored Link

ビッグフット、ネッシー、ロズウェル事件、これらは今世紀最大のミステリーと言える。しかしバイク業界においてはDucatiがスクーターを登場させるという話題を加えることが可能だ。これは長らくメディアの間で熱く議論されており、Ducatiのトップに度々否定されてきた。Ducatiの西ヨーロッパ担当のEdouard Lotthéが語ったところによると、このスクーターに加えて、将来的には電動バイクについても生産する可能性があるという。Ducatiによる300ccのスーパースポーツの製造に関しては否定しながらも、Edouard Lotthéは都市部の移動手段として、より最適なスクーターの形で都市部の移動手段を提供するという。

またDucatiは将来的に電動バイクを投入する計画もあるようだが、この電動Ducatiがどのようなカテゴリやエンジン排気量のモデルに対抗することになるのかはわからない。
フォルクスワーゲンのロードマップEは、2030年までにDucatiを含む全てのモデルを電動化することにある。しかしながら、Ducatiがフォルクスワーゲンと同じ道を歩むことになるのかどうかはわからない。

Moto-Stationとのインタビューによると、LotthéはDucatiのスクーター、もしくは電動バイクをすぐに我々が目にする事はないということで、間違いなく2021年より前になることは無いだろうとする。また、2021年は全てのバイクブランドにとっては、全ラインナップをEuro5に適応させなければならないということで重要な時期となる。

であるからして、Ducatiは現在のモデルをEuro5へと対応させると同時に、今後のモデルをEuro5へと対応させるため、現時点から非常に忙しくなるはずだ。希望がある話としては、DucatiはEuro5に適合した形で空冷エンジンを作ると語っていることだ。つまり、Ducatiのスクランブラーラインの未来は保証されているとも言える。

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ロレンソ「徐々にライディングが容易になってきている。」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ドヴィツィオーゾ「トップ10を逃したのは残念」
★ホンダ 新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売
★MotoGP2017フランスGP 予選7位レディング「2列目は獲得出来るペースだった」
★スズキ 新型GSX-R600とGSX-R750の登場は2018年以降
★MotoGP2017イタリアGP 決勝プレスカンファレンス全文翻訳
★MotoGP2017カタルーニャGP ドヴィツィオーゾ「何を期待すれば良いかわからない」
★BMW S1000RR 2018年モデルとして今年のミラノショーで登場か?
★ヤマハ “Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売
★MV Agustaから205馬力の2018年式F4 RCが登場
★MotoGP2017日本GP 優勝ドヴィツィオーゾ「素晴らしい仕事が出来た。チームに感謝したい」
★ヤマハ 155cm3スクーター「マジェスティ S XC155」2018年モデル発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてSuper Cub C125を出展
★BMW EICMAで発表予定のモデルに関するティーザービデオを公表
★ヤマハ EICMAで2018年型XT1200ZE スーパーテネレ・レイドエディションを発表
★ホンダ 普通自動二輪教習車「CB400 SUPER FOUR(教習車仕様)」に法規対応を施して発売
★カワサキ コンセプトモデル「J Concept」を発表
★Ducati CEO クラウディオ・ドメニカーリ「Ducatiは今、素晴らしい時代を迎えている」
★ヤマハ “オフロードテイスト”と“遊び心”を強調したカラーリングを採用 原付二種スクーター「BW’S125」2018年モデルを発売 新排出ガス規制にも適合
★MotoGP2018 ダニロ・ペトルッチ「もう少し体重を落としたい。体重を増やさずにパワーをつける必要あり」