★Ducatiジジ・ダッリーニャ「まだチャンピオンシップ争いが出来るレベルではない」

Ducatiのジジ・ダッリーニャはロレンソ選手が苦戦するという事は自然であると延べ、今年チャンピオンシップ争いは難しいだろうと延べています。例年Ducatiが有利、さらにロレンソ選手が得意とするカタールという事を踏まえてテストの結果を見ていくと、毎週末表彰台争いが出来るレベルでは無いと言えるでしょう。

(Photo courtesy of michelin)

Ducatiはホルへ・ロレンソがプレシーズンで苦戦している事を受けて、今年チャンピオン争いをするのは難しいだろうと考えている。Ducatiは2017年にヤマハで3度MotoGPチャンピオンを獲得したロレンソの加入を受けて、2016年に獲得した2010年以来となる2勝の上に勝利を重ねたいと思っている。

Sponsored Link

しかしロレンソの2017年型デスモセディチGPへの適応は予想以上に難航しており、カタールテストでドヴィツィオーゾが初日にトップタイムを記録するも、ヤマハのマーヴェリック・ビニャーレスは今年のプレシーズンテスト3つを全て最速で終えた。

スペインのTV放送局であるMovistarのインタビューに、Ducatiのテクニカルチーフであるジジ・ダッリーニャは、Ducatiはホンダやヤマハといったライバルを倒すという目標を達成出来ないかもしれないが、ライダー達がテストで達成した内容を讃えた。

ジジ・ダッリーニャ

「ホルへと契約した後のDucatiの目標はタイトル争いをする事です。現時点ではこの目標に届かないことは明白ですが、我々の持つ問題を解決する解決策はあります。またプレシーズンの間のドヴィツィオーゾの開発内容に関して満足しています。特にセパンとカタールの初日に、バイクの開発に関して素晴らしいフィードバックを与えてくれました。ホルヘに関してはまだまだやるべき作業は多いですが、今まで共に進めてきた内容に関して満足しています。」

ロレンソが苦戦するのは当たり前

ジジ・ダッリーニャは、ロレンソがDerbiとAprilia時代に125cc、250ccで走っていた時に一緒に仕事をしている。そして、これが昨シーズンにロレンソがDucatiに移籍するうえでの大きな要因となった。ダッリーニャは、ロレンソが9年間ヤマハで過ごした後にDucatiで苦戦するのは普通のことだとする。

「ロレンソは難しい仕事をしています。バイクを変更するというのは常に難しいものです。特に今までずっと同じ人達と仕事をしていたのならね。困難に直面するのは普通ですよ。ホルヘの事は子供の頃から知っていますが、彼が成熟したライダーである事は明らかです。彼は自分が望むものと自分が得られるものを理解しています。ただ彼のハートは変わっていません。そして彼が昔と同じハートを持っているということが嬉しいんですよ。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link