★MotoGP2018 ロレンソ「マルケスは、どのコーナーでさらにプッシュ出来るかを常に考えている」

最終戦のバレンシアでもレースの中でスーパーセーブを見せたマルケス選手ですが、ロレンソ選手はマルケス選手が転倒しつつも怪我をしないのは、プッシュしてもリスクが少ないコーナーで転倒をしているからだと分析します。練習走行でコーナーごとの転倒の限界を把握して、レースではその限界の内側で走る。言葉にすると簡単ですが、こんなアプローチをしている選手は恐らく他にいないでしょうね。

Sponsored Link

転倒はレースの履歴書においては汚点であった。転倒はバイクを壊すことになり、転倒は体を壊すことでもある。転倒に良いことなんてない。そうだったはずだ。しかし、転倒はマルケスには実に良い影響を与えているようだ。実際、マルケスは今シーズン27回も転倒した。(※しかしレース中の転倒は僅かに2回)そしてなお、6度目の世界タイトルを手にしたのだ。

ホルへ・ロレンソ

「マルケスは特別なんです。彼は他のライダー達よりも遥かにアグレッシブです。彼は転倒を全く恐れていません。何故か怪我もしませんし、これが彼の自信につながっているんでしょう。彼にとっては転倒は役に立っているんですよ。」

「彼は全ての練習走行の前に、怪我のリスクを減らすためにどこでもっとプッシュ出来るかを考えていると思うんです。いくつかのトラックでは大きな転倒とならずに、もう少しだけプッシュすることは可能です。彼は常により安全なコーナーで、危険なコーナーよりも、少しだけプッシュしようとしているんです。これが彼が怪我をしない理由だと思います。」

マルケス自身も、毎回の転倒から何かを学んでいると語る。そしてこうした経験が、超人的なスーパーセーブに結びついているのだ。しかしこれは誰にも出来ることなのか?

「転倒をしないことが常に最善でしょう。」とロレンソは語る。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト レプソルホンダ写真ギャラリー
★MotoGP2017 ドヴィツィオーゾ「実はホンダと契約がまとまりかけていた。」
★クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペドロサ「時にはこんな日もある。」
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★MotoGPヘレステスト 各チームのコメント MarcVDSホンダ
★MotoGP2017ミシュラン MarcVDSと人工的なウェット路面でレインタイヤをテスト
★ニッキー・ヘイデンの事故発生時の現場映像を地元警察が入手
★HRC ニッキー・ヘイデン選手の逝去について
★ホンダ モトクロス競技専用車CRF450R/CRF150R/CRF150RII、エンデューロ競技専用車CRF450RXの2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP3位 マルケス「今日は最終ラップだけプッシュした」
★MotoGP2017 バレンティーノ・ロッシ「モルビデッリは皆にとって来年強敵となる。」
★HRC テクニカルスポンサー新電元工業株式会社コーポレートブランドロゴ変更のお知らせ
★MotoGP2018バレンシアテスト1日目 スズキ両ライダーともに胃腸炎でテストに参加できず
★MotoGP2018ヘレステスト2日目 クラッチロー「非常に重要なテストでペースにも満足」
★MotoGP2018 ザビエル・シメオン「現状はバイクに慣れてタイヤに自信を感じることが先決」
★MotoGP2018ヘレステスト ポル・エスパルガロ「1年でここまで来れるとは思っていなかった」
★SuterのMoto2復帰を”復帰”と読んではいけない
★MotoGP2018 レディング「プロジェクトの一員となって開発を進めるのはMoto2以来」
★MotoGP2018 MotoGPにおけるフロントタイヤの大変な役割