★MotoGP2018 ロレンソ「マルケスは、どのコーナーでさらにプッシュ出来るかを常に考えている」

最終戦のバレンシアでもレースの中でスーパーセーブを見せたマルケス選手ですが、ロレンソ選手はマルケス選手が転倒しつつも怪我をしないのは、プッシュしてもリスクが少ないコーナーで転倒をしているからだと分析します。練習走行でコーナーごとの転倒の限界を把握して、レースではその限界の内側で走る。言葉にすると簡単ですが、こんなアプローチをしている選手は恐らく他にいないでしょうね。

Sponsored Link

転倒はレースの履歴書においては汚点であった。転倒はバイクを壊すことになり、転倒は体を壊すことでもある。転倒に良いことなんてない。そうだったはずだ。しかし、転倒はマルケスには実に良い影響を与えているようだ。実際、マルケスは今シーズン27回も転倒した。(※しかしレース中の転倒は僅かに2回)そしてなお、6度目の世界タイトルを手にしたのだ。

ホルへ・ロレンソ

「マルケスは特別なんです。彼は他のライダー達よりも遥かにアグレッシブです。彼は転倒を全く恐れていません。何故か怪我もしませんし、これが彼の自信につながっているんでしょう。彼にとっては転倒は役に立っているんですよ。」

「彼は全ての練習走行の前に、怪我のリスクを減らすためにどこでもっとプッシュ出来るかを考えていると思うんです。いくつかのトラックでは大きな転倒とならずに、もう少しだけプッシュすることは可能です。彼は常により安全なコーナーで、危険なコーナーよりも、少しだけプッシュしようとしているんです。これが彼が怪我をしない理由だと思います。」

マルケス自身も、毎回の転倒から何かを学んでいると語る。そしてこうした経験が、超人的なスーパーセーブに結びついているのだ。しかしこれは誰にも出来ることなのか?

「転倒をしないことが常に最善でしょう。」とロレンソは語る。


この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017カタールテスト3日目 マルケス「リズムは悪くない」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 ペドロサ「テストごとに自信が高まっている」
★Federal Moto CB750Kカスタム
★「アウトドアデイジャパン2017 東京」出展概要
★スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売
★HRC 2018年度 アジア・タレント・カップ参加ライダー選出について
★MotoGP2017 カル・クラッチロー HRCと2年契約を締結/LCRに残留
★MotoGP2017オーストリアGP 予選1位マルケス「今日のようなフィーリングなら優勝争いが出来る」
★MotoGP2017イギリスGP マルケス「300km/hでリアタイヤがロックした」
★ホンダ 2017 FIM MotoGP™ 世界選手権シリーズ第15戦日本グランプリ パブリック・ビューイング
★MotoGP2018ヘレステスト イアンノーネ「テストから最大の結果を得たい」
★MotoGP2018ヘレステスト アレックス・マルケス「現時点では楽しむことに集中している」
★MotoGP2018ヘレステスト最終日 確かな手応えを掴んだスズキ
★MotoGP2018 スミス「2018年シーズンの目標はトップ6を走れるバイクにすること」
★MotoGP2018 ロレンソ「トラックを見つめる目は2つより4つのほうが良い」
★MotoGP2018 Team Suzuki Ecstar 2018年チーム体制発表 全文書き起こし
★MotoGP2018 セパンテスト初日結果 トップはダニ・ペドロサ
★MotoGP2018 セパンテスト2日目 ミラー「タイムも素晴らしいがバイクのフィーリング良いことが嬉しい」
★MotoGP2018 ハフィズ・シャーリーン「初めてこの話を聞いた時は本当に驚いた」
★MotoGP2018 Team SUZUKI ECSTAR 2017年アラゴンにおけるオンボード映像を公開