★MotoGP2018ヘレステスト ラバト「再びバイクで走ることを楽しめるようになった」

ホンダでは常に苦戦しているイメージがあったラバト選手ですが、Ducatiに乗り換えてからはポジティブな走行が出来ているようです。乗換も特に苦戦することなく、むしろ久々にバイクに乗って楽しさ感じることが出来た様子。2018年はシーズンは速いラバト選手を再び見ることが出来るでしょうか。

Sponsored Link

ティト・ラバトはヘレステスト初日をMotoGPライダーとしては6番手で終え、調子の良さを感じている。ラバトはバレンシアテストで見せた走りに引き続き良いラップタイムを記録。Ducatiの強みはブレーキングと加速にあると感じている。

ティト・ラバト

「こうした走りが出来るのは、それを可能にしてくれるツールがあるからです。これは自分が変わったからではないですよ。本当に良い1日で本当に楽しむことが出来ました。今日はウイングレットカウルを試したり、ピボットを変更したりしました。今日は何が好きで何が嫌いか、非常に明確になりました。新しいタイヤも試しています。速く走ることが出来て、再びバイクに乗ることが楽しめるようになったので嬉しいです。こんな感覚は暫く味わっていませんでした。」

「非常にポジティブなこととしては、自分ひとりで走行してこのタイムだったということです。ピットレーンから出て、プッシュしたらこのタイムが出たわけです。他のバイクを参考にしようとして待っていたなんてこともなくね。自分、そしてチーム、バイクに関してハッピーですよ。バイクの特性もいいですね。ブレーキング、ブレーキングの安定性、ウイリーコントロール、加速に関してもそうですし、コーナーの中でのスピードもいいです。もちろん全て改善が必要ですけどね。」

「ただ非常に重要なのは、ようやくバイクの乗るのが楽しいってことなんです。非常に良い1日でしたけど他のライダー達も非常に速いですから、重要なこととしては明日まず向上していくこと。そしてクルーチーフの事をよく理解し、チームを理解し、しっかりとした関係を作ること、そしてライディングに集中することです。カタールまでは長いですけどね。」

「今までバイクを乗るのが楽しかったのは、いくつかのレースでのみですね。このバイクは自分にとってはより完成されていると感じます。自分はMoto2から昇格した時のような自分に戻ることが出来ました。これはでも自分が変わったからではなくて、そういうことが出来るツールがあるからです。シーズン中にどのような走りが出来るかですね。エアロダイナミクスカウルに関してはデメリットを感じません。このカウルではまるで違うバイクになったように感じます。こっちのほうが気に入ってます。本当に信じられないくらい穏やかなバイクなんです。現時点では完璧ですね。」

「これはライダーにもよるんじゃないでしょうか。ロレンソは非常にスムーズなライディングですし、ドヴィもそうです。ただドヴィはよりブレーキングと加速が強烈ですよね。ロレンソはより流れるようなライディングです。自分はその中間でしょうか。ロレンソほどスムーズではありませんし、ドヴィほど強烈な加減速をするわけでもありません。ただ、ライダーというのは状況によってライディングを変える必要があります。状況は常に変わっていて、その状況を利用しなければいけません。個人的にはエアロダイナミクスカウルのほうがいい感じですが、異なるトラックでどうなるかですね。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link