★MotoGP2017 KTM ヘレス戦で新型エンジンを投入

KTMはカタールに新しいエンジンを投入していましたが、思うような結果が得られず、ここからのフィードバックを元に別の新型エンジンを開発しているとのこと。KTMは今年1年は初参戦ということでエンジン開発やテストに制限がありません。豊富な資金力もあることから、シーズン中の様々な開発は加速するものと思われます。


KTMは開幕戦カタールでは開発中の新型エンジンでレースをするわけではない。KTMは開発中の新型エンジンを第4戦以降に投入する。KTMはカタールテストに荒々しいキャラクターをおとなしくさせたエンジンを投入していたが、このエンジンは想定通りのパフォーマンスを発揮せず、ポル・エスパルガロとブラッドリー・スミスはランキングでは中盤以降に沈んだ。

スミスはビニャーレスから2.021秒差となり、エスパルガロより0.1秒速いタイムであった。エスパルガロはテストで試したエンジンは開幕戦では投入しないと語り、別の新型エンジンが開発されているという。しかしこのエンジンは5月のヘレスまでは使用出来ないという。

ポル・エスパルガロ

「テストしたエンジンは新しいエンジンを開発する上で沢山の情報を与えてくれました。しかしこのエンジンは開幕戦では使用しません。このエンジンには多くの期待をしていて、ある面では素晴らしい働きをしたんですが、別の面では不足している部分がありました。とにかく、ポジティブな点はこのエンジンがある方向性を示してくれたということで、ここで得られたフォードバックを新型エンジンの開発に活かしていきます。しかし新しいエンジンの開発には時間がかかりますから、最初の3戦(カタール、アルゼンチン、オースティン)では使用出来ません。」

「KTMの問題はスロットルを開けた後にどのようにパワーが出てくるかクリアではないという点です。パワーを出すにはいろいろな方法があるんです。いろいろなパワーカーブを選ぶ事が出来るんですが、トラクションコントロール、アンチウイリーも合わせて考える必要があるんです。これは自分にとっては少し大変なことなんですが、エンジニア達にとってもそうです。これは1日やそこらで解決出来る問題ではないので、時間が必要なんです。どれほど時間がかかるのかはわかりません。ただ他のメーカーも同様の問題を数年前にかかえていましたが、現在は素晴らしい結果を出しています。」

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017フィリップアイランドテスト モヴィスターヤマハ写真ギャラリー
★MotoGP2017カタールテスト2日目 ロッシ「ようやくフロントに良い感触を感じることが出来た」
★MotoGP2017カタールテスト3日目 クラッチロー「フロントエンドに問題あり」
★MotoGP2017カタールGP FP2結果
★MotoGP2017テック3エルヴェ・ポンシャラル 「ザルコには驚かされた」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ビニャーレス「良いペースだということが最も重要」
★MotoGP2017アルゼンチンGP ペトルッチ「貴重なポイントを持ち帰る事が出来た」
★MotoGP2017アメリカGP ペドロサ「次は自分が好きなヘレスを楽しみたい」
★MotoGP2017 KTM ル・マンで改良型エンジンその他をテスト
★MotoGPはバレエなのか、それともバトルなのか?
★MotoGP2017ヘレスGP 決勝結果
★モビスターヤマハ「ロッシは明日からの練習走行に参加出来る」
★MotoGP2017カタルーニャGP ロレンソ「フロントのグリップをいかに維持できるかが鍵」
★MotoGP2017オランダGP ロッシ「アッセンで新しいシャーシをどう感じるか楽しみ」
★MotoGP2017イギリスGP 4位クラッチロー「フロントタイヤが柔らかすぎた」
★MotoGP2017日本GP 6年連続で中須賀がワイルドカードで日本GPに出場
★MotoGP2017日本GP ロレンソ「あの接触は別として、良い走行が出来た1日だった。」
★MotoGP2017オーストラリアGP 3位ビニャーレス「素晴らしい仕事してくれたチームに感謝」
★MotoGP2017オーストラリアGP アレイシ・エスパルガロ「指の怪我はあるがセパンは走るつもり」
★MotoGP2017マレーシアGP クラッチロー「2018年型RC213Vは2017年の改良型だといい」