★ホンダ 原付二種スクーター「リード125」の外観を一新するとともに、仕様装備を充実させ発売

Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」にLEDヘッドライトを採用するなどシャープで高級感のある外観に一新し、新たにツートーンカラーを採用するなど仕様装備を充実させ、平成28年排出ガス規制対応を施して12月8日(金)に発売します。

Sponsored Link

今回、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトを採用し、フロントインナーボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備。さらに、フロアステップ後部を左右合わせて30mm絞り込み、停車時に足を着きやすくする事で、日常での使い勝手を高めました。
また「リード125」のスタイリッシュなデザインを際立たせるツートーンのボディーカラーを設定。ツートーンタイプは、シート下部のセンターカバーおよび、ロアカバーの一部を「フォースシルバーメタリック」にすることでより軽快な印象としたほか、2色の表皮(ブラック×グレー)に赤のステッチをあしらったシートを採用。フロントフォークアウターチューブとホイールカラーをブラックに、フロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドに変更することで、スポーティーなイメージとしています。

「リード125」は、低フリクション技術とアイドリングストップシステムによる優れた燃費性能と環境性能、力強い出力特性を実現する水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccエンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。シート下のラゲッジボックスはヘルメットを2個収納できる37L※2の大容量を確保するなど、通勤や通学、レジャーまでさまざまな場面での使い勝手に優れ、幅広い層のお客様に支持されている原付二種スクーターです。

●リード125のカラーバリエーション
・ランベントシルバーメタリック
・ポセイドンブラックメタリック
・パールメタロイドホワイト
・キャンディラスターレッド(ツートーン)
・エグザルテッドブルーメタリック(ツートーン)
・パールメタロイドホワイト(ツートーン)


※1enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です
※2Honda測定値。ラゲッジボックスには、ヘルメットの形状・大きさによっては入らない場合があります

●販売計画台数(国内・年間)
7,000台
●メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
リード125
309,960円(消費税抜き本体価格287,000円)
リード125(ツートーン)
313,200円(消費税抜き本体価格290,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

主要諸元

通称名 リード125
車名・型式 ホンダ・2BJ-JF45
全長×全幅×全高 (mm) 1,840×680×1,130
軸距 (mm) 1,275
最低地上高 (mm) 140
シート高 (mm) 760
車両重量 (kg) 114
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 2.0
エンジン型式・種類 JF45E・水冷 4ストローク OHC 単気筒
総排気量 (cm3) 124
内径×行程 (mm) 52.4×57.9
圧縮比  11.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 8.3[11]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 11[1.1]/5,000
燃料消費率※3(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※4(60km/h)
52.2<2名乗車時>
WMTCモード値
(クラス)※5
50.0(クラス1)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式  セルフ式
点火装置形式  フルトランジスタ式バッテリー点火
燃料タンク容量 (L) 6.0
変速機形式 無段変速式(Vマチック)
タイヤ 90/90-12 44J
100/90-10 56J
ブレーキ形式 油圧式ディスク
機械式リーディング・トレーリング
懸架方式 テレスコピック式
ユニットスイング式
フレーム形式 アンダーボーン

■道路運送車両法による型式認定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
※3燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※4定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です
※5WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます
製造事業者/Honda Vietnam Co., Ltd.  製造国/ベトナム  輸入事業者/本田技研工業株式会社

<ホンダ プレスリリース>

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★MotoGP2017 Marc VDS ミラーに新エンジン/ラバトはテストに復帰
★ホンダNM4 北米で2018年モデルとして復活
★MotoGP2017ホンダ リヴィオ・スッポ「現状は落ち着いてパニックにならないことが重要」
★MotoGP2017 マルク・マルケス「まだシーズンは長い」
★ホンダ ロードレース専用車「CBR1000RR SP2 レースベース車」を発売
★ヤマハ ビッグロゴの採用などカラーリング&グラフィックを変更 “エンデューロ”向けモデル4機種の2018年モデルを発売
★MotoGP2017オランダGP ペドロサ「金曜の朝からプッシュする準備は出来ている」
★二輪最高峰レースMotoGPマシンのイメージを再現した原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」 Movistar Yamaha MotoGP Editionを数量限定発売
★MotoGPジャック・ミラー 2018年はPramac Ducatiから参戦
★Moto2 中上貴晶 2018年からLCRホンダチームでMotoGPクラスに参戦
★Ducati新型スーパーバイクと思われるパニガーレV4のスパイショット
★ホンダ 安全運転教育用「Hondaライディングシミュレーター」をフルモデルチェンジして発売
★ホンダ 「CB400 SUPER FOUR」と「CB400 SUPER BOL D'OR」の商品魅力を向上し、法規対応を施して発売
★ホンダ 第45回東京モーターショーにおいてPCX HYBRIDを出展
★スズキ 北米でハヤブサ、GSX-R750、GSX-R600の2018年モデルを発表
★Ducati Ducatiワールド・プレミアにおいてMultistrada(ムルティストラーダ) 1260 Pikes Peakを発表
★ヤマハ フロント2輪の3輪バイク新製品 ロードスポーツ「NIKEN」を「EICMA」に出展
★ホンダ EICMA2017(ミラノショー)出展概要 ~ニューモデル「CB1000R」「CB300R」「CB125R」「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」を世...
★MotoGP2017バレンシアGP 優勝ペドロサ「最終戦にスペインのファンの前で優勝出来たのは本当に嬉しい」
★MotoGP2018 フランコ・モルビデッリ「MotoGPマシンは信じられないようなパワーがある」