★ケヴィン・シュワンツのペプシ・スズキ・RGV500のフルレストアが行われる

イギリスで行われたモーターサイクルライブ・ショーの中で、シュワンツがライディングしたRGV500を分解、そしてリビルドするというショーが行われました。こういう伝説のバイクがしっかりと愛されているのを見るのは嬉しいものです。

Sponsored Link

ケヴィン・シュワンツの1989年のペプシ・スズキ・RGV500が、先月イギリスのバーミンガムで行われたSuzuki GB(イギリススズキ)の毎年恒例の9日間連続のモーターサイクルライブ・ショーにおいて、分解、そして再度組み上げられた。

グランプリレースの象徴とも言えるこのマシンは完全に分解された後、チームクラシックスズキのチーフメカニックであるネイザン・コロンビによって注意深いレストアが施され、その後に組み立てられた。

1989年は疑いようもなく、シュワンツにとっては最高のシーズンだった。転倒によって世界タイトルを獲得することは出来なかったが、彼はシーズンの中で完走したレースにおいては優勝もしくは2位を獲得し、6度の優勝、3度の2位表彰台を獲得した。その後1993年にシュワンツは世界タイトルをスズキにもたらし、2000年にテキサス出身の彼は殿堂入りを果たした。

このRGVは元々はチームによって展示用のバイクとして保管されていた。しかし2015年に鈴鹿で開催されたSound of the Engineの際に、部分的にリビルドされていた。

ネイザン・コロンビ

「内部も外部も驚くほど素晴らしいコンディションでした。新しいベアリングとピストン、ナット、ボルト類を新品にして、ライブイベントの中でシャーシをリビルドしたんです。イベントの最中に、スズキ、そしてシュワンツのファン達と会話出来たのは本当に楽しかったですね。」


Suzuki Racing

この記事が約に立ったら
「いいね!」お願いします!

Twitter で
Sponsored Link
★SdKfz 2 Kettenkrad(ケッテンクラート)のレストア車両がオークションに登場
★アロー(Arrow) 2017年型GSX-R1000/R1000R用のエキゾーストシステムを発売
★懐かしいあの名車の音が高音質のハイレゾで楽しめる!バイクの音を楽しむ「名車図鑑」を公開!
★ナップス、警視庁協力のもと4/15(土)に無料ライディングスクールを開催
★米GoPro 最新モデルが割引で購入出来る下取りキャンペーンを開始
★ホンダ・レーシング マクギネスの怪我を受けて今年のノースウェスト200から辞退
★ヤマハ発動機 “鋳造のエキスパート”として独自技術を紹介 『人とくるまのテクノロジー展』 ヤマハブースについて
★YAMAHA Star Venture(北米向け) ハーマンのインフォテイメントとナビシステムを採用
★ブレーキディスクの温度が1,000度以上に達するF1、ブレーキの動作回数が4,000回を超えるル・マン
★バイク用品販売老舗のナップス、海外へ初進出 台湾最大級規模となるバイク用品専門店を6月に出店
★ベトナムの首都ハノイで、2030年までにバイク、スクーターの乗車が禁止
★バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表『カワサキ・ZRX1200 DAEG』が3連覇!
★2017年モデル GSX-R1000R ABS 発売
★BMW 「BMW GROUP Tokyo Bay」においてBMW Motorradの新車販売を開始
★MotoGP日本GPでドゥカティチームを応援しよう!
★スズキ 世界耐久選手権2017-2018年シーズンの参戦体制を発表
★御社のカスタムバイクを「気になるバイクニュース」でPRしませんか?
★フォルクスワーゲングループ Ducati売却を取りやめ
★ホンダ 全日本モトクロス選手権で「山本鯨」がチャンピオンを獲得
★ホンダ 全日本ロードレース選手権で「高橋巧」がチャンピオンを獲得